サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 絵本
  5. 金の星社
  6. しろいゴリラとくろいゴリラ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しろいゴリラとくろいゴリラ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 金の星社
  • サイズ:21×29cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-323-07034-9
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

しろいゴリラとくろいゴリラ

著者 こやま 峰子 (作),渡辺 あきお (絵)

ゴリタと名付けられた赤ちゃんゴリラはみんなと違っていました。白いゴリラだったのです。悲しくなるゴリタでしたが、やがてゴリタの白い毛が、みんなを救う時がやってきます。【「T...

もっと見る

しろいゴリラとくろいゴリラ

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

たのしくて心にのこるえほん 19巻セット

  • 税込価格:26,352244pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゴリタと名付けられた赤ちゃんゴリラはみんなと違っていました。白いゴリラだったのです。悲しくなるゴリタでしたが、やがてゴリタの白い毛が、みんなを救う時がやってきます。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

こやま 峰子

略歴
〈渡辺〉福島県生まれ。虫プロダクションを経て、絵本や童話の挿し絵を描く。主な作品に「ゴリラのパンやさん」「きみに」「ふたりがいいね」等多数。日本児童出版美術家連盟会員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

しろいゴリラって本当にいたんだよ!!

2004/08/17 20:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めだかの兄弟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 < しろいゴリラっているのかな? > と、ネット検索したら、かなりヒットして驚いた。「しろいゴリラ」とはアルビノ突然変異のため白い毛を持って生まれたゴリラ。世界ではスペイン北東部バルセロナの動物園で唯一、オスの個体が確認されていた。動物園ではアルビノ変種を得ようと、その白ゴリラと3頭のメスの間に、20頭以上のゴリラを生ませたが、白ゴリラの繁殖には失敗した。そして、飼育係らに見守られながら、37年間に及んだ動物園生活を終え、静かに息を引き取った。推定40歳、人間に換算すると80歳相当の高齢だった。脳など一部は研究用に提供されるが、飼育に貢献した動物学者と動物園側は、「コピート・デ・ニエベ」(雪の玉)の愛称で子供らに愛されてきたこの白ゴリラをはく製にはせず、近く荼毘(だび)に伏し「めい遍を祈ることにしている。」という事が書かれている記事を読んだ。
 一冊の絵本から、今まで知らなかった、「しろいゴリラ」の存在を知ることができた。されど絵本である。そして親が興味を持つと、子どもも興味を持つ。
 この本は、しろく生まれたがために、くろいゴリラたちが遊んでくれない。けれど、おかあさんや、おじいさんに励まされ、自分を受け入れて、みんなのようになりたくて、一生懸命にかわろうと努力をする物語である。
 読み終えて、子どもに聞いてみた。< 自分と違うと仲間はずれにしちゃう? >「ううん」 < じゃあ、自分が友だちと違ってて、仲間はずれにされたら? > 「あそばない」。< でも、それじゃあ、友だちに認めてもらえないままになるね。本当は、みんなはとまどっていて、どうしたらいいのかわからないのかもしれないよ。> と、この絵本を読んで、子どもと 「友情」「努力」「外見」「偏見」「いじめ」などについて話し合うことができた。
 絵本は、親子の会話を豊かにする。これからも、ためになる絵本をたくさん読んで、人生の糧としよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む