サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カオスレギオン 聖戦魔軍篇(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

カオスレギオン 聖戦魔軍篇 (富士見ファンタジア文庫)

著者 冲方 丁 (著)

カオスレギオン 聖戦魔軍篇 (富士見ファンタジア文庫)

税込 670 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

冲方さん流石です

2003/02/23 04:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

冲方丁氏の富士見ファンタジア文庫初作品。

冲方氏といえば、「ピルグリム・イェーガー」の原作などで有名であるが、この「カオスレギオン」も注目すべき作品だろう。
文庫が発売される以前から、ビデオゲーム化も平行して進むという異例の展開をみせた当該作品であるが、物語の内容的はいたってシンプルである。

世界設定は王道ファンタジーともいえる中世ヨーロッパ風の背景を持っている。著者の作風としてキリスト教世界を題材したものが多いのだが、やはり、世界観はそのままキリスト教風味が色濃い。モラルなども含めて、登場人物の深層にはキリスト世界が前提として存在しているのだ。
主人公は地方の農村出の剣奴である。主人公はその生い立ちから身分に対しコンプレックスを持っていたが、ある貴族との出会いがそれを一変させる。二人の友情は階級社会の改革という理想の下に堅く結びついていったが、後に、理想が挫折することにより、友情もまた崩れ去る。つまり、主人公の世界は急転するのである。時系列的には、主人公が友人との決別を経てから物語は始まっている。

この本は、何の予備知識もなしに読めば、それだけ面白く読めると思う。変に「魔法」とか「技」とかで押し切らない分、冒険小説として素直に読めるのである。本の厚さを見ると分かるのだが、「龍炎使い牙」以来久しい、ライトノベルにあるまじき分量を誇っているにもかかわらず、すんなり中身が入ってくる。
物語が複雑に編みこまれているため、さすがに後半は展開を急ぎ過ぎている感があるものの、全体的に一冊に詰め込める限界以上の物語が展開されている。ファンタジー小説好きならば確実に楽しめるはずである。富士見から王道ファンタジー小説がなくなって久しいので、ようやく本格的な作品が登場したといえるだろう。

ただし、上記の物語の概要を見ても分かるとおり、某「ベルセルク」と展開が被る部分もあり、幾らか既作品の焼き直しの感もある。また、全体的に退廃的な雰囲気が漂っているので、こういった作風が苦手な人には残念ながらお薦めできない。加えていえば、結賀さとる氏の挿絵が作品と微妙なずれを生じさせているので、「結賀先生最高!!」というジャケット買いをすることも避けた方が賢明だろう。

ファンタジー小説を読みたい人、「冲方丁」を読みたい人には無条件で推薦したい一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/03 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/05 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 02:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/06 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/17 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/29 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/01 03:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/23 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/03 02:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/10 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。