サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドリームバスター 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-861651-5

紙の本

ドリームバスター 2

著者 宮部 みゆき (著)

シェンとマエストロが帰ってくる! 夢に逃げ隠れる異次元の凶悪犯を追うドリームバスター。名手が編む痛快ファンタジー第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

ドリームバスター 2

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

宮部 みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年東京都生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール読物推理小説新人賞受賞。「理由」で第120回直木賞受賞。その他の作品に「初ものがたり」「模倣犯」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

もうそろそろ第三巻が出る頃なんでしょうか。多分、全部完結した後でないと、この話の本当の面白さはわからないんでしょうね

2005/12/05 20:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「心が弱まった人の心の中に逃げ込む50人の犯罪者の意識。ドリームバスターとなったシェンとマエストロの冒険」ファンタジー。前作『ドリームバスター』の続編。
今回は、シェンの生い立ちがテーマといったらいいのでしょうか。山田章博のイラストもまだこの頃は好調で、彼の仕事の中でも特筆すべき出来といっていいでしょう。
ドリームバスターは、人の夢の中に潜り込んだ凶悪犯たちを探し出す賞金稼ぎのことです。といっても誰もが自由にやっていい、と言うものではありません。ちゃんと資格があって、試験もあります。
話の主人公は、鬚面親父のマエストロと、16歳のシェン。シェンの母親は凶悪犯のローズ、何のつもりか結婚したのは腕のいい料理人だった父ですが、彼女の心を占め続けたのは犯罪のパートナー、ボブ・ライスです。血まみれボブと呼ばれていた彼に因んで、彼女も血まみれローズと呼ばれていました。
シェンは刑務所の医療施設で生まれ、その後、料理人の父の引き取られ、託児所に預けられて育ちました。そこでローズに代わって母の役をしたのが施設の経営者ママンです。シェンが四歳の時、死刑の宣告を受けたローズはプロジェクト・ナイトメアの被験者となります。実験機ビッグ・オールドワンの暴走に巻き込まれ料理人の父親は死亡。一方、50人の凶悪犯は意識だけの存在となり、別世界に逃亡します。
ミクバの湾岸地区に7ヶ月前に流れてきた優しいリップ。記憶障害のうえに失語症も抱え込んだ同世代の彼とシェンが友人になるのに時間は要りません。そのリップが消えました。怪我をした様子の友人はどこに消えたのか。それにマエストロの亡くなった仲間の奥さんで料理上手な未亡人エムリン。引退するDBパーカー。彼らに降りかかる事件。
村野理恵子は気の弱い20歳のOLです。自分が遭遇した事件で、以前から警察に目を付けられていた男を犯人だと証言したものの、被疑者の執拗な無実の訴えと、証言の時に彼女が受けた警察の指示の手順に疑問を持ち始めています。心が弱まった彼女を密かに励ます、見知らぬ男の声「目撃者」は、SFJAPANに二回にわたって連載されたもの。
DBの試験にやっと合格したスピナーがジュナに差し出す手紙。消えたリップを捜すシェンが出会ったのは、虐待されている少年を助けようと必死になっている逃亡者でした。少年を苦境から救うべきか、規則にしたがって逮捕するのが先か、シェンの心「星の切れっ端し」は、書下し。
こちらの読み方が荒いせいでしょうか、前作よりは面白いとは思うものの、伏線が見えにくいところがあります。しかも、二編とも話が終わってはいません。リップは一体どうなったの?勘違いかと思って、読み終わった長女に確認したら、やはり未解決だと言います。全体の構想は宮部の頭の中には、既に出来上がっているのでしょうが、頭の悪い私には伝わってきません。だから、きっと半分くらいしか、本当の面白さを味わっていないのだと思います。
実は、前作でも同じような感じがありました。だから、私は皆ほどこのシリーズを、今の時点では高く評価しません。でも、宮部が楽しんでいることは、いつもto be continuedとあることで分かります。はやく、全貌が見えることを望んで止みません。そのときには、きっと全く違う評価になる予感がします。
ムバスター2

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱりよかった

2003/05/01 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まみみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人から紹介してもらったのですが、いまいちの評価でしたので期待はしていませんでした。内容にだんだんのめり込む自分がいて、とうとう2の後半は泣き通しでした。タオル要のこの作品ぜひ読んでみて下さい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ただのファンタジーじゃない!

2003/04/10 00:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テーラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちょっと前からハリーポッターブームでファンタジーの小説が本屋さんに出回るようになりましたが、これは国産のファンタジーと言う事でハリーポッターやダレンシャンとは一味も二味も違ったファンタジーです。「最近のファンタジーはみんな似通っててつまんない!」とか言う人に是非おススメ!
 何が違うかと言いますと、ゲーム風なのですね。宮部みゆきさんがゲームがお好きというわけで、それがよく分かる作品となっています。表紙もマンガだし、文章もくだけてたり。ただ!それだけじゃ、ただのファンタジー止まりなのです。さらに一歩踏み出すのが流石宮部みゆき!と言ったところでしょうか。なにがあるかって、話の重みですね。人の命とか善悪の概念とか、考えさせられます。ズバーっと読んでスカーっとする、ただのエンターテイメントに終わらないのです!
 2巻では主人公の生い立ちというか、内面がもっと深く掘り下げられています。1巻ではDPからの視点で描かれていましたが、今回は主人公の視点からの話になっています。話の進め方もおもしろくて、あとになって「なるほど」と納得したり「あ〜あ〜」とちょっとした発見があったり「えっ?」と思うような意外な場面もあります。
 ただ、ちょっと1巻に比べて話の進みが遅いと言うか、なんというか、謎が深まる一方でじれったい気もします。
 でもおもしろいのは確か! 損は絶対しないです! 1巻以上に話の続きが気になります! それこそ夢にまで出てきそうなおもしろさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キング風味

2016/12/23 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:肋骨痛男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙や挿絵が好きです。

わたしの好きな一節。
「理恵子は首をぐらぐらさせ始めた。今度は、それを止める気さえないようだった。この奇怪な仕草は、彼女が使い慣れた安全弁なのだ。それを開ければ、逃げ道ができて息がつける。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/27 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/29 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/01 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/07 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/02 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/13 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/08 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/18 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/03 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/04 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。