サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もしもゆきがあかだったら
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: フレーベル館
  • サイズ:31cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-577-02624-4
絵本

紙の本

もしもゆきがあかだったら

著者 エリック・バテュ (作),もき かずこ (訳)

一日中降りつづいている雪を見て、ぼくは考える。もしも、雪が赤だったら…。何か今の自分でないものになれるだろうか。色彩の鮮やかさに目を奪われ、心落ちつく絵本です。【「TRC...

もっと見る

もしもゆきがあかだったら

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一日中降りつづいている雪を見て、ぼくは考える。もしも、雪が赤だったら…。何か今の自分でないものになれるだろうか。色彩の鮮やかさに目を奪われ、心落ちつく絵本です。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エリック・バテュ

略歴
〈バテュ〉1968年フランス生まれ。早くから絵画に興味を持ち、カレッジを卒業後、リヨンの美術アカデミーで学ぶ。現在は絵本の制作に携わる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

様々な色で語られる夢の世界

2009/12/13 21:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙には、様々な色が使われているけれど、
見返し部分は目の覚めるような赤。

『あかねこくん』に続いて、赤の色調が強い本書。

エリック・バテュは、きっと、赤をこよなく愛する人なのだろう。

一面の白い雪景色の夜を歩き出す「ぼく」と犬(?)の姿がある。

  いちにちじゅう ゆきが ふっていた。

  すべてを おおいつくして つもる ゆき・・・・・・。

  ぼくは ふと かんがえた。

そして、そこから、ぼくの想像がはじまる。

もしも ゆきが あかだったら・・・

もしも ゆきが きいろだったら・・・

もしも ゆきが むらさきだったら・・・

見開きごとに、色が変わっていく。

なんと13色もあるのだ。

それぞれの色がイメージする世界で、
「ぼくは・・・になってみたい」と夢を語る。

「スーパーヒーロー」だったり、
「たんけんか」だったり、
「パイロット」だったり・・・。

その夢がなんとなく色と合っている。

奇想天外のようできちんと色となじんでいて、
その色の世界だと、そう思うのも当然かなと思えてしまうのだ。

  もしも ゆきが オレンジだったら、

  ぼくは まほうつかいに なってみたい。

  ほうきに またがり ひとっとび、

  まじょの まつりに でかけよう。

このオレンジは、きっと、ハロウィーンのかぼちゃの色だ。

そして、13色をめぐって戻ってきた場所は・・・。

想像はすべてが想像であったわけではないのだとわかる。

もしかしたら、
これはエリック・バテュによるラブレターだったのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色と空想の絶妙なバランス。

2003/02/19 13:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真愛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 
 いちにちじゅう降り続く雪をみて「ぼく」は考える。

  もしもゆきがあかなら…
  もしもゆきがきいろなら…
  もしもゆきがむらあさきなら… 
    
    オレンジ、あお、ちゃいろ、くろ、みずいろ、
    きんいろ、うすむらさき、はいいろ、ばらいろ、みどり なら…

  そして「ぼく」は足下の真っ白なゆきに戻る。
    これをたどればきっと出会えるだろう、「ぼく」の…

 表紙を開いた途端、白と黒のくっきりとしたなかに小さな「ぼく」がとても印象的でした。そして「ぼく」が空想する中の色に染まったページに必ず小さな白い「ぼく」がいる。その空想の役割になった「ぼく」で。

 このお話での印象は、色の与える印象が上手く空想になっている、という事でした。色は人にある程度、定着した印象を与えると思います。「ぼく」はそれに与えられた印象よりちょっと「それもあるな!」と思わせる色の世界へ連れていってくれます。
 その色一色の中での繰り広げられる世界は、何ともかわいらしく、たくましく、ほほえましいものです。でも、その空想から戻ったときの世界は、きっと空想以上の何かが待っている、そう思わせる終わり方になっています。
 
 「ぼく」と色の世界を旅した終わりに、「白」の世界に待ち受ける「何か」を感じて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/01 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/28 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/02 03:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/12 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。