サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 象と耳鳴り 推理小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

象と耳鳴り 推理小説(祥伝社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-33090-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

象と耳鳴り 推理小説 (祥伝社文庫)

著者 恩田 陸 (著)

象と耳鳴り 推理小説 (祥伝社文庫)

607(税込)

象と耳鳴り

580 (税込)

象と耳鳴り

ポイント :5pt / 紙の本より27おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

こんな家族ならステキだな。

2003/02/12 16:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

六番目の小夜子の主人公関根秋の元判事の父『関根多佳雄』の周りが起きる様々な事件の
短編集です。
秋の兄と姉の『春と夏』も出てきます。
どの物語もミステリー好きの一家らしさの現れているものばかりです。
ただこの短編集には秋は出てこないのが残念なのですが、六番目の小夜子でも書かれていたように小夜子役をした『春』、鍵を渡す役をした『夏』の二人のことがよく分かる物語でした。
そして彼らの父である多佳雄の奥深さも…。
こんな家族がいたらステキだなぁと思う反面ここまで揃った家族はないだろうなぁとも思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そおか

2016/11/13 09:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「6番目の小夜子」の秋君のお父さんの関根多佳雄さん。お父さんが主人公の本格ミステリ短編。面白いです。いやしかし、再び三度「6番目の小夜子」読まないとな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安楽椅子探偵を極める

2003/06/13 13:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 退職判事・関根多佳雄と周辺の人々が、身近な謎を解く連作短編集。ムードは良いが、ややライトな読み口の本。
 安楽椅子探偵ものは難しい。探偵役の超人的な推理力に物語のリアリティを失ったり、本当に〈探偵の推理=真実〉なのかという点において、しばしば読者の胸に疑惑の黒雲をわかせるからだ。そのジャンルを得意とする男性作家K.K.や同じくK.K.(おや、どちらも同じイニシャルだ)がいるが、両者ともやはりその傾向があり、なんと簡単に事件の結末が口先だけでついてしまうことか、とこじつけめいた推理に唖然としたものだ。しかし、本作は推理が飛躍しつつも、或る時は現実の解決、或る時は推理ゲーム、或る時は追憶の中で…と探偵に必要以上の万能感を与えていないので、納得出来るし読みやすく思う。推理=真実では必ずしも無く、幾つかの可能性を指し示してみたりするところはスマートでクールだ。
 「曜変天目の夜」十年前の友人の死の真相が、ある日たちまち明らかとなる。人間の思考の不思議。
 「新・D坂の殺人事件」乱歩の作品と同じく、煙にまかれる。
 「給水塔」不気味なイメージ。
 「象と耳鳴り」人の心の襞の奥は、安楽椅子探偵をしても解き明かしきれないのだ。
 「海にゐるのは人魚ではない」息子と2人で推理合戦。ちょっと妄想激しい回。
 「ニューメキシコの月」多佳雄のもとに持ち込まれた、ある人からの絵葉書から見えたって来る真実の重さとは。
 「廃園」庭が怪しい魅力を持っているのは、庭というものが土や木、花といった自然物を使って構成されていながら、全体として見えてくるのは造園者の意志、という全き人工物であるという違和感から生ずるような気がする。ナチュラルに見えてアーティフィシャルな空間、庭の魔力あふれる回。
 「待合室の冒険」息子の春くん大活躍。
 「机上の論理」兄妹推理合戦。ハートウォーミングで好きな回。オチも効いている。
 「往復書簡」文通で事件解決?
 「魔術師」読んでいてイメージが拡散してしまい、あまり楽しめなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 23:29

投稿元:ブクログ

「六番目の小夜子」で出てきた関根秋の父、多佳雄が主人公。
短編のミステリ。
携帯電話の話が、印象的だった。

2004/10/15 10:20

投稿元:ブクログ

「小夜子」を読んでからにしてね。
主人公の人物像に厚みが出ます。元判事が謎解きに挑戦。他のものと違い淡々と物語が進みます。こういう恩田ワールドも好きだなぁ。

2009/10/27 00:19

投稿元:ブクログ

 恩田陸の安楽椅子探偵物短編集。給水塔に潜む鬼の正体とは、地検捜査官の元に毎年送られてくる絵葉書の意味は、などを鮮やかな手さばきで解決する幻惑推理小説。
 
 安楽椅子探偵。現場にいずして状況を聞くだけで推理を構築し真相を看破する。その魅惑的な存在の裏にはちょっとした欠点があって・・・。つまり、ただの想像。下手すると妄想、こじつけ、屁理屈で終わってしまうということがあります。その推理に納得できるかどうかは読み手の感性にゆだねられるわけではありますが、「ありえない」「ただの偶然だ」などと感じさせてしまうとそこから推理が崩壊してしまうという難しさを持っています。
 
 さて、恩田陸の「象と耳鳴り」。12の短編からなっているわけですが、良かったのは「ニューメキシコの月」以降の作品。特に「廃園」に描かれる薔薇園は幻想的な情景が、幻惑させるような小説。ニューメキシコの月、待合室の冒険、机上の論理、往復書簡も良いです。

2005/12/19 00:24

投稿元:ブクログ

6番目の小夜子と微妙にリンク。キャラがちょっとだけかぶっていて、関根秋とその一家が登場。いい味出してます(笑) 元判事のお父さんが特に好きです。個人的には表紙のデザインがかなり好きなのですが、密林のプレビューは画像なしで残念。

2005/05/19 22:53

投稿元:ブクログ

"六番目の小夜子"の主人公の関根秋の父親、多佳雄が主人公のミステリ。秋の兄姉も活躍。いつかは3兄弟の物語りも読みたいものだ。

2005/05/20 00:19

投稿元:ブクログ

推理小説をほとんど読まないので、推理小説がどんな物かよく分かってなかったが、これで少し推理小説のおもしろさが分かったような気がする。この主人公の視線があれば人生がもっと豊かになりそう。周囲からうるさがられそうだけど(苦笑)

2005/08/16 03:05

投稿元:ブクログ

少しずつ読むのもいいけれど、最後まで一気に読むのもいいと思う。なんて、格好いい人なんだろう、この関根という人は。

2010/06/21 14:50

投稿元:ブクログ

ミステリの土台を組むのに四苦八苦してるなぁと感じました。面白いとは思うのだが、解りづらかったり無理があったりする点がちょっと目についてしまったかなと。
所詮、私はミステリ読みにはなれないということかもしれません。

まァ当然のように私は春が好きですよね。

2006/06/10 21:39

投稿元:ブクログ

連作短篇集。面白かったです。堪能できました。『待合室の冒険』『机上の論理』『往復書簡』『魔術師』がお気に入りです。

2008/11/05 09:46

投稿元:ブクログ

不思議な事件(?)を自分の推理で解く、元検事の素敵なおじいさんが主役の小説。いわゆる安楽椅子探偵ってジャンルでしょうか。でも、なんとな〜く不穏な雰囲気が醸し出されてて、ちょっと不気味です。

2006/11/18 22:00

投稿元:ブクログ

関根多佳雄が日常のちょっとした出来事について独特の推理を働かせる。「象を見ると耳鳴りがする用になった」という老女の話を聞き、本当のところがどこにあるかを推理する。
小さい謎解きが12編あり、息子も謎解きに挑戦する。子供たち3人が挑戦した謎解きは、一枚の写真をみて、そのシチュエーションを解き明かすものだったが、実は、その写真は、自分たちの父親が関係していたことに気づかず、おおはずししてしまうものもある。日常の何気ないところから推理する面白い内容である。出版は祥伝社文庫というがあまり聞かないところではある。
2006.8.30読了

2006/10/23 02:09

投稿元:ブクログ

恩田陸の男性が主人公の本ゎ初めて。でも意外とおもしろかった。短編でゎ物足りないくらい惹きこまれました。

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む