サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 地球科学・気象の通販
  5. 新評論の通販
  6. マンモスの運命 化石ゾウが語る古生物学の歴史の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 新評論
  • サイズ:22cm/380p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7948-0593-4
  • 国内送料無料

紙の本

マンモスの運命 化石ゾウが語る古生物学の歴史

著者 クローディーヌ・コーエン (著),菅谷 暁 (訳)

3世紀以上もの間、マンモスの化石が伝説や寓話や、地球の歴史と生命の進化をめぐる物語の中にどのように封入されてきたのかを研究する。マンモスが照らし出す生命をめぐる物語の系譜...

もっと見る

マンモスの運命 化石ゾウが語る古生物学の歴史

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

3世紀以上もの間、マンモスの化石が伝説や寓話や、地球の歴史と生命の進化をめぐる物語の中にどのように封入されてきたのかを研究する。マンモスが照らし出す生命をめぐる物語の系譜、人類の解釈と想像力の歴史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クローディーヌ・コーエン

略歴
〈コーエン〉1951年生まれ。現在、パリの社会科学高等研究院助教授。「生命と地球についての科学史」を専門とする。共著に、「起源の人間、先史学の知と虚構」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マンモスに魅了された人々の想像力の歴史

2003/04/24 13:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:彦坂暁 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地球の歴史、生物の進化についての科学的知識がなかった時代、生物の形をした不思議な石──化石──を見つけた人はそれを何だと考えたのだろうか。山頂で発見される貝殻や魚の形をした石、形は人間の骨や歯に似ているが、とてつもなく巨大な石。それらは生物とは無関係に自然が戯れに作り出した石にすぎないのか、それとも聖書に述べられたノアの洪水や巨人たちの存在を示すものなのか。特に17世紀以降、化石をめぐって様々な解釈が闘わされてきた。

 本書は人々が時代時代の知識体系の中で化石をどのように解釈してきたのかを、マンモスの化石を軸に語った古生物学史の本である。マンモスの化石が巨人の骨などではなく、象に似た(しかし現在は生存が確認されていない)動物の骨であるという解釈が確立した後も、マンモスをめぐる議論は様々な広がりを見せた。暑い土地の動物であるはずの象の骨が北方地方で見つかるのは何故かが問題になった。宗教的立場から種の絶滅を信じることを拒否し、マンモスの生存を信じた人もいた。絶滅が認められるようになっても、その原因についての議論は続いてきたし、今も続いている。またマンモスを象の仲間(長鼻目)の系統の中でどのように位置づけるのかも、系統学・分類学における新しい手法に基づいて現在も研究が行われている。本書はこのようなマンモスに関する知識と解釈の変化を丁寧に辿っていく。

 絶滅した巨大な動物の化石。それは自然界の中でも最も我々の好奇心をかきたてるものの一つだろう。とくにマンモスは、先史時代の人類と共存していたという事実、その毛むくじゃらの愛嬌のある姿、寒冷地に生きる象という鮮烈なイメージ、それら全てが物語的想像を呼び起こす。巨人説は葬り去られても、我々は心の底でマンモスをかつて人類の隣に住んでいた親しい「巨人」のように感じているのかもしれない。だからかれらの足跡をたどり、かれらのたどった運命を明らかにし、かれらを復元しようなどという無謀な夢さえも抱くのかもしれない。本書を読んでそんなことを考えた。

(彦坂暁/広島大学 総合科学部 http://home.hiroshima-u.ac.jp/akirahs/index-j.html)

【目次】

序文 スティーブン・ジェイ・グールド

はじめに
序論
第一部 イメージ
 1 マンモスの出現
第二部 神話
 2 聖アウグスティヌスと巨人
 3 ライプニッツの一角獣
 4 あるゾウの鑑定──ロシアの「マンモト」とゾウとノアの洪水
第三部 物語
 5 「驚くべきマムート」とアメリカ国民の誕生
 6 マンモスと「地表の革命」
 7 ヴィクトリア女王時代のマンモス
 8 マンモスと人間
第四部 シナリオ
 9 系統樹の中のマンモス
 10 アフリカからアラスカへ──マンモスの旅程
 11 マンモスの生と死──絶滅のシナリオ
 12 マンモスのクローニング?──ゾウとコンピュータと分子
結論──古生物学史のために

訳者あとがき/参考文献/注/人名索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目次

2003/02/28 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

序文 スティーブン・ジェイ・グールド

はじめに
序論
第一部 イメージ
 1 マンモスの出現
第二部 神話
 2 聖アウグスティヌスと巨人
 3 ライプニッツの一角獣
 4 あるゾウの鑑定──ロシアの「マンモト」とゾウとノアの洪水
第三部 物語
 5 「驚くべきマムート」とアメリカ国民の誕生
 6 マンモスと「地表の革命」
 7 ヴィクトリア女王時代のマンモス
 8 マンモスと人間
第四部 シナリオ
 9 系統樹の中のマンモス
 10 アフリカからアラスカへ──マンモスの旅程
 11 マンモスの生と死──絶滅のシナリオ
 12 マンモスのクローニング?──ゾウとコンピュータと分子
結論──古生物学史のために

訳者あとがき/参考文献/注/人名索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。