サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182308-6
新書

紙の本

蜜の森の凍える女神 (講談社ノベルス)

著者 関田 涙 (著)

【メフィスト賞(第28回)】大学生らが集い吹雪の山荘で行った「探偵ゲーム」。余興のつもりが、翌朝現実の刺殺死体が発見されて事態は一変し…。ヴィッキーという仇名を持つチャー...

もっと見る

蜜の森の凍える女神 (講談社ノベルス)

税込 924 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【メフィスト賞(第28回)】大学生らが集い吹雪の山荘で行った「探偵ゲーム」。余興のつもりが、翌朝現実の刺殺死体が発見されて事態は一変し…。ヴィッキーという仇名を持つチャーミングな女子高校生が活躍する、メフィスト賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

関田 涙

略歴
〈関田涙〉1967年横浜市生まれ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価2.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

タイトル論に発展・・・?

2008/02/13 07:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:redhelink - この投稿者のレビュー一覧を見る

 朝起きて、5~7分の1ほど読んで、夜寝る前に気になって全て読んでしまうから、寝る時間がゴリゴリ削られる辛い生活が続いています。睡眠時間が少し短いのより、体の疲れがとれにくいのはなぜでしょうか・・・。まだまだ若いはずなのに。

 さて、今回の本の選択もタイトルですよ。タ・イ・ト・ル。雪国での何かとは想像しましたし、ちょうど今ぐらいの季節にはぴったりでしょう(読書日は二月でした)。そして、そこから連想されるのは、山小屋で起こる密室殺人とか、まさかそんなベタなことを・・・しちゃいましたよ。それでもその方法を色んな作者が取り入れているということは、やはりベタだけれども、読者への挑戦として使うにはいいと判断されているからでしょうか?

 この話は、女子高生二人と片方の弟で中学生の計三人が知り合いの別荘へプチ旅行するという設定です。季節はずれの大雪で、仮宿を求めてきたサッカーサークルの大学生。大学生の仲は皆が皆よさそうには見えない。大雪なので部屋にこもっていたら、大学生の一人が、女子高生の一人であるヴィッキーに推理ゲームを仕掛ける。模擬殺人が行われ、その動機について当てられるかが勝負。明日のランチか一日デートかを賭けて。そして一夜が明けて・・・。という風に話が進んでいきます。

 感想。大学生の人間関係の描写は割と細かく書かれていたのではないかと思います。今回は特に殺人に直接かかわるので、なおさら重要なファクターですしね。金持ちの令嬢、才色兼備な人、性格に少し癖のある人・・・現実とは少し離れている気はしますが、十分に共感できる設定です。

 最近の私は立て続けにミステリーを読んでいるせいで、読んでいるときに抱く違和感が少し鋭敏になっているようです。会話に違和感があるところがいくつかありました。これを書くとネタバレになるので伏せますが、物事を注意してみてみるというのは難しいと、改めて思いました。殺害方法についてはこれかなと思っていたやつでしたが、動機については、読者には最初からわかるようにはできていない点が引っかかりました。文章で読者を騙す手法のそれとは違い、最後の探偵役による犯行の手口の披露時にわかる情報を知らないと、動機がわからないのはフェアでないと感じました。

 最近の私のミステリーに対する姿勢としては、読者に対してフェアかどうかということと、タイトルに読者がわかるような意味が込められているのかどうか、という二点を特に重視しています。前者は私の勝手な価値観(恐らく今は特に熱いだけでしょう。今後は熱が引いていくはずです)から来る視点ですが、後者はそういう一時の感情とは違うと考えています。限られた人間が犯人ならば、必ず動機があるように、タイトルをつけた作者にも、何らかの意図があるはずだと考えます。言動には必ずといっていいほど意味が込められます。漠然としていてもいいんです。読了してタイトルに戻ったとき、ぼやっとでも意図が掴めることができたならば、それはいい読書だったのかなという価値観が、浮上しています。それはもっともっと読書を深めて、私の読書の幅を持たせないといけないと思います。そんなことを少し知ってみようかなと思う方がいたら、この小説を私は薦めてみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いや、わかりませんって。

2008/12/01 21:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんだかいやな感じがする真相とトリックである。小説の題材としてはおかしくはないんだけど、ミステリの題材としては使ってほしくはなかったと言ってしまう。こういう所にミステリの芸術性があるようで、でもそれは結局の所現実を入れたくないという私の中の傲慢さが見えてしまっているようで嫌になる。私はそういう気持ちをもった。

 関田涙作『蜜の森の凍える女神』は、第28回メフィスト賞受賞。別荘に遊びに行った女子高生たちが事件に巻き込まれる話だ。舞台は雪に閉じ込められた山荘。そこに大学のサッカーサークルの面々が雪から逃げる形で転がり込む。そして行われる殺人。物語の背景として浮かぶある芸術家の生涯。

 叙述トリックが使われていますが、これは、確かに叙述トリックかもしれないけど、いくらなんでも気付けないんじゃなかろうか。
 作者はこの叙述トリックこそ一番のびっくりポイントだ!みたいに書いているけど、そのトリックのおかげで気付くことができた犯人の「回収しきれなかった犯行の形跡」が…確かに密室を解く鍵だとは思うのだが。だが。だが。些細なポイントに大げさに驚いているように見える。読み込みが足りないのかなー。
 また、その「叙述トリック種明かし」からの事実があるのだけど、それがまた、っていうか本当に地の文で嘘ついてませんか?

 これらとは別に、冒頭の件なのだけど、女子高生探偵やら、ヴィッキーやら、かわいらしい「読者への挑戦」を出していても、その実、いや、その分事件の真相及び動機の生々しさに裏切られた気分になってしまったのは事実。ひどい事件だ、と思ってしまったのは負けかも。最初っからがつがつとバイオレンスやら欝から、そんな感じで責めてきていない分、ギャップがあった。あのラストの情景こそが嫌であり恐ろしく、あのラストの誠君の感情こそが、切ない。

 そんなこんなで愚痴ばかり書いてしまった。読みやすかったけど、すーっと上っ面を滑っていった感があり、良いコメントが書けない。

 ただ、ヴィッキーの本当の名前を知りたいから続編があったら読んでみたいとは思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/20 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/05 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/10 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/30 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/18 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/04 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/01 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/22 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/21 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/14 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/28 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。