サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. こぐま社
  5. おはなし会ガイドブック 小学生向きのプログラムを中心に

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おはなし会ガイドブック 小学生向きのプログラムを中心に
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: こぐま社
  • サイズ:17cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7721-9038-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

おはなし会ガイドブック 小学生向きのプログラムを中心に

著者 茨木 啓子 (編・著),平田 美恵子 (編・著),湯沢 朱実 (編・著)

子どもも語り手も満足する充実したお話会にするために大切なことは何でしょうか? 長年子どもたちにお話を語ってきた著者らの経験から得た、楽しいお話会にするための具体的なヒント...

もっと見る

おはなし会ガイドブック 小学生向きのプログラムを中心に

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どもも語り手も満足する充実したお話会にするために大切なことは何でしょうか? 長年子どもたちにお話を語ってきた著者らの経験から得た、楽しいお話会にするための具体的なヒントが満載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茨木 啓子

略歴
〈茨木〉文庫、学校、図書館等で20数年に渡りお話を語る。「語り」の講師としても活躍。
〈平田〉聖心女子学院初等科教諭を経て、小学校、保育園、図書館等でお話を語る。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

語り手たちへの支援本。実践的な構成、基本から応用まで使えます!

2003/02/27 05:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきな - この投稿者のレビュー一覧を見る

おはなし会をこれからはじめようとする方にも、
すでに活動されている方にも、すぐに使えるガイドブックです。
小学生向きの「語り」を中心にした、合計96のプログラムが紹介されています。
プログラムは、低学年向き、中・高学年向きとにわかれています。
実践例としてのプログラムには、補足として、中心になる作品と相性のよい
絵本やお話が それぞれ5〜10作品紹介されています。
これは使える!と思いました。 これで組み合せの幅はグッと広がり、
TPOに合わせたプログラム作りができます。
お話のあらすじだけでなく、語る時のアドバイスが載っているところもいいです。

いちばん最初の章「お話会を始める前に」では
基本的な心構えや注意点が書かれています。 
プログラム作り、おはなし会の場所つくり、語り手や聞き手の人数など、具体的に
説明されていますので、これからはじめる方の目安になると思います。
素朴な疑問としてよくでてくる『お話の中にでてくる「歌」の部分は
どうしたらよいか?』という点にも触れてあります。
参考として、巻末に一部楽譜もあります。

語れるお話をいくつかお持ちの方は、さくいんから逆引きをしてみてください。
自分のモチネタから、どんなプログラム作りができるかの参考になると思います。

実践的といっても、本の通りにしなくてはならない、ということではありません。
これからの語り手への「とても親切な応援メッセージ」なのだと思います。
語り手の自己満足で終わらせないために、
充実したおはなし会にするために、
読めば必ずヒントがもらえる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する