サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポンページ(~6/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陽気なギャングが地球を回す(ノン・ノベル)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 360件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20755-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)

著者 伊坂 幸太郎 (著)

ゴキゲン4人組の正体は、百発百中で成功する銀行強盗だった。しかし、ちょっとした誤算で売上をトランクに入れたままのクルマを現金輸送車ジャックに奪われた…。不況気分をぶっ飛ば...

もっと見る

陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)

税込 905 8pt

陽気なギャングが地球を回す

税込 670 6pt

陽気なギャングが地球を回す

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゴキゲン4人組の正体は、百発百中で成功する銀行強盗だった。しかし、ちょっとした誤算で売上をトランクに入れたままのクルマを現金輸送車ジャックに奪われた…。不況気分をぶっ飛ばすアクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年「オーデュボンの祈り」で第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー360件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

素直に楽しめるエンターテインメント

2006/07/28 23:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.O. - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いい感じに仕上がったエンターテインメント。素直に楽しめる作品です。伊坂幸太郎の作品の中では、今まで読んだ中で一番面白いくらいじゃないかな、という気がします。
 それぞれ「特技」を持った4人が、銀行強盗をしていく話です。伊坂作品の中では初期の作品ですが、軽いタッチで、エンターテインメントに徹して書かれています。昔、映画で、ポール・ニューマンと、ロバート・レッドフォードが主演した「スティング」というのがありましたが、あの感じを思い出しました。読んでいて最後が気になって途中でやめられず、用事を先に延ばして読み終えました。
 伊坂幸太郎の作品は、ミステリー的な要素もあるせいか、結構、殺人事件やら暴力事件やらが起こりますが、あとの作品になるほど、「残虐だな」と感じる要素が少しばかり強くなるように思います。たとえば『アヒルと鴨のコインロッカー』とか『重力ピエロ』とか『グラスホッパー』とか。『砂漠』もそうでした。それは、そういう「残虐な風潮」に対する怒りや、それを許さない、という伊坂幸太郎のメッセージがあるからなのでしょうが、でも、そういう場面では、ちょっと、読んでいて辛いときがあります。そしてその辛さが、読んでいる間ずっとヒリヒリする感じとなってついて回るように思います。
 でもこの作品は、そういうヒリヒリした要素は少なくて、楽しめました。おススメかな、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハイテンポな知恵比べが爽快な、都会派ギャング・サスペンス!

2005/11/29 20:45

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり伊坂幸太郎は天才!!めちゃめちゃ面白かったです!
銀行強盗を計画する4人組が主人公。リーダー成瀬は嘘を見抜く名人、天才スリ久遠、演説の達人響野、紅一点、精確な体内時計をもつ雪子。
彼らは百発百中㊥の銀行強盗だった…はずが、その日のヤマに思わぬ誤算が!
それからトラブルは連鎖!
ハイテンポな知恵比べが爽快な、都会派ギャング・サスペンス!
マジお勧めです☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

隠すなら木は森に、本音は妄言に。響く言葉。エンタメ王道。

2003/10/11 15:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「不可能」が「可能」な間に駆け抜ける、迅速銀行強盗。
四人は最強チーム。

【なるせ】成瀬
「人生を予習してある」かのような、冷静沈着なリーダー。
歩く嘘発見器。市役所勤務。
  「いいか、よく聞いておけよ」まるでその一言でこの世の
  すべての法則を証明できるとでも言うような自信満々の
  声だった。「あいつは私の友人だ」と成瀬を指さす。
  (——P204)

【ゆきこ】雪子
退路確保担当。体内時計は正確無比。息子慎一、溺愛中。
   目の前の信号が青に変わる。車の進行を誘導していくよう
  にも見える。信号のランプが次々に切り替わる。体内の時計が
  示すとおりの動きだった。(——P065)

【くおん】久遠
無邪気に。野蛮に。天才スリ青年。動物は友達、夢は羊の国行き。
  「これがまさに本当の劇場型犯罪だよ」(——P139)
  リスクのない暴力の何が楽しいのか。(——P154)

【きょうの】響野
沈黙で窒息するタイプ。演説の名手。言葉は煙幕。自称喫茶店経営。
  弱肉強食ってのは食物連鎖に参加している者たちが
  口にする台詞だよ。自分が死んでも、誰の餌にも
  ならないような中学生が、食っても美味くもないような
  中学生が『弱肉強食』なんて言う権利はないんだよ」
  (——P122)

四人はもちろん脇役まで、印象的なキャラクターの見本市。
その中から一人選ぶなら、響野。

木を隠すなら森の中、本音は膨大な妄言の中。

最も発言が多く、最も言葉が残らない男。
本音を真顔で話しても、照れずに済む方法を見つけた男。
軽快でお洒落な会話で一気に読ませる本書に、欠かせない魅力。

彼の存在はきっと、著者の伊坂さんが、
「書くこと」「読むこと」「読んでもらうこと」を
全て真剣に楽しんだ証。

つくづく、伊坂さんは生来のエンターテナーだと実感した一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

息もつかせぬ展開でした!

2003/08/01 10:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずか - この投稿者のレビュー一覧を見る

この方の作品は、実は初めて読んだんですけど、
本当に凄く面白かったです。

登場人物もみんな個性的だし、次々にとんでもない展開で、
事件がドミノ倒しのように次々に起こる感じで。
最後は見事にどんでん返し、でも、最初からきちんと伏線が張られていて
やられた! と思いました。
アクション映画みたいにスピーディな展開で、一気に読むのがオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

些細なことを見逃すな

2016/04/18 08:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、些細な会話、どうでもいい出来事が、だいたい後々生かされます。
よくまあこんな全部使い切ったなあと感心します。
色々作戦を立てる成瀬さんの頭のなかは一体どうなっているのか。
今回久々に読み返しましたが、「これも後で意味があるんだよなあ。」
とか思いながら読むのもとても楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

肩の力を抜いて

2015/08/31 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

肩の力を抜いて楽しんで読むことのできる作品。
 登場人物の会話も面白い作品になっているのも飽きなくて良い・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

成瀬さんLOVE

2015/03/22 05:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

『死神の精度』で伊坂作品にはまりこいつが2作品目。どのキャラも際立っており、セリフの掛け合いで思わず笑ってしまった。 どのキャラも良かったけど、やっぱ成瀬が一押しキャラかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かつてこんなに楽しいな犯罪小説があったであろうか?

2004/06/18 08:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎の作品ってほとんどが仙台が舞台だが本作は横浜が舞台である。
持ち前の“軽妙洒脱な会話”と“緻密な構成”で持って多くのファンを獲得した氏の作品においては遊び心満載のエンターテイメント作品となっている。

今や読者を本に没頭させてくれる力は他のどの作家にも引けをとらない。

個性的な4人のギャングたち。
タイトル通り本当に人生いろいろあっても“陽気”である。
強盗する銀行内の人間を「スピッツ」「シェパード」「グレート・デン」「ゴールデン・リトリバー」にたとえて呼んでるあたりはもっとも伊坂さんらしくてしっくり来る感じだ。
上手くいったはずの銀行強盗がとんでもないことに巻き込まれるのであるが、あいかわらずプロット作りはいろんな伏線を含めて巧妙である。

特に紅一点である雪子の存在感が大きく物語全体をより一層スケールの大きい物としている。

少し余談であるが、彼女が息子・慎一の父親(ここではダメ男の典型として描かれています)である地道に協力する筋書きは情の深さを垣間見た感じがしました。
少しは更生してほしいなあと思われた方も多いと思う。

伊坂作品に共通する“読後の爽快感”って一体何なんだろう?
きっと登場人物ひとりひとり(脇役も含めて)に伊坂さんの覇気が乗り移ってるのが1番の要因だと思う。
本作なんか犯罪小説なんだけど罪悪感を感じて読まれた方は皆無じゃないかな。

作者があとがきで次のように書かれている。「90分くらいの映画が好きです。」
ファンはきっと結論としては「90分の映画より先生の小説の方が好きです。続編希望!」とリプライするであろう。

それにしても新書で書き下ろし作品なんて今後はちょっと考えられないでしょうね(笑)
“何も考えずにスピード感溢れる本作を楽しんで欲しい”というのが私の本音である。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱ、『重力ピエロ』の一見文学風、ってのにクラクラするのはわかるけど、伊坂の本音が見えるのは、こっちでしょ。肩肘張らずに、楽しもうよ

2003/07/05 21:35

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ま、あんまりにも『重力ピエロ』の評判が高いと、違うんじゃあないの、って思うわけね。確かに、文学的な香があって、単なる謎解きではなくてとは言えるんだけど、でもあの手のレベルの話なら、ね。そこで私は、伊坂最大の問題作『オーデュボンの祈り』について書こうと思ったですよ。ところが、これが今は絶版状態。ま、文庫に切り替わる時期なんでしょうね。書評を投稿できない。うーむ、とね。で、それなら、筋立ては、ありふれているけれど伏線の張り方が見事で、コンゲーム小説の手本みたいな新作について書くぞ、はい。

この話の中心にいるのが、嘘を見抜く天才で市役所の係長の成瀬37歳。息子のタダシは自閉症。離婚中。性格は素直で好青年でスリの天才というのが久遠、20歳。人にものを教えるのが大好きな、おしゃべり薀蓄男が郷野。彼が慎一に披露する数学の問題に思わず感心。慎一は、いじめられるかもしれない、と思っている中学生。母の雪子は、精巧な体内時計を持っている。地道というギャンブル好きの10歳年上の男と高校時代に付き合い、慎一を産んだ。合鍵作りの天才でハッカーの田中。

そんな仲間たちが計画した銀行強盗。求めるのはロマン。利子も払わなければ、保管についても全額保障をしようとしない銀行を懲らしめることは悪いことではない、というのが彼らの考え。だから、ショーとしての強盗。成功率を上げるコツは、シンプルに奪って逃げる。その間に警報装置は押させない。そうすれば銀行だってその辺の酒屋と変わらない。そんな百%確実なはずの計画が、なぜか奇妙に捩れ始めて。

ここまでにしておく。池上冬樹の「こんなに文章が面白くて、お喋りが楽しくて、キャラクターがおかしくてい、しかもプロットが巧んでいる小説」「和製ウェストレイクか和製ブロック」「結城昌治の再来」という言葉を読めば、全体はイメージできる。全四章だけれど、各章のタイトルも書かない。頁を順に繰っていって自然に楽しんで欲しい。何といっても各章の組み立て、構成が洒落ている。その部分の中心人物の名前と番号、それにちょっと笑える、伊坂オリジナルの辞典が付いていて、そこを読むだけでも、作家の才気を味わえる。伊坂はあとがきで、90分くらいの映画が好きだと書いているけれど、ちょうど2時間から3時間で読み終わるこの本は、その小説版とでも言ったらいいのだろうか。

今回、自分の常識を反省したのが自閉症について。自閉症は「中枢神経の障害」であって、語感がイメージさせる「家で閉じこもっているくらい病気」ではない。はっきり言って、「自閉症」という言葉を直すほうがいいのではないかとも思う。自閉症の人は「人間の曖昧な部分が嫌いな性格」「そして人より物事に敏感」で、結果としてスケジュールについてうるさかったり、ものの位置や歩くルートに拘ったり、中途半端な質問が嫌いだったりするという。その症状の把握は、比較的最近のことで、1943年に雑誌に発表されたらしい。目からウロコ、ボロボロ。そうか、私の夫は自閉症か、と納得。

話の先が読めて、魅力的に見えていた登場人物たちが、久遠を除いて皆色褪せていくのが嫌だ。何で、こんな下らない男を殺さない、と思いもする。でも、それは私だけらしい。長女は、口先男の郷野が嫌いではないし、成瀬も悪くはないという。ま、私も久遠青年の性格のよさには、クラッっとするけれど。人間には不満もあるけれど、伏線の張り方は見事。もし伊坂の話に欠点があるとすれば、作者が話の先を読まれることを気にしていないことだろうか。ま、そういう意味で『オーデュボンの祈り』は、お先真っ暗で見事だった。

ということで明日は、先が見えても、それなりに読まされてしまう、人それを傑作という(鮎川哲也風でしょ)『重力ピエロ』について書く、つもり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大胆かつ華麗に

2018/05/05 17:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

横浜を舞台に銀行強盗を続けていく、4人の男女の活躍ぶりが痛快です。それぞれの特殊能力を活かして繰り広げる犯行手口が面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

個性豊かなキャラクター

2016/03/21 07:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おさる - この投稿者のレビュー一覧を見る

個性豊かなキャラクター達が
銀行強盗犯というスーパー集団だった。

どこかに謎や裏をもっている主人公達の
信頼と裏切りの想いが交錯しながら話が進みます。

著者の文体に一歩ひいたような達観した視点を
感じていましたが、同作品も同じような感覚を得ました。
罪悪感と良心(強盗犯の良心というのもおかしな話ですが)、
感情の交錯が著者の真骨頂を味わってください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/25 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/26 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/27 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/04 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。