サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

8/1~ あなたの”ほしい本”がもらえるキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キーリ 死者たちは荒野に眠る(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 99件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/281p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-2277-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

キーリ 死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)

著者 壁井 ユカコ (著)

キーリ 死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)

税込 594 5pt

キーリ 死者たちは荒野に眠る

税込 594 5pt

キーリ 死者たちは荒野に眠る

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.4MB 無制限
Android EPUB 9.4MB 無制限
Win EPUB 9.4MB 無制限
Mac EPUB 9.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店那覇店

みんなのレビュー99件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

女の子におすすめ!

2003/02/12 09:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リディル - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者が女性なだけあって
女の子の気持ちがよく表れていると思います。
タイトルからホラーのイメージもありますが、
死者たちはいい奴です。かわいそうなだけです。
内容はというと
死者が見えるため孤立していた少女、キーリが
同じく霊が見える〈不死人〉の青年とラジオの憑依霊に
出会い、くっついて旅をする話です。
さまざまな亡霊と出会い、別れをする前半の旅と
〈不死人狩り〉に追われ、別れてしまった青年を
連れ戻しに行く後半の旅になっています。
ネタバレになるので書けませんが
他にも、おもしろいやりとりや悲しい状況が
いっぱいあります。
特にキャラたちの、ちょっとひねくれた愛情あるやりとりが
私は好きです。
退廃的なイメージで亡霊だらけの不思議な世界でも
とても心地よい気分になれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原点にして頂点

2018/06/30 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gonna - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙やあらすじを見て購入しました。
砂の惑星を舞台に、青年(※見た目だけ)と少女とラジオ(に憑いた兵長)が列車で旅をするという、まさにビンゴなお話です(笑)
他のラノベに見られるようなキャピキャピした萌え要素があまり見られないので、ラノベに若干抵抗がある人でも、このシリーズは読めるのではないでしょうか。
特に退廃趣味がある人は、この物語の雰囲気にどっぷりハマること請け合いです。

続刊も出ていますが、この1巻だけでも十分に楽しめます。
むしろ、その方がシンプルできれいにまとまっており、物語の余韻に浸れると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなりよろしい雰囲気

2003/12/04 11:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:志度渡 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キーリと不死人であるハーヴェイの普通の会話がよい感じであります。
ラジオに憑依している兵長の過去もうるりです。ハーヴェイにもうるりときてしまうのです。キーリの心もうまく伝わってきます。おすすめの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黄昏色の世界、「死」と「不死」の狭間で「過去の記録」と対面する少女の物語

2003/02/06 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんとも奇妙で、魅力的な物語だ。
「序章」で、いかなる理由からか、権力者の側から追われ「心臓をくり抜かれる」一群の人々(後に、「不死人」と呼ばれ存在であることが明らかになる)がいることが開示され、続いて、主人公のキーリという少女には「幽霊が見える」能力が備わっていることが明らかになる。以降、キーリを中心にして「電撃文庫」というレーベルにふさわしいエピソードが積み重ねられていくことになるわけだが、そうした筋立てはたしかに魅力的ではあるものの、読んでいる途中、ある種の違和感を感じずにいられなかった。
 読了した後、しばらく考えてから気づいたのは、主役のキーリと端役に近い人間を除き、この物語で重要な役割を果たすのはほとんど「幽霊」とか「不死人」とかいう連中であること。読了するまで気づかなかったのは、迂闊といえば迂闊だった。第一章の「ルームメイト」の展開から、この物語全体の構造は既に予告されていたようなものなのに。
「不死人」のハーヴェイと「ラジオに取り憑いた幽霊」である上等兵とともに行くキーリの旅は、この作品の舞台となる世界の「過去」と直接対面するため「他者の記憶との対話」としての側面も持ち始める。その「他者」とは、多くの場合、「かつての生者=現在の死者」であり、キーリの旅は「冥界めぐり」の様相も持ちはじめる。キーリは幽霊の存在が当たり前に認識がために、生者と死者の区別が容易に判断できない場面も往々にしてある。
 そうしたオカルティックな設定を採用しているにしては、作品全体のトーンはさほど「暗い」ものではない。かといって、「明るい」わけでもないけど。例えるなら「薄暮れ色」とでもいうべきか。絶望ばかりでなく、希望ばかりでもなく。
 同行するハーヴェイ含め、や幽霊たちが「過去」しか持たない存在であるのに対し、ただ一人、生身のキーリだけが正しく「現在」を持ち、「未来」を見据えることが可能なのである。だから、「不死人」つまり、「死なない=生きていない」中有的な存在であるハーヴェイが、一度「死」を得たものの、その後、キーリの影響を受けて再び「生」を取り戻すラストの展開は、とても正しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

要旨

2005/07/30 20:14

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬほがち - この投稿者のレビュー一覧を見る

2002年・電撃ゲーム小説大賞の大賞受賞作品。
いかにもといった作品。大賞受賞するだけはある。ストーリーの進め方や世界観も並々ではなく、不思議と引き付ける文体ではある。
ただ、作品全体としての雰囲気や心情描写を中心としている為(私は少なくとも一巻はそう感じた)ズバリ何が言いたいかが見えてこない。まあそういうものを求める作品ではないのだが、「見所は何処?」と聞かれたら「う〜ん……見所ねえ〜…」となってしまう。「二人の旅」を通して、「何を訴えるか」というものがあまりない。テーマを通した楽しみ方は出来ないだろう。私はこういうものを小説に求めてしまう為、「キーリ」という小説はちょっと好きになれなかった。
あ、でも、「見所は?」と実際に聞かれたら、おそらくこう答えるでしょう。
「見所ぉ?ハーヴェイに惚れとけ!キーリに萌えとけ!」
私のこの小説に対する楽しみ方を要約すると、こう言うしかありません(笑)
女性作者らしいテイストのキーリの心情描写は、私以外の女の子には結構ツボなのでは?物語そのものを楽しむには、かなり良い小説だと思います。そういう意味ではオススメの作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/25 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/20 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/09 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/16 03:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/21 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/30 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/16 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/17 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/14 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/07 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。