サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0617-19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 欧米の小説・文学の通販
  5. 評論社の通販
  6. 指輪物語フロドの旅 「旅の仲間」のたどった道の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 評論社
  • サイズ:20×27cm/118p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-566-02376-1

紙の本

指輪物語フロドの旅 「旅の仲間」のたどった道

著者 バーバラ・ストレイチー (著),伊藤 盡 (訳)

傑作ファンタジー「指輪物語」の主人公フロド。指輪破棄の使命をおびた彼が、ホビット庄を出発し、帰還するまでの果てしない冒険の旅の道程を、詳細な地図と解説でたどる。【「TRC...

もっと見る

指輪物語フロドの旅 「旅の仲間」のたどった道

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

トールキンのファンタジー世界 8巻セット

  • 税込価格:23,980218pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

傑作ファンタジー「指輪物語」の主人公フロド。指輪破棄の使命をおびた彼が、ホビット庄を出発し、帰還するまでの果てしない冒険の旅の道程を、詳細な地図と解説でたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

バーバラ・ストレイチー

略歴
〈バーバラ・ストレイチー〉1912〜99年。イギリスの著述家。BBCに長く勤務し、74年に退職後、著述活動を始める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

『指輪物語』を読み返す時は、ぜひ手元に

2003/12/29 01:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ひとつの指輪を放棄する長く困難に満ちた旅の途中で、ふと自分が(というよりはフロドや馳夫やガンダルフたちが)いったい中つ国のどこいらへんに居るのか、判らなくなって混乱したことはないだろうか。子供の頃の筆者は、文庫各巻に掲載されている地図と本文を首っぴきにしながら、それでもしょっちゅう迷子になって困ったものだった。
 フロドたちの足跡が判る詳しい地図があったらなあ。ずっとそう思っていたものだったが、それは他の人も同様だったらしい。そして本書の著者バーバラ・ストレイチー氏は、思いが嵩じて実際に地図帳を作ってしまった。子供の頃に本書が出ていたら良かったのにと思う。邦訳されるまでに20年以上もかかっているとは、実に残念なことだ。

 本書には、フロドが1418年の9月23日にホビット庄を出発し、翌年10月30日にホビット庄に帰ってくる長い旅路のすべてが(それから後日談と、2年後のフロドの旅立ちも)詳細な地図の上に日付とイベントメモ入りで記されている。その数、中つ国全体図も含めて51枚。50の章に分けられた旅路の各ルートは、ストレイチー氏が『指輪物語』本文や関連書を研究した末にはじき出したものである。例えばこんな感じで。

>>(トールキンの図ではホビット庄と水の辺村は4マイル離れているが)
>>私はホビット村と水の辺村を近づけて描いた。というのは〜中略〜ビルボは
>>これを10分で走りきっている。したがって、もし4マイルだったら、
>>すばらしい世界記録を樹立したことになる。彼の足の短さを考えれば
>>なおさらであろう。

 もちろんストレイチー氏は可能な限り『指輪物語』本文に添った分析を試みているし、実際、どうしても解釈困難な場所はほんのわずかだったそうだ。トールキン氏の描写が首尾一貫していることには少々驚かされる。なにせストレイチー氏は本文を読み解いて、月の満ち欠け表まで付けてしまったほどである。1日かそこらの狂いはあるものの、中つ国の満ち欠け周期は地球と同じ「29と1/2日周期」を当てはめることができる、というのだ。よくもそこまで数えたものだ。
 また日本語版では、ストレイチー氏のイベントメモを補強する詳しい解説と、巻末に地図索引もついている。本書だけを再読しても、フロドたちの旅が目の前に髣髴とするようである。

 原著書が出版された同じ年には、トールキン世界解説の決定版とも言うべき『「中つ国」歴史地図——トールキン世界のすべて』の原著も出ている。『シルマリルの物語』や『ホビットの冒険』まで網羅しているので、詳しさと幅広さの点ではこちらの方が勝っているのだが、ページ数が本書の2倍(お値段は2倍以上)あり、ちょっと手元に置いて気楽に参照するというわけには行かないかも知れない。
 そういう理由で、筆者はむしろ本書の方がお気に入りである。贅沢を言えば、いっそ思い切ってソフトカバーにして、価格と重量をもうちょっと減らして欲しかった。そうすれば副読本としての機動性がもっと高まったと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 03:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/22 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/20 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/31 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/14 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/05 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/28 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/11 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/25 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/22 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。