サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黄金の騎士フィン・マックール
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: ほるぷ出版
  • サイズ:19cm/314p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-593-53383-X
  • 国内送料無料

紙の本

黄金の騎士フィン・マックール (ケルト神話)

著者 ローズマリー・サトクリフ (作),金原 瑞人 (訳),久慈 美貴 (訳)

むかし、アイルランドはエリンと呼ばれ、5つの王国にわかれていた。ケルトの神話の代表的な英雄物語として古くから語りつがれてきた、人間と妖精がいりまじって紡ぎあげられた英雄フ...

もっと見る

黄金の騎士フィン・マックール (ケルト神話)

1,728(税込)

ポイント :16pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

むかし、アイルランドはエリンと呼ばれ、5つの王国にわかれていた。ケルトの神話の代表的な英雄物語として古くから語りつがれてきた、人間と妖精がいりまじって紡ぎあげられた英雄フィンの冒険物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ローズマリー・サトクリフ

略歴
〈ローズマリー・サトクリフ〉1920〜92年。イギリスの児童文学者、小説家。59年「ともしびをかかげて」でカーネギー賞を受賞。作品に「ケルトとローマの息子」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこかなつかしい感じのするケルトの神話

2003/03/16 14:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケルト神話というと
魔法使いや妖精が多く出てきて人の信念が理想的で近寄りがたいものだと、ずっと思っていた。はじめに読んだのがイェイツの妖精物語だったからだろうか
サトクリフのケルト神話は竪琴ひきが語るように詩のようにきれいだ。
クールの息子フィンが死んだ父の座であった騎士団の長を取り戻し、騎士団をもりたてて比類のない英雄になり、老いの中で権威を失墜して死んでいくという筋書。
どこかで聞いたことのあるような怪物退治、読んだことのあるような戦いのシーンが出てきて不思議に思った。
それはグリム童話やチベットのものいう鳥、アラビアンナイトなどに影響を与えているような気がしてならない。中でもおもしろかったのは、フィンが犬を怪物から手に入れる場面。コナンという名の大食漢。コナンはケルト人の名前だったか
ホームズの作者、某アニメの主人公…
ディアミッドが死す場面は、呪いから逃れられない運命と言うものを信じているケルトの性を思い知らされた。
フィンの孫オスカがディアミッドをかばって、ケルトの誓いを立てるところがまた感動的だった。命をかけて信念を通すケルトの人々は、再生を信じているからこそ勇敢に戦える。そういう信念を今は魔法と言うようになってしまったらしい。
ハリーポッターで読んだことのある黒魔術がフィンにかけられて彼が命を落としそうになったとき、渡し場で必死に敵と戦った
彼の息子たちに拍手を送りたい。
そしてフィンの老醜は見なかったことにしておきたい。

Yanの花畑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/09 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/16 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/01 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/05 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む