サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

内田百間集成 5 大貧帳(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03765-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

内田百間集成 5 大貧帳 (ちくま文庫)

著者 内田 百間 (著)

内田百間集成 5 大貧帳 (ちくま文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

夏の鼻風邪 11-14
俸給 15-17
質屋 18-20

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

借金も貧乏さえも愉しむ心

2003/02/21 12:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんだぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 百鬼園先生の随筆は軽妙洒脱、非常に粋である(ちなみに小説はまた
異なった雰囲気で、それは素晴らしい幻想系である)。書いてある内容も
どこかユーモアに満ちていて、粋である。
 この「大貧帳」はタイトル通り、百鬼園先生の貧乏と借金に関する
随筆を集めた一冊である。しかし、すごい。これでもかこれでもか、と
続く借金地獄。高利貸しにも様々なタイプがいて……などと分かるのは、
先生があちこちで借金しているからに他ならない。当時ではかなりの
高給取りであったにもかかわらず、なぜこれほどまでに貧乏なのか。
 原因はいたって単純。「月給以上の生活をするから」である。
 見栄っ張りなのか? というと、そうでもない。どうやら、先生、
金銭に非常に無頓着なようである。とはいえ、では芸術に生きたのか、と
いうと、それもまたそうではないご様子。
 原稿料のために文をひさごうとしては、「書けない」と苦しみ、
しまいには「原稿料をもらえばややこしいから、そんなものはない方が
いいのではないか」と言い出す始末。勿論、本当は必要なお金なのだ。
 どこか子供のような、頑固で時には自分勝手、小心者かと思えば
開き直りの達人。
 百鬼園先生の随筆を読むと、目の前にありありと先生の姿が浮かび上がって
くる。
 同時に小さいことでコセコセ悩んでいた自分が、なぜだかバカらしく
おもえてくるから、不思議である。
 貧乏でも借金地獄でも、心にゆとりをもって悠々自適な心境で生きる。
 そんなこと、凡人にはできないことではないか。
 先生はやはり大人(たいじん)である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/12 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/23 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/22 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/17 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/10 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る