サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 欧米の小説・文学の通販
  5. 松籟社の通販
  6. 可能性感覚 中欧におけるもうひとつの精神史の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

可能性感覚 中欧におけるもうひとつの精神史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 松籟社
  • サイズ:21cm/480p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87984-223-0
  • 国内送料無料

紙の本

可能性感覚 中欧におけるもうひとつの精神史

著者 大川 勇 (著)

いまだ生まれざる別の現実への扉を開く越境者たち、ムージルとライブニッツ、カント、マンハイム…。現代の生はこの感覚を見失ってはいまいか。現実という固定した枠組みからの超出を...

もっと見る

可能性感覚 中欧におけるもうひとつの精神史

税込 4,536 42pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いまだ生まれざる別の現実への扉を開く越境者たち、ムージルとライブニッツ、カント、マンハイム…。現代の生はこの感覚を見失ってはいまいか。現実という固定した枠組みからの超出をうながす意識・思考についての論考。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

可能性人間の発展はまだ終わっていない

2003/10/05 15:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ユリシーズ』や『失われた時を求めて』と並び立つ二十世紀文学の巨峰『特性のない男』。世紀転換期ヴィーンを生きた「知性の作家」ムージルの手になるこの「哲学者の小説」の主人公ウルリヒは可能性感覚を、つまり「存在することも可能であろうすべてのものを考え、存在するものを存在しないものよりも重要視しない能力」(ムージル)をもつがゆえに特性のない男になる。

 著者によると、可能性感覚は次の三つの要素が渾然一体となった意識感覚もしくは思考能力のことである。第一に、現にあるものを別様でもありうるものと見なすこと、すなわち存在物にたいする「偶然性の認識」。第二に、現実の背後に可能性として潜在する無数の世界を呼び起こすこと、したがって無限の多様性を保証する「多元主義への傾斜」。第三に、現実という固定した枠組みからの超出をうながすこと、いいかえれば現実を虚構化し、これとは別の現実に向かう「ユートピア的思惟」。

 この可能性感覚を生み出した精神史的水脈をたずねて、著者はまずライプニッツの可能世界論へと遡行し、次いで『セヴァランブ物語』(ヴェラス)や『フェルゼンブルク島』(シュナーベル)といった近現代のユートピア文学、さらにはサイエンス・フィクションの流れ、エピクロスやクザーヌスに受け継がれていった世界の複数性の観念をたどる。「可能性人間の発展はまだ終わっていない」(ムージル)。

 そしてフロイトとケルゼンとウィトゲンシュタインを、とりわけマッハを生んだ世紀転換期オーストリア=ハンガリー二重帝国の知的風土を丹念に叙述し、最後にマイノングやマンハイムとの親和性を論じながら「実験意識にもとづいたユートピア的思惟」──《いうまでもなく、それはユートピアを「可能性」と等置し、さらには「実験」と倒置して、ユートピア生成の過程を「研究者が複合的な現象のなかでひとつの要素の変化を観察し、そこから結論を導きだす」行為と同一視したムージルの思考法でもあった》(426頁)──がもつ現代性、つまり工学の時代において文学的創造力がはらむ意義を論じる。

 独文学者としての領分を大胆に越境していくその姿勢はまことに好ましく、あとがきに予告された後続書、それは「現実を超越する意識」を核心とする教養についての研究だというのだが、これもまた大いにそそられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。