サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夢聖
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: ネット書房
  • サイズ:21cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-434-02818-9
  • 国内送料無料

紙の本

夢聖 (ネット書房Lブック)

著者 東山 彰 (著)

平氏が滅亡し、鎌倉幕府もまだ成立していない混沌の時代に多感な十代を過ごした一郎−後の京都高山寺の開祖明恵上人の物語。狂気と信仰のはざまで揺れる、未成熟な精神という普遍的な...

もっと見る

夢聖 (ネット書房Lブック)

1,922(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平氏が滅亡し、鎌倉幕府もまだ成立していない混沌の時代に多感な十代を過ごした一郎−後の京都高山寺の開祖明恵上人の物語。狂気と信仰のはざまで揺れる、未成熟な精神という普遍的なテーマで描いた長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

抑えた筆致の緊張感がいい

2015/08/08 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KNSC - この投稿者のレビュー一覧を見る

のちに高山寺をひらく明恵上人が、一郎という名で神護寺の稚児であった頃の話。一郎、そして神護寺に修行に来た彼と同年代の唯戒という若年僧のふたりを中心に話は進む。
先行きの見えない時代(「末法の世」)、山奥の僧院という閉ざされた環境、そしてそれぞれが抱える出自にまつわる苦悩と煩悶が重層的な世界観を形成している。
さらに、筆者の抑えた筆致がいっそう、物語の緊張感を高めている。

下巻はふたりが徐々に気持ちを通わせていく過程と、唯戒におとずれる哀切な結末が描かれる。
ふたりの出会いが、一郎にとってどのような意味があったのか、なぜそれが仏の思し召しだったのか。
最後に用意されたカタルシスにしばし涙した。

書籍版が1000円以上するのに、電子版が100円台ということで、あまり期待せずに購入したが、思わぬ掘り出し物を見つけた気分。
惜しむらくは、誤字脱字が多いこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

抑えた筆致の緊張感がいい

2015/08/08 00:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KNSC - この投稿者のレビュー一覧を見る

のちに高山寺をひらく明恵上人が、一郎という名で神護寺の稚児であった頃の話。一郎、そして神護寺に修行に来た彼と同年代の唯戒という若年僧のふたりを中心に話は進む。
先行きの見えない時代(「末法の世」)、山奥の僧院という閉ざされた環境、そしてそれぞれが抱える出自にまつわる苦悩と煩悶が重層的な世界観を形成している。
さらに、筆者の抑えた筆致がいっそう、物語の緊張感を高めている。

上巻はふたりの出会いと、それぞれの苦悩が描かれる。
まだふたりの間には壁があり、なぜこの出会いが必然であったかは分からないまま、一郎は絶望的な行動へとはしる。

書籍版が1000円以上するのに、電子版が100円台ということで、あまり期待せずに購入したが、思わぬ掘り出し物を見つけた気分。
惜しむらくは、誤字脱字が多いこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む