サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暗殺者 新装版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-115744-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

暗殺者 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

著者 池波 正太郎 (著)

暗殺者 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

562(税込)

剣客商売十四 暗殺者

475 (税込)

剣客商売十四 暗殺者

ポイント :4pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.5MB 無制限
Android EPUB 3.5MB 無制限
Win EPUB 3.5MB 無制限
Mac EPUB 3.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

田沼意知暗殺の年、秋山父子にも異変が……?!

2012/01/27 17:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよ、天明四年(一七八四年)、田沼意知暗殺の年がやってきた。第十四巻『暗殺者』は長編である。作中、天明の大飢饉や、田沼意次の権勢は相変わらずだが悪評ますます高く、印旛沼の干拓も順調ではないことにも触れている。

第一話『浪人・波川周蔵』は、仕掛け人藤枝梅安シリーズのようなやりとりから始まっている。もっとも、波川周蔵はここでは暗殺依頼を断わっている。

波川周蔵は、秋山小兵衛・大治郎と並んで、この巻の三人目の主人公である。剣の腕は秋山父子と互角。妻と幼い娘がおり、人柄もいい。そして、周蔵は大治郎と同じようにからだが大きく、彼に仕掛けを依頼するのは小兵衛と同じように小柄で上品で義理も人情も知恵もある老人の萱野亀右衛門。ただ、周蔵とその妻は非常に無口な性格で、特に周蔵が無口になったについては、彼の過去の出来事が関わりがあるらしい。その「過去」が、周蔵を追いかけてきて、別の「暗殺」を実行せよと迫る。

梅安シリーズの「仕掛け人」に、しばしば、人間的な味わいがあって共感を覚えることがあるように、波川周蔵と萱野亀右衛門も、彼らの家族も、好感を抱かせられるような場面が繰り返し出て来る。

一旦、殺し屋稼業に手を染めると、なかなか、足を洗えないという、萱野亀右衛門と波川周蔵。彼らは、過去のしがらみを断ち切って穏やかな隠居生活や家庭生活を手にすることができるのか?

一方、ひょうんなことから、波川周蔵が秋山大治郎の暗殺を依頼されたらしい、と知った、秋山小兵衛。以前、小太郎と散歩していたとき、娘の手を引く波川周蔵に会ったこともあり、たまたま、彼の剣の腕前を知る機会もあったので、大治郎にとっていかに強敵であるかがわかっているだけに、心配で仕方がない。四谷の弥七と傘屋の徳次郎の助けを借りて、何者が何の目的で大治郎の命を狙っているのか、探索に務める。しかし、父親が心配でたまらないのに、息子の方は、やけに落ちついているように見えて、ついには、癇癪を起こしてしまう。

秋山大治郎の暗殺は、もっと大きな政治的陰謀を成功させるための手段として、計画されたものだった。小兵衛や大治郎の知る由もない田沼意知暗殺の日も近づいて来る。

そんななか、久しぶりに正面から小兵衛と路上で出逢い、穏やかに挨拶を交わす、波川周蔵。お互いに、内心を隠しているが、既に、暗殺のことが頭にある。

波川周蔵はほんとうに大治郎を斬るつもりなのか?

この巻は、「暗殺者」側の主人公に好感と同情が増していくほど、サスペンスも増していき、長編としてのおもしろさを堪能できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

年を重ねる事に弱々しく変わってゆく親。子にはそれを受け容れる変化が求められる。

2012/03/28 18:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 秋山小兵衛には、理想の父親像のような感覚がある。
 常に泰然とした姿が、そう思わせるのだろう。
 ところが、この巻で、とうとう弱気を見せることとなり、常に強くあって欲しい父が、普通の人間になってしまったような、もの悲しさを覚えた。

 小兵衛は、何者かが、大治郎と、かなりの剣を使う浪人・波川周蔵の決闘を内密にすすめているらしいことを知り、ただならぬ密謀の気配を感じとった。
「何やら量り知れぬ事が背後にあるような気がしてならぬのじゃ」

 岡っ引の弥七と、手下の徳兵衛は、真相究明に協力を惜しまない。
「すまぬのう。このとおりじゃ」
 と両手を合わせ、目を潤ませて感謝する小兵衛は、弱々しい。

 かと思うと、密謀の恐るべき全容を知った小兵衛は興奮状態に落ち入り、それでも平然としている大治郎に、
「このところ、毎日のように、父や弥七や徳次郎が苦労を重ねているのを、おのれは何と看ていたのじゃ」
「父上。ま、落ちついて下さい」
「黙れ、黙れ!!」
 と、ついにヒステリックになってしまった。

 小兵衛はこの巻で六十六になる。
 小兵衛の見せた弱さは、年齢から来るものだけではなく、年来の友・内山文太の死(【夕紅大川橋】『剣客商売〈13〉波紋』に収録)も、大きな衝撃を与えたようだ。

 もし内山が剣客として死んでいたなら、「それも剣客の宿命」と割り切れていただろう。
 しかし内山は、隠し子騒動に一段落つくと、呆けてしまい、死んでいった。
 この剣友の死に、六十六となった小兵衛は己の死も想像したはずだ。
 こういう出来事が重なって、剣客としての顔より、息子を思う人の親としての顔が噴き出した。
 そう理解できるのだが、やはり小兵衛の見せた弱さには、「このあと次第に弱々しくなっていくのだろうか」という寂しさを覚えてしまう。

 一方で、波川周蔵が、狂ってしまった母を引き取る場面がある。
 波川が、やむをえない状況で藩を出奔して十七年。
 亡くなったであろうと諦めていた母は生きていた。
 母と生きて出会えた波川には、母が狂っていようが、いまいが関係なかった。

 このことは、人は変化するものの、親と子という関係には変わりがないということを認識させてくれた。
 強かろうが、弱かろうが、狂っていようが、いまいが、親は親なのだ。

 弱々しく変化する親を悲しむことは、親に対して、常に強くあって欲しいという不変の気持ちがあるということだ。
 しかし必要なのは、どのように変化した親であろうと、それを受け容れる子の側の変化なのだと、思い知らされた一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もしもシリーズ

2007/10/07 21:19

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしもシリーズ「もしもこんな剣客がいたら?」の一編.
 今回のテーマは「もしも親バカな老剣客がいたら?」

 さっさと孫を避難させる小兵衛.おかげで三冬は殆ど出番なし.
 小兵衛の眉毛がひくひくするさまに,思わず息を呑む与兵衛(p.80)
 わざと捕まる小兵衛(p.115) 「わしとしたことが,いささか早まりすぎたわえ」(p.126)
 自分一人が力み返ったような気がしてしまう小兵衛(p.217)
 箸を叩きつけて叫ぶ小兵衛(p.226)
 大治郎と睨み合う小兵衛(p.226)
「こうしたときこそ,落ちつかねばならぬと,私は思います」と大治郎に諭される小兵衛(p.227)
「ちかごろのわしは,どうかしている……」(p.228)

 基本筋は,ほんの小さな手掛かり一つから,その全容を掴むまで.
 ホームズ物の「赤毛連盟」に似たパターン.
 ただし本書は推理主体ではなく,親バカ主体なので,推理のヒントは読者には与えられず.読者は小兵衛と一緒に手探りするのみ.
「物事は尋いてみるものだのう」(p.32)
「猫のような真似」をしてみせるおはる(p.46)
「わしを爺あつかいにするなら,今夜は,たっぷりと足腰を揉ませてやるぞ」(p.102)
 鼻を摘んでおはるを起こす小兵衛(p.109)
 老剣客が重患を脱した姿に勇気付けられる小兵衛(p.175)
 かつて見たことがなかった,元奥御祐筆の冷たい目の光り(p.209)

 常盤新平による解説にもあるように,「暗殺者」波川については好意的に描写.
 浪人に斬りかかられた翌日には転居してしまう波川(p.43)
 針のように両目が光る波川(p.135)
 両目を細くすることで,動揺が眼の色に現れることを本能的に防ぐ波川(p.136)
 思いがけぬ反応を示す波川(p.263)
「今も世話を受けているからと言って」……(p.268)
 波川を主人公とした仕掛け人物を希望したいところ.

 ただ,著者には以心伝心幻想があるようで,そこだけが違和感.
 「無口でも心が通じ合う」というのは実際には幻想.現実には,そういう気がするという,根拠のない話でしかなし.
「偽りの返事を聞かされるよりは~~」(p.142)というのは単なる後ろ向きな諦念.
 さらに,そういう無口という設定にしたため,ストーリーの中で自然に波川の素姓を語らせることに失敗した模様.唐突に説明される波川の素姓.
 そこだけが残念.

 意知殺害等をもって締めくくられる,物悲しげなオチ.

 読め.
【関心率0%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/13 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/21 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/21 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/17 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/29 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/19 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/28 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む