サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秘事・半所有者(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/02/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/375p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-116104-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

秘事・半所有者 (新潮文庫)

著者 河野 多惠子 (著)

秘事・半所有者 (新潮文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

誰も知らないケドみんなが知っているコト

2005/08/12 00:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「秘事」というのだから、やはり秘事なのだろう。
昭和30年代に「大恋愛」と言われる結婚をし、まだ戦後の住宅難にあって一間でトタン屋根の家に住み始める。二人で始まる生活、入社した会社の運動会、長男次男の誕生、セピア色のフィルムのように懐かしさを喚起する場面が続くが、それぞれの場面の濃淡や微妙な結びつきの暗示は、小説という手法ならではの細やかさだろう。
海外勤務、東京本社への転勤、広い新しいマンションと運転手付きの車、高度成長期を経る二人は僕にとっては両親の世代であり、同時に年月の経ち方には自分に等身大の感性もあることに気づく。年輪と化した記憶、同世代の感傷、来るべき老いなどがいっしょくたに脳内にスパークする。そのあまりの濃密さに、人生と愛のすべてが納得できるかのようだ。
しかし無論、罠はいたるところに仕掛けてある。「大恋愛」以来ずっと内心に留めて言えなかったこと、ニューヨークで探し求めた寝具、抜糸の記憶、言葉にされた秘事もあれば、二人の暮らしの中の隙間はそれだけでは埋められないことも指でたどらないでも分かる。それは他の誰にも察知できないという、当たり前の事実を淡々と描いてみせた。昭和、平成と続く時代の流れの中に置きながら、ほんの少しの兆しでも視野に感じようものなら読者はドキドキである。僕が一番怖かったのは「ゴム手袋」という単語でした。
同時収録「半所有者」もまた、秘事についての作品。こちらは「秘事」の方の僅かな隙間に埋まってしまいそうな一瞬の場面を、時には河野流のコミカルな手際で、あっけらかんと描写してみせている。秘めた淫靡さとはまた違って、かえってどぎまぎするということになる。こういうファンキーなおっさんになりたいものだ。かわいいとか言うなよ、このやろめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/22 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/02 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/20 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/06 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/08 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る