サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミステリなふたり
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:18cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-00907-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ミステリなふたり (Gentosha novels 幻冬舎推理叢書)

著者 太田 忠司 (著)

凶悪犯も必ずオトす美貌の刑事・京堂景子と、家事はお任せ・新太郎夫婦がどんな謎も一挙解決! 社長の後妻が豪邸で殴殺された。現場は鍵の掛かった密室内…。2001年刊の再刊。【...

もっと見る

ミステリなふたり (Gentosha novels 幻冬舎推理叢書)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

凶悪犯も必ずオトす美貌の刑事・京堂景子と、家事はお任せ・新太郎夫婦がどんな謎も一挙解決! 社長の後妻が豪邸で殴殺された。現場は鍵の掛かった密室内…。2001年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

太田 忠司

略歴
〈太田忠司〉1959年名古屋市生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒業。「帰郷」が星新一ショートショート・コンテストで優秀作に選ばれる。著書に「3LDK要塞山崎家」「建売秘密基地中島家」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ウフフなふたりが事件解決!

2003/06/10 10:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 京堂景子は捜査一課の警部補、29歳。夫・新太郎は21歳、イラストレーター兼主夫である。職場では「鉄女」「氷の女」と恐れられる景子だが、家では子ネコちゃんのように、ダンナに甘えまくるのであった。ダンナも優柔不断に見えて、事件を聞けばキリリとしまる。アーティストにしてアームチェアディテクティブの新太郎が、景子の持ち込む難事件をスラリスラリと解いていくミステリ。
 ミステリとしては、ひねりや深みがあるわけではないのだが、著者あとがきにもあるとおりキャラが実に立っているのである。雄々しい景子さんと、たおやかな新太郎クンのペアの魅力で、たとえトリックがすぐに割れたとしてもちゃんと読ませてくれるのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/06 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/29 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/01 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る