サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 小学館の通販
  6. 「神田川」見立て殺人 間暮警部の事件簿の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「神田川」見立て殺人 間暮警部の事件簿
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:18cm/406p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-379617-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「神田川」見立て殺人 間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)

著者 鯨 統一郎 (著)

喫茶店ブルーリップの美人ウェイトレスが殺された。容疑者にはアリバイがあり、被害者には過去があり、目撃者には邪心があった。そこに歌う警部・間暮が現われる! 70年代歌謡曲で...

もっと見る

「神田川」見立て殺人 間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)

977(税込)

ポイント :9pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

喫茶店ブルーリップの美人ウェイトレスが殺された。容疑者にはアリバイがあり、被害者には過去があり、目撃者には邪心があった。そこに歌う警部・間暮が現われる! 70年代歌謡曲で綴るスラップスティック・ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鯨 統一郎

略歴
〈鯨統一郎〉「邪馬台国はどこですか?」が創元推理短編賞の最終候補に残り、同作品を収めた短編集で作家デビュー。著書に「九つの殺人メルヘン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

様式美に彩られたお笑いミステリー!?

2003/06/18 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サブタイトルが「間暮警部の事件簿」ということで、マグレで事件を解決しちゃう間暮警部が、殺人現場で「これは見立て殺人です」と決めセリフを吐き、懐かしの歌謡曲やフォークソングを熱唱しちゃうという、とんでもないシリーズの短編集です。
 二枚目でたいへんな美声の持ち主の間暮警部と、刑事のこれまた美人の谷田貝美琴のコンビがさまざまな場所で歌いまくり、トンチンカンな謎ときをして犯人を指摘しちゃうんですが…なぜかそれが真犯人。
 かくして間暮警部の犯人検挙率はどんどん鰻のぼり。
 実際には、大川探偵事務所の所長の大川と、所員の小林くんとひかるちゃんが裏付けをとって、真相解明は成されるのですが…でも、このシリーズの「名探偵」はやっぱり間暮警部なんですね。

 いや…実は1話目を読んで、本を放り投げようかと、正直なところ、思ったのですが、まあそれも大人気ないかと考え直し読み進んでゆくと、これが「慣れ」とは恐ろしいもので「お、そろそろ警部が登場するぞ」「出た! 歌った!」と、なぜか馴染んでしまってる我が身を発見し、驚愕しました。

 うーん…これはアレですね。吉本新喜劇と一緒で、繰り返され、刷り込みが進むことによって、笑いを引き起こすというか、なんというか。
 あ、ここで、○○のギャグが出るぞ! と思った時、ぴたっとギャグが飛び出し「ほら、やっぱり出た!」と言って笑う。ある種の様式美とでも申しましょうか。

 普通のミステリーを読みたい人には決して薦められませんが、ま、毛色の変わったのをお探しの、四十代前後の方に「気が向いたらどうぞ」と言っておきましょう。
 あの歌謡曲に、こんな解釈があったのか!! と驚愕の連続でしょう。多分。

 ちなみに登場する楽曲は下記のとおり。
神田川(南こうせつとかぐや姫)、手紙(由紀さおり)、別れても好きな人(ロス・インディオス&シルヴィア)、四つのお願い(ちあきなおみ)、空に太陽があるかぎり(にしきのあきら)、勝手にしやがれ(沢田研二)、ざんげの値打ちもない(北原ミレイ)、UFO(ピンク・レディー)、さよならをするために(ビリー・バンバン)。


初出 『うたたね日記・読書編』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/10 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/11 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/08 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る