サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦争報道(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-05987-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

戦争報道 (ちくま新書)

著者 武田 徹 (著)

戦争報道 (ちくま新書)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

戦争報道

702 (税込)

戦争報道

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦争報道の洪水に対して我々はどんな読解力を持っているのか?

2003/03/22 14:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ただ、見ること、ひたすら見続ける…そして、世界から、ものから、見返される。『開高健』や『日野啓三』のように作家の眼で戦争の不気味な根源的現実を言葉で露出させる事が作家としての行動であるならジャーナリストの眼はいかなる語るべき言葉を持っているのか。

 1991年から99年までに米英軍は約六千回の出撃をし、およそ四百五十の施設を破壊したらしい。武田徹はしかし、おかしな話ではないかと本書を書き起こす。−アメリカもイギリスも既にイラクの頭上から爆弾の雨霰を降らせているのに、それは戦争行為とはみなされず、新たな戦争の始まりとしてイラク侵攻が改めて語られる。/現代の戦争とは、ジャーナリズムがそれを「戦争」として報じることで始まるのだ。それまでは、いかに爆撃が行われていても戦争でないらしい。戦争を戦争として承認する役割を担っているのは今やジャーナリズムなのだ。ー

 私は不勉強であるのか、米英軍が六千回も出撃したのを知らなかった。かような空爆を伝える報道を単に見逃しただけなのか。どうやら、私は戦争報道の掌の中で踊らされているのではないか。3/20、堤防は決壊し、戦争報道は洪水となって押し寄せる。皆それぞれ、メディアリテラシーを磨いて信頼に足りる報道か流言飛語かを判別して読解しなければならないと、言われても私は自信がない。武田は「ジャーナリストがその最も優れた資質を発揮できる舞台が戦争の悲惨であるとすれば、ジャーナリストの人間としての存在はどのような意味をもつのか」と、ハルバースタムの言葉を引用しているが、ジャーナリスト達を通してしか我々は戦争を知ることが出来ないのか。彼等の情報が我々を浸す時、我々は恐らく自前の歴史観なり哲学なり想像力で情報を検証するしかないのであろう。この本はそのようなメディアリテラシーを鍛えるための啓蒙書と言って良い。

 戦中戦後の同盟通信社の公益と国益の問題。オーウェルの言葉による究極の検閲の問題。岡村昭彦、ハルバースタムのベトナム戦争の報道のあり方、リアリズムとしての『地獄の黙示録』。湾岸戦争以降の『戦争広告代理店』による報道とプロパガンダ。そのようなマスの信頼の失墜の一方で『田中字』等のインターネット情報を解読することによるネット発信の信頼性の担保をどこに求めるのか。
 現地から情報発信しているアジアプレスの『綿井健陽』等のビデオジャーナリスト達の挑戦、だが、マスメディアは自社社員を危険な現地に送り込まず、前線で同時中継する要員としてフリーの彼等を起用する。フォト・ジャーナリストの『広河隆一』は本来、調査報道等で戦争の本質を伝えるのがフリーの仕事であって、彼等による前線中継に疑問を呈す。
 
 武田はアジアプレスの行く末に関心を持っているらしい。『アジアプレス』はフリーランスのジャーナリストのネットワークを作ることによって、企業でないメディアの流れを構築しようとしたものである。問題は広告資本から自立してインターネット配信は可能か? そのためには国境を越えた課金システムによる国益でない公益による信頼の再構築を行う。これは国境を越えた生協運動ではないか。成程、情報のクオリティを求めて有料会員になるのだなあ。しかし、かような運動は政治に侵される危険がある。多価値型社会を許容する言葉を常に更新し鍛えて資本と政治に対処するしかないであろう。『ノーム・チョムスキー』は言葉を鍛える。

 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真実は二つある。

2003/04/25 11:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題の本書を手に取り、さまざまなことが頭の中をかけめぐった。

とっさに思いついたのは、ベトナム戦争の有名な報道写真だ。米軍の攻撃を受けて泣きながら全裸で逃げている、いたいけな少女の写真。記憶されている人も多いだろう。しかし、その写真はトリミングされたものであることが判明した。写真には、他に逃げまどうベトナム人が何人か写っていた。確かに写真としてのインパクトは、全然違う。しかし、真実を伝えるのが報道写真の第一ではないか。写真にクレームをつける気はないが、解せない。でも、これも「真実」なのだ。真実と「真実」(カッコつきの真実)が存在しているわけで、報道は、ぼくは、後者の方だと思う。

銀座あたりにある古い広告代理店って社名に「なんとか通」がついている会社が多いけど、これも氷解した。「世界最大級の広告代理店である電通と共同、時事通信はかつてひとつの会社だった」と。もともとは、通信社で、そのサービスの一環ではじまった広告代理業がでかくなり、その創業時の名残が「なんとか通」とまるで盲腸のようについている。これも、宣伝と報道が同じ母胎にあるというのか、つながりがあるというのは、それこそ、いとも簡単に「戦争広告代理店」になってプロパガンダもOKよ。という、空恐ろしさを改めて感じる。

開高健がかつてベトナム戦争へ赴き、戦場体験をルポにしたり、小説にしたりしたが、三島由起夫が作家ならそのあたりは創造力で書けなければ作家ではないと批判したエピソードを紹介している。しかし、事実の重み、カッコつきでない真実は、出ていかなければ見えてこないだろう。それは即座に見える場合もあるし、長い時間を要する場合もある。開高が死ぬまでベトナム戦争をテーマに追っていたくだりは、感慨が深い。

つい先日まで、イラク戦争と名づけられている米英のイラク侵略の映像が、毎日毎日、大量に放映されていた。軍事評論家はなぜかうれしそうに、タクティクスや兵器を解説していた。局によってはご丁寧に3DCGまで駆使して、戦争ゲームさながらに。いながらにして、デジカムをかついで戦場を駆け巡るジャーナリストの映像を見ることができた。見たかないけど。ちょっと前までは、写真だったのに、今は動画で音までついている。見たかないけど。

報道と流言蜚語の判別は可能か? 作者は清水幾太郎の説を取り上げ、紹介している。

「報道と流言蜚語を区別するのは不可能である。−略−二つのものを区別するのは知識ではなく信仰である。信仰と言って悪ければ信頼と言ひ換へてもよい」

報道だって間違える。あえて虚偽の報道をさせられることだってある、特に戦争の場合は。どのように伝えるのか。FOXテレビとアルジャジーラが伝える映像は、まるで別な戦争だ。戦争報道が氾濫する中で、この本は、マスメディア・ジャーナリズムとの接し方を教えてくれる。また、戦争でジャーナリストがヒーローになることの終焉を告げている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/02 01:06

投稿元:ブクログ

ベトナム戦争時は、世界中に反戦のうねりを作り出すきっかけとなった戦争報道。ところが湾岸戦争時においては全くそういった動きは見られず、米軍の管理下に置かれた。なぜメディアは敗北したのか。戦争時におけるメディア、ひいてはメディアの本来の役割を問う。

2007/06/01 12:34

投稿元:ブクログ

ジャーナリズムは、戦場の悲惨を世に訴える一方で、ときに率先して好戦論を喚起し、戦火に油を注ぐような役割も担ってきた。このような奇妙に歪んだ構図が生まれるのはなぜか?本書は、第二次世界大戦からベトナム戦争、そして9・11にいたる戦争報道のあゆみを、文学・映画からインターネットにまで射程を広げて丹念にたどることで、ジャーナリズムと戦争との危うい関係を浮き彫りにし、根底より問いなおす。

2009/12/08 20:22

投稿元:ブクログ

結構ややこしい、入り組んだことを書いているのに読みやすかった。
いくつかの内容は既に知っていたけれど、共同、時事、電通の関係とか
「地獄の黙示録」の解釈とかがかなり興味深かった。

公共性=滅私奉公→奉公=報国という戦前における日本での図式もわりとしっくりきた。

もっと英語勉強しようとおもった。

自らの見識を広める為には海外のソースももっとみないとだよなぁ。

2009/08/16 07:55

投稿元:ブクログ

今の戦争というものが、情報戦略であること。
そしてその裏方として広告代理店がいることに衝撃でした。

嘘を流して、不必要になった際に真実を語るというその巧みな手法に
驚嘆し、それと同時に何を信じることが大事なのか、よくわからなくなります。

(例 湾岸戦争:イラクの石油プラント爆破と油まみれになった海鳥。
当初はイラク軍による破壊行為とのことだったが実は米軍の空爆によるもので
その際の広告戦略と真実の公開まで手法が丁寧に書かれています。)


週刊誌SPAでも記事を見かける著者。かなりの実力者だと思います。

2010/05/25 07:03

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
ジャーナリズムは、戦場の悲惨を世に訴える一方で、ときに率先して好戦論を喚起し、戦火に油を注ぐような役割も担ってきた。
このような奇妙に歪んだ構図が生まれるのはなぜか?
本書は、第二次世界大戦からベトナム戦争、そして9・11にいたる戦争報道のあゆみを、文学・映画からインターネットにまで射程を広げて丹念にたどることで、ジャーナリズムと戦争との危うい関係を浮き彫りにし、根底より問いなおす。

[ 目次 ]
第1章 第二次世界大戦中の戦争報道(同盟通信社―ナショナル・ニュース・エージェンシーを目指して;BBC時代のジョージ・オーウェル―『紅茶を受け皿で』の背景)
第2章 ベトナム戦争の報道(ジャーナリズムと文学―ハルバースタム・岡村昭彦・開高健;ジャーナリズムと映画―『地獄の黙示録』という戦争報道)
第3章 湾岸危機以後の戦争報道(「報道と宣伝」再論―PR会社の台頭;戦争報道とインターネット―信頼の失墜;ビデオ・ジャーナリストの挑戦―今ある戦争報道の先へ)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2013/05/08 20:16

投稿元:ブクログ

戦争報道を入り口として、ジャーナリズム全般にわたる、あり方を問うている。戦争を取り上げているのは、題材として分かりやすいからだろうと思われる。現場で発生した事件取材者の編集を行う。マスメディアを通じて報道は多くの意図(政治・広告主)により、都合よい様に編集されて、私たちに届く。それは、私たちが、その情報により、コントロールされているかのような結果を生む。情報伝達機器は発達してきたが、作為者による囲い込みは変わらないだろう。インターネットにより、未来の姿に立ち返る可能性は見えてきたのだろうか?

同盟通信社、敗戦後には解散になる。米国の情報統制
BBCのジョージ・オーウェル、戦争中には検閲が行われていた。ベーシックイングリッシュ⇒ニュースピーク。言語の制限はそのまま、究極の検閲になる。
ベトナム戦争とは何であったのか?映画、地獄の黙示録で描かれたものは、リアリズムであるのか?
湾岸戦争以後、報道と宣伝の関連性が示される。報道管制、戦争広告代理店、ブティックプロパガンダ、テロ報道と報復。しかし、予定された侵略であったことが、発見される。その後には、ジャーナリズム批判、どれを信じるか?ビデオジャーナリスト、デジタル、インターネット、信頼。
米国は戦争が好きである。自国産業、国益のために兵器や爆弾を売らなければならない。大統領自ら指揮し戦争を起こす。何のために?

キーワード
イエロージャーナリズム
世界三大通信社
宣伝 プロパガンダ 情報の送り手が自分の利益を最大化するために様々なコミュニケーションスキルを駆使すること。受けての利益を一切考慮しない。

2014/05/18 13:07

投稿元:ブクログ

「ジャーナリストがその最も優れた資質を発揮できる舞台が戦争であるとすれば、ジャーナリストの人間としての存在はどのような意味を持つのか」(ディビット・ハルバースタム)
 読者や視聴者は、戦争で何が起きているか知りたがる。影響の及ぶ範囲やその程度も、交通事故や殺人事件などとは比べものにならないから、報道に対する要求はシビアになる。国民の知る権利を代理するジャーナリストがその責務を最もクリアカットに担えるのが戦争報道だろう。
(中略)だからこそ、ハルバースタムの言うように、そうした活躍の場を得るジャーナリストとは何者なのか、改めて問いかける必要がある。戦争がジャーナリストを鍛えると言われるが、戦争によって鍛えられるジャーナリストとはそもそもどのような人間なのか問われるべきなのだ。
(本書p.7-9)

 TVは放映時間中、何かの映像を放映し続けなければならないメディアだ。しかも他局との熾烈な視聴率競争に曝されており、視聴率の数字の僅かな上下がスポンサー収入に響くとあれば、どうしても刺激的な映像、多くの視聴者を魅了できる映像へと流れる。(中略)それらがすべてシーア派イスラム教徒ハイジャッカーの言い分を有利に見せる効果を担った映像であっても、そんなことは構っていられないのだ。
 そして、考えてみればベトナム戦争のTV報道もそうだったのだ。反戦のメッセージは、実は後からついてきたのに過ぎない。とにかく死体を映すこと。それは映像のインパクトから必要とされた要請だった。TVメディアとは主義主張の如何を問わず、魅力的な映像には食いつかずにいられないメディアなのだ。(中略)それを苦い経験を経て学んだ政府はTVメディアの性を逆手に取る、より効率的な映像メディア管制方法を確立する。それがドゥ・リュデール記者が命名した「パッケージ」「洪水による操作」という方法である。
 「パッケージ」とは報道メディアが飛びつきやすいように魅力的に構成された情報のこと。そして、そうした情報パッケージを洪水のように提供すれば、TVメディアはもはや自前の取材や検討を加えることは一切なくなり、そのパッケージに食いついて離れなくなる——。この方法論は(マイケル・)ディーバーの名を取ってディーバー・システムと呼ばれる。
(本書p.147-151)

2017/01/22 18:36

投稿元:ブクログ

報道機関、ジャーナリストの質や力量が問われるのは戦争報道に関して。この視点を軸に、第二次世界大戦、ベトナム戦争とその後。9.11後に時代相を分けて分析。ただ、戦争関連報道の主体を、ナショナル・ニュース・エージェンシーから敏腕ジャーナリスト、媒体を新聞、テレビから小説や映画、インターネットまで、方法論もPR会社のそれと範囲と対象が広すぎて、焦点がぼやけているようにも感じた。結果、一つ一つは興味をそそる切り口なのだが、突っ込み不足のようにも。戦争PR会社やインターネット論は別書の方が良さげ。2003年刊。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む