サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会・時事
  5. 日本文芸社
  6. 死刑はいかに執行されるか 元刑務官が明かす 実録死刑囚の処遇から処刑まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死刑はいかに執行されるか 元刑務官が明かす 実録死刑囚の処遇から処刑まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 日本文芸社
  • サイズ:19cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-537-25135-2
  • 国内送料無料

紙の本

死刑はいかに執行されるか 元刑務官が明かす 実録死刑囚の処遇から処刑まで

著者 坂本 敏夫 (著)

執行現場にも立ち会ったことのある元刑務官が、内部資料と取材で死刑囚の現在を明かす衝撃のドキュメント。死刑囚監房、処刑の瞬間、執行官の苦悩…。すべてを見てきた元刑務官が、公...

もっと見る

死刑はいかに執行されるか 元刑務官が明かす 実録死刑囚の処遇から処刑まで

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

執行現場にも立ち会ったことのある元刑務官が、内部資料と取材で死刑囚の現在を明かす衝撃のドキュメント。死刑囚監房、処刑の瞬間、執行官の苦悩…。すべてを見てきた元刑務官が、公開を許されなかった真実を初公開。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坂本 敏夫

略歴
〈坂本敏夫〉昭和22年生まれ。ノンフィクション作家。法政大学法学部中退。黒羽刑務所課長、広島拘置所総務部長等を務めた。著書に「女子刑務所のすべて」「死刑執行人の記録」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

釈然としない書

2005/01/12 09:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 去年は大阪教育大付属小での児童殺傷事件の犯人が処刑されましたが、そのことをきっかけとして、死刑について知る何か手頃な書がないかと思っていました。本書の著者は30年近く刑務所や拘置所に勤務した経験があるとのことで、手にしてみました。

 しかし全体構成にクセがあります。小首をかしげながら読む箇所が多く見られました。

 最初に描かれるのはある年の12月27日に処刑されたYの「実録」。Yのように年末ギリギリに処刑されるのは極めて異例で、このことが正月を迎えられると喜んでいたYの気持ちを省みない行為だということはわかりました。しかしYがどれほど残虐な方法で何人殺したのかが明示されていません。読者は著者の肩越しにYを「哀れな死刑囚」としてのみ見るおそれがあります。 それは公平ではないでしょう。

 処刑場面を10頁の漫画で描いた箇所がありますが、これが少女漫画風の線の細いタッチで、全体的に清潔感のある描きかたがしてあります。処刑直後の遺体にはシミひとつありません。
 カメラが入れない処刑場面を視覚的に読者に提示しようという試みであることは理解しますが、実際には伴うはずの死刑囚の抵抗もあっさりしており、混乱や緊張感というものは伝わってきません。もっと画力のある漫画家を起用すべきではなかったでしょうか。

 また、本書の後半には100頁にも及ぶ「ドキュメント・ノベル」なる読み物が唐突に現れます。刑務官相互の陰湿な人間関係、死刑囚たちとの癒着、刑務所内の規律のゆるみといった要素が盛りだくさんの小説です。
 死刑囚を取り巻く環境を描くのに小説風読み物がふさわしくないとまでは言いませんが、ノンフィクションだと聞いて手にした読者は肩透かしを覚えるでしょう。小説の出来としてもさほど評価できません。刑務官のひとりが別れた妻にオーラルセックスを強要していたという設定が出てきたりして、なにやら際物狙いの気味があって好きになれません。
 全編ノンフィクションで通さなかった著者の意図をはかりかねました。

 日本の死刑をめぐる実情を一般読者に伝えることはやはり難しいということなのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会病理・犯罪 ランキング

社会病理・犯罪のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む