サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オタクの迷い道(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-765654-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オタクの迷い道 (文春文庫)

著者 岡田 斗司夫 (著)

オタクの迷い道 (文春文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハレルヤ!オタキング

2003/06/05 02:01

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yurippe - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コミケ」「エヴァ」「へきる」「キンゴジ」…、一つでも聞き覚えのある方、もしくはどれについても一晩は語れる方々、まだお読みでなければ必読です。濃密で、悶絶モノの快感に溺れられること請け合いです。

本書は1995年9月〜99年2月にかけて、『テレビブロス』に連載された筆者の人気コラムを文庫化したものです。後に一世を風靡する『エヴァンゲリオン』を生み出すこととなるガイナックスを設立し、数多(あまた)のアニメ作品やゲームを手がけ、東大では「オタク文化論」の講師を務めるなど、オタク史に燦然と輝く足跡を残す岡田さんのコラム集です。いや本当に、その語り口は濃くて濃すぎて爆笑せずにはいられません。目次の見出しから、一気に引き込まれてしまうのです。

 ○人は誰もがオタクになれるわけではない
 ○オタク界の魔窟「コスプレ忘年会」を知ってるか?
 ○「へきへき!」「萌え萌え!」な話
 ○コレクター、それはゴミと暮らす者
 ○「フィギュア王」編集長の憂鬱
 ○プラモと泳ぐ夏            …等々。

そして筆者は次のように「オタク」を定義し、彼らへの限りない愛情を注ぎます。

どうも一般の人は、ただ単にアニメや特撮やゲームが好きな人間を「オタク」と思っているようだ。しかしその手のものがどんなに好きであっても、それだけの人は「オタク」とはいえない。それは単なる「ファン」だ。「ファン」が「オタク」になるためには、天文学的な経済、時間、知性の投資を必要とする。(文中より)

本書の素晴らしいところは、筆者が「天文学的な経済、時間、知性の投資」をし、優れた作品を生み出してきた実績を持つ、オタクの中のオタク「オタキング」である点です。つまりオタク道を極めているからこそ、その濃い世界の魅力を存分に伝えられるのであるし、またオタクの抱える屈折したプライドや、社会から嘲笑されるがゆえの過剰な自意識と滑稽さを、客観視して笑いをとることができるのです。その「超越ぶり」が生み出すヒネリの効いた文章には抱腹絶倒ですが、同時に筆者が捧げているオタクの世界への無上の愛も伝わってきます。

どのコラムも抜群に面白いのですが、中でも「ハヤシバラ・メグ〜ミ」が口癖のフランス人オタク、セバスチャンの項は最高です。洋の東西を問わず、今日も明日もオタクは萌えに萌えます。究極の道楽人生オタクの花道を、歩き続ける決心を促してくれる傑作です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/21 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/19 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/25 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/13 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/02 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る