サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かげろう飛脚
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-321600-3

紙の本

かげろう飛脚 (鬼悠市風信帖)

著者 高橋 義夫 (著)

前代未聞の殿様追放に成功した松ケ岡藩。奇策「かげろう飛脚」が奏功したのだ。公儀隠密と足軽・悠市との白熱、四番の名勝負! 書き下ろし連作時代小説。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

かげろう飛脚 (鬼悠市風信帖)

1,749(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

前代未聞の殿様追放に成功した松ケ岡藩。奇策「かげろう飛脚」が奏功したのだ。公儀隠密と足軽・悠市との白熱、四番の名勝負! 書き下ろし連作時代小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 義夫

略歴
〈高橋義夫〉1945年千葉県生まれ。早稲田大学仏文学科卒業。出版社勤務、広告会社の共同経営を経て、作家として独立。「狼奉行」で第106回直木賞を受賞。著書に「秘宝月山丸」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

心揺れるみちのくの鬼

2003/12/06 10:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公鬼悠市は奥州・松ヶ岡藩で最も格の低い浮組足軽。
藩主の菩提寺裏の竹林に住み、竹細工の鳥籠を作って暮らす。
姓が鬼なのに、繊細な細工物を作っているとは、名前負けじゃあないか。
そう思った方、お待ちあれ。刀をふるえば、形相は一変、鬼となる。

鳥籠献上のための登城を口実に、
人の名を聞き、その者の護衛または暗殺を実行する。
それが、彼の裏の任務。
命令の証拠は一切残らない。
彼や養子の柿太郎が危険な目にあったり、最悪死んでも、
藩は一切関知しない。彼は、まるで江戸のフェルプス君。
TV番組の「スパイ大作戦」では、チームを組むが、彼は一人で行動する。
いざという時のしがらみをなくすため、妻帯せず、養子をもらうの
だから、ストイックぶりも徹底している。
ところが関わりを避ける鬼悠市のまわりに、なぜか人々が集
まってくる。そして鬼も、名目だけの上司・足軽組頭や、前藩主の側室だった
尼僧、柿太郎らと接している時は、少し生の感情をのぞかせる。
根っからの殺人機械かと思われた彼の意外な一面を見て、ふと顔がゆるむ。

詳細を知らされず、老人を預かる事になった鬼は、
「場合によっては彼の命を奪うこともある」と耳打ちされる。
しかし、なかなか上からの指令が来ないままに、謎の男達が老人を襲う。
上司に絶対服従の鬼にとっては、上下関係よりも大切なもの
を選び取った老人は、対極にいる存在。何か訳ありのようだが、
深く関わっては判断を誤る。だから情は絶つ。
鬼がもし、上司との関係しかない生き方をしていたら、そう判断し、
極力交わりを持たないよう努めただろう。
だが鬼は、老人の人柄や過去が次第に明らかになるうち、
単なる警護の対象以上の目で、彼を見るようになる。
様々な立場や価値観の人達を知るようになった事も影響して、
鬼は、人間に近づきつつあるのだ。
しかし、彼が独自の正義感を持つようになったら、決定的に上司とぶつかる
事もあるのではないか。その時彼は、一体どうするのだろう。
杞憂であってくれればよいと思いながら、その不安はぬぐえない。

連作短編集「孤剣竹林抄」続編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。