サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. …すぎなレボリューション ストーリー4コマ 8の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

…すぎなレボリューション ストーリー4コマ 8
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:4-06-337516-1
コミック

紙の本

…すぎなレボリューション ストーリー4コマ 8 (ワイドKC)

著者 小池田 マヤ

…すぎなレボリューション ストーリー4コマ 8 (ワイドKC)

617(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

…すぎなレボリューション(ワイドKC Kiss) 8巻セット

  • 税込価格:4,93345pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最後に行き着いた職業が、驚き。

2005/03/12 16:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー4コマ界の女王小池田マヤが『KISS』で連載していた最終巻です。最初は「ブスな女の子がメガネを取るとかわいい!」という変身願望と「職場の超イケメン男性が彼女に惚れてしまう」こんな私でも好きな人がいる願望という少女マンガの超王道であったが、さすが小池田さん。見事な深堀&展開でした。なによりも、日置くんの最後に行き着いた職業が感動的。コレには本当に驚かされました。すげーこれすげーアイディアだよ。こんなのみたことねーよ(笑)。面白い作品なので、最初の巻を読み出せばすぐはまると思いますが、ラストは絶対驚きますよ。もともと東京の広告代理店でルックスだけで営業していたたらしの日置くんが、『そこ!』に行き着く、というのは、なにか普遍的な大事なものを感じさせられた。同じ東京でサラリーマンをしている自分にとって。お見事一本です。

ストーリー4コマ形式って一時期はやりましたが、どんな形式でも物語る人は物語が広がっていくのだなぁ、とその力量と才能にビックリします。小池田さんは、既にストーリー4コママンガの大家であり、超メジャー売れっ子であるので、読者におもねる必要性はあまりなく、また同時にかなエグいラストで終わる作品もあり、読者への攻撃的な作家なのでその分ストーリーに目が離せません。先が読みにくいんですよ。必ずしも読者に心地よい予定調和でないので。『バツイチ30ans』や『聖・高校生』を読むと、エンターテイメントでありながらそのエグさには驚かされます。この人のテーマは、とても大人な視点で自意識からの脱出を描いています。バツイチや聖などの主人公の自閉や追い詰められかたは、心地よいナルシシズムに包まれるような作品を求める読者を裏切る厳しさです。それをコミカルにギャグに回収して、きつく見せない手法も鮮やか。ただ、著者がとても大人で人格者なんだなと思わせられるのは、そういった自意識の絶望「からの解放」を描いているからです。アニメーションで庵野秀明監督が『新世紀エヴァンゲリオン』で頂点を極めた男の子の世界観が、自閉に向かって、アダルトチルドレンや集団自殺的な「救いのなさ」で終わってしまうのに比較して、なぜか女性の作家は最初から既に絶望しているというか「救いのなさが前提」みたいなところがあって、カラっとそこから解放される作品を描く気がします。例えば、安野モヨコさんや一条ゆかりさんに小池田マヤさんなんかもそうですね。アダルトチルドレン的な世界観は、私小説の伝統がある日本社会には受け入れやすいとは思うが、いいかげん「世界が間違っている」とか「親がすべて悪い」とかいう他人に責任をなすりつける弱さは、もう飽きた。いい加減、世界が腐っているのも周りの人間が親も含めて聖人君子でないことも、あたりまえじゃないか。自分の傷ばかり見ていると、他人の傷が見えなくなる。もう、どこかで「すべてふっきって」自分で自立して、寂しさを抱えて孤独に耐えて、幸せに「なる」しかないじゃないですか。今は、自傷系の「次」を描くべき時代なんだと思う。たとえば、文学でも村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」や村上龍が「5分後の世界」を描くのも、そういう流れなんだと思う。だから、自立というものをとても深く自然に追求しているし、働く大人の倫理観がきちっとセットされている小池田さんの作品群は、読んでいてキツイけど清々しいのでとても楽しい。まぁそこまで深読みしなくても、ギャグは面白けどね。ちなみにP86〜87日置君姉ちゃんSのQ&Aは、最高。よく人生をわかってらっしゃる。この辺の倫理観は、一条ゆかりさんと似ているて凄い好きです。

まぁ難しいことをいいましたが、とにかく彼女の作品は、おもしろいですよ、ということです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/12 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む