サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. ビジネス社
  6. 三国志勝機をつかむ人間学 〈四大会戦〉徹底検証

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三国志勝機をつかむ人間学 〈四大会戦〉徹底検証
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: ビジネス社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8284-1035-X
  • 国内送料無料

紙の本

三国志勝機をつかむ人間学 〈四大会戦〉徹底検証

著者 守屋 洋 (著)

乱世を戦った群雄の明暗を分けたものは何だったのだろうか。三国志の時代に行われた主な戦いを通して、三国志の時代とその人物たちを描く。1982年ダイヤモンド社刊「三国志」の改...

もっと見る

三国志勝機をつかむ人間学 〈四大会戦〉徹底検証

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

乱世を戦った群雄の明暗を分けたものは何だったのだろうか。三国志の時代に行われた主な戦いを通して、三国志の時代とその人物たちを描く。1982年ダイヤモンド社刊「三国志」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

守屋 洋

略歴
〈守屋洋〉1932年宮城県生まれ。東京都立大学人文学部中国文学科修士課程修了。著述・講演に活躍。著書に「十八史略の人物列伝」「論語の人間学」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代社会に通底する三国志群雄の人間戦略

2003/03/17 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:担当編集者 - この投稿者のレビュー一覧を見る


勝ち残るもの、滅び去るもの──乱世を戦った群雄の明暗を分けたもの、それは何か。
三国志史上最も重要な会戦「官渡」「赤壁」「夷陵」「五丈原」の戦いにみる必勝・不敗の人間研究。興亡の一戦で躍動する個性ある群雄たちの人間的魅力が満載。
また人間戦略の宝庫でもある三国志、特に四大会戦には「統率力と決断力」「読みと信念」
「外交と人材登用」など現代に通ずる人間兵法がふんだんに盛り込まれている。
三国志ファンのみならず、現代を生きるビジネスマンのための新しい兵法書としても最適の一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む