サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

血の味(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-123514-7
文庫

紙の本

血の味 (新潮文庫)

著者 沢木 耕太郎 (著)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

「中学三年の冬、私は...

ジュンク堂

「中学三年の冬、私は人を殺した」。

ノンフィクション作家である著者初の長編小説。ラストまで一気に
読まずにはいられない張り詰めた緊張感。
鋭い人間観察を積み重ねてきた著者ならではの力作。小説という形式を
とることによって著者が描きたかったものは人間の心の中に存在する
言葉にはできない「感情」ではなかったかという感想をもった。

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

自分の顔がいい、と思っている男ほど不快なものはない。もし沢木が醜男だったら、絶対にこんな小説は書かなかった、そう思う。男は顔だけじゃあないよ

2003/06/03 20:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうも、最初に出会った作品で、作家を判断する悪い癖がある。沢木耕太郎は、遅ればせながら手にした『深夜特急』の存在が大き過ぎ、その後読んだ『テロルの決算』、『一瞬の夏』、『天涯』には、今一つ感動できなかった。だから、その沢木が十年以上かけて純文学作品書いていたと知って驚いた。私にとって、沢木は小説家ではなく、ノンフィクション作家だったからだ。

中学生の時、人を殺した少年は、その後、少年院を出て会計事務所に入り、公認会計士の資格を取る為の試験勉強に追われながら、彼の過去を知る妻と家庭生活を送っている。子供にも恵まれ、一見平穏な日々。そうした或る日、彼が乗り合わせた電車の中で、見知らぬ男が車中の少年に向ける視線に苛立ちを覚える。その時、記憶の底にしまってあった過去が顔を覗かせる。

理由も無く苛立つ日々、周囲と自分とのすれ違い。父母の離婚と、何となく選んでしまった父との生活。銭湯で顔を合わせるゲイとの奇妙な腐れ縁。学校で走り幅跳びの出来なくなった自分、それを告げ口する友人。密かに自分に思いを寄せる医師の娘。そこから抜け出ようとする焦り、怒り。

しかし、そういったある意味、異常に緊迫した状況こそあるものの、子供から少年時代にかけてあるであろう、笑いや喜び、友情、愛情などはどこにもない。だから息抜きがない。そして普通の青春小説が持つ、人間の成長の軌跡が欠落している。周囲の人間は、自分を中心に配された「もの」でしかない。

その寒々とした心象は現代ならではのものだろうか。淡々と己の心の移り変わり、事件への道のりを語る姿に、感動ではなく、ほう、そうかといった妙な納得をする。それは、主人公が犯した罪の性質によるものかもしれない。脱稿まで十年かかったという。もしかするとその間、著者のなかの時間も止まっていたのではないか、なぜかそういう印象をもった。いい意味でも、悪い意味でも。

結局、私は誕生日を迎える中学の娘に『深夜特急』を贈る事にした。この出会いを大切にして欲しい、そう思いながら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/05 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/30 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/20 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/21 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/16 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/11 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/13 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/23 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/15 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/18 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/15 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/01 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る