サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. SF・ミステリー・ホラーの通販
  5. 角川書店の通販
  6. 角川ホラー文庫の通販
  7. アリス Alice in the right hemisphereの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アリス Alice in the right hemisphere(角川ホラー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-346403-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

アリス Alice in the right hemisphere (角川ホラー文庫)

著者 中井 拓志 (著)

アリス Alice in the right hemisphere (角川ホラー文庫)

679(税込)

アリス Alice in the right hemisphere

670 (税込)

アリス Alice in the right hemisphere

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

「アキラ」とは似て非なる暴力

2003/04/15 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KNANBA - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫の書き下ろしの形でこれほどの作品が読める我々は幸せである。

7年前に発生した死者を出すほどの大惨事は、たった一人の少女が
“目覚め”たことが原因であった。厳重なシャルターのような施設に
閉じ込めたその少女が、再び“覚醒”してしまう。

デビュー作の「レフトハンド」を読んだ方であれば、同じ研究所を舞台に
似たシチュエーションの話がパニック小説として展開されるものと予想
できるはず。しかしその予想は半ばほどで裏切られる。

表面的に読んだ場合、本書は大友克洋の「アキラ」をイメージさせる。
「アキラ」も「アリス」も人の形をしているが人間ではない、まるで異質な
ものであり、その内面を想像することは不可能である。
例えば「アキラ」は過剰なまでに書き込んだ“絵”によりクライマックスの暴力を
表現して、それに成功している。しかし作者はこの作品において、文章による
描写でそれを再現または超えるつもりはまるでない。タイトルこそ「アキラ」に
(あえて?)似ているものの暴力の質が完全に異なる。

ここでは過剰にまで書き込まれた論理による言葉の暴力で、それらが実現されて
いる。描かれるのは、リアリティなどの脆弱なものは吹き飛ばされてしまうほど
異常な(または極めて正常な)論理による世界観の構築にあり、その世界の謎解き
と解説こそが本書のクライマックスなのだ。読者はそこで現実崩壊と再構築を
経験することになる。

実際に作者は、現実世界の仕組みを地の文ではなく登場人物たちに語らせる。
彼らはそれを犯人を指摘する名探偵のように、華麗に謎解く。ところが、
それらの指摘はあくまでも可能性の示唆であり、事実として断言される
わけではない。それならば、登場人物2人に対話させる必要など無い。
一度解説の終ったはずの事実が“揺らいで”しまうことによる読者の心地悪さ
こそが、この小説が目指すホラーとしてのありかたなのだろうか。

表面的にも十分楽しめるが、ぜひ深読みをしていただきたい。思ったよりも濃い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思考実験書としては文句なしに面白い

2003/06/29 21:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 比室アリス。あまりにも危険なそのサヴァン能力のために、地下深く作られた秘密のシェルターに幽閉されて眠り続ける美少女。彼女がその眠りから目覚めて歌い始める時、7年前、60人あまりが犠牲になった「瞭命館パニック」の悲劇がふたたび繰り返される…。

 野暮を承知でアナログを想像すると、さしずめ「一般的CPUの処理能力をはるかに超えた質・量のデータを、一種の圧縮コードを使ってムリヤリ食わせたらハングってしまった」というところだろうか。
 人間の脳はそう簡単にはリセットできないのだから、これは怖い。物語前半で畳み掛けるように描写される意識の崩壊シーンのイメージは圧倒的である。虚無から湧き上がる白い蝶の大群と虹の乱舞も、美しいだけにぞっとする恐ろしさに満ちている。中井拓志氏独特の文体に違和感のない人ならば、この部分だけで一級のパニックホラーである。

 ただ後半に関しては印象が分かれるだろう。
 登場人物の口を借りて「言葉により世界が崩壊する」という現象の論理的解説がなされるのだが、その論拠となっているものは言うなれば「擬似脳科学」「擬似認知科学」なのではないだろうか。
 その辺を踏まえつつあえて挑戦を受け入れられる人にとっては、ここはまたとない思考実験のチャンスとなる。しかしこの前提に引っかかりを感じる人は、何かしら肩透かしを食ったような未消化なものを感じてしまうかも知れない。

 恐らく中井氏としては確信犯的にこういった手法を採っている。だからあえて乗せられてみるのが本書の正しい楽しみ方であると言えよう。だが、ホラーとしての完成度を追求するとすれば、論理的解決はつけずに「なぜアリスの歌が致命的威力を持っているのかは一切不明」でも良かったように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/27 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/26 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/08 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/26 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 02:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/16 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/09 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/29 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/22 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/08 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/16 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る