サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. シェイクスピア全集 11 ペリクリーズ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シェイクスピア全集 11 ペリクリーズ(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03311-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シェイクスピア全集 11 ペリクリーズ (ちくま文庫)

著者 シェイクスピア (著),松岡 和子 (訳)

シェイクスピア全集 11 ペリクリーズ (ちくま文庫)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「シェイクスピア全集 11 ペリクリーズ」が含まれるセット商品

文庫で読むシェイクスピア 18巻セット

文庫で読むシェイクスピア 18巻セット

  • 税込価格:15,854146pt
  • 発送可能日:1~3日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/04/27 23:13

投稿元:ブクログ

●注釈が詳しくて訳が生き生きしてる、ということで借りてみました。
とても面白かったです。
●翻訳の方が、芝居がお好きのようで、台詞のリズムがいいんです。
●それから、「健康な猥褻さ」というのか、そういうのがあります。
シェイクスピアの時代の、野外劇場では、いまほど性に対してネガティブなイメージを持っていなかったらしくて、それに忠実に、面白く訳して有るので、
性の表現が人間らしさに繋がるというか、厭らしさを感じさせないというか・・・。
そういうところがすごく好きでした。
●シェイクスピアの話にはいろいろと下敷きがあって、時代によって何故か色々なバージョンがあるそうです。それも初めて知ったことで、面白かったです。
●『ぺリクリーズ』の語り手は後世(戯曲内の時代設定からしたら)の詩人、ガワーだったのですが、詩人が語り手っていうのは個人的に好きです。

2008/10/20 20:54

投稿元:ブクログ

最後にはすべてきれいにまとまりました(*^m^*)悲劇もいいけど、こういったハッピーエンドもおもしろいものですね〜(*´▽`*)

2016/08/12 16:53

投稿元:ブクログ

上演当時人気だったというシェイクスピアの作品ですが・・波乱万丈の王様の一生なんですが、このころの女性の扱いって軽いなぁ・・ ステレオタイプで面白くないなぁ 仕方ないなぁ と思いつつ読んでいました。
実際に舞台になると違うとは思うのですが・・
蜷川さん演出の舞台 見ておきたかったなぁ。

2010/09/23 00:22

投稿元:ブクログ

 古代ギリシア。タイアの領主ペリクリーズは、求婚しようとした王女と父王の近親相姦を見抜いてしまったことから数奇な放浪の運命に巻き込まれる。船の難波、美しい王女タイーサとの結婚、彼女が命と引換に産んだ娘マリーナとの別れ。長い年月の果て、試練を耐え忍んだペリクリーズを最後の幸福が待ち受けていた……。

 松岡訳シェイクスピア二冊目。シェイクスピア後期の“ロマンス劇”のなかで最初に書かれたものだそう。
 展開が無茶でおもしろいし、ドラマティック。舞台の移り変わりがめまぐるしい。これはぜひとも舞台で観たいです。映画ではなく。詩人ガワーが狂言回しを演じるのと、黙劇が挿入されるのとで、きっとすてきな舞台になる。
 主人公のペリクリーズが男前。ふたりのヒロイン、タイーサとマリーナも主体性があっていい。脇役では、その家来のヘリケイナスが高潔で好きでした。

2012/12/01 01:10

投稿元:ブクログ

あらすじが重かったので覚悟して読んだんですが、
結構ベタなハッピーエンドでした。笑
良く言えば古典、悪く言えばご都合主義ですが
「戯曲」って感じがして面白い。

売春宿のくだりは、今と昔の「身分」に対する意識の違いが
見えた気がします。

2016/05/15 16:19

投稿元:ブクログ

ガワーの口上のお陰で分かりやすい劇になっている。シェイクスピアのロマンス劇は総じて読みやすく好きだ。wikiには昔は人気がなかったと書いてあるが。

2016/10/16 14:07

投稿元:ブクログ

まあ、シェイクスピアいつものパターンといえばいつものパターン。現在のイスラエル、トルコ、リビアの各地を巡る。エフェソスなど以前訪れたことのある土地が登場するので、その点は面白いが、4大悲劇ほどの深さはない印象。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む