サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 幻冬舎
  6. 幻冬舎文庫
  7. これでもシラを切るのか北朝鮮

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

これでもシラを切るのか北朝鮮(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/317,12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-40331-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

これでもシラを切るのか北朝鮮 (幻冬舎文庫)

著者 石高 健次 (著)

これでもシラを切るのか北朝鮮 (幻冬舎文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジャーナリストの執念を感じるが

2003/03/07 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 筆者は,韓国諜報機関高官から被拉致少女・横田めぐみ情報をリークされ,第一報を書いた当事者.

 「月に向かって吠える狂犬の鳴き声」呼ばわりして報道を捏造だと言い張る平壌放送.
 拉致犯まで逮捕されているにも関わらず,日本警察が長い間,隠していた久米裕事件.
 日本の警察が指名手配している北朝鮮スパイ朴が成りすましていた,現在も行方不明の小住健蔵.
 徐勝も利用した,能登半島スパイ潜入・脱出ルート.
 拉致作戦実行の合図である歌謡曲を流す平壌放送.
 逮捕されるも,不起訴になった拉致実行犯.
 北朝鮮にいる肉親を人質にして,在日朝鮮人に協力するよう脅迫する北朝鮮スパイ.
 一通の手紙でスパイ扱いされ,処刑された北朝鮮帰国者.
 金正日から直接口頭で拉致を指示されたスパイ辛光珠
 雇い主から拉致対象として推薦された被害者,原棘晃.
 韓国で辛光珠事件の判決が出ていても,今ものうのうと暮らしている辛光珠の日本の共犯者達.
 金賢姫証言で明らかになった,複数国に跨る拉致被害者達.
 「良質の映画を撮りたいから」と,金正日が申相玉監督拉致を指示した理由を語った肉声テープ.
 レバノン政府の強硬姿勢で拉致を免れた同国の女性.
 '80年には既に出ていた拉致疑惑.
 「親が殺して始末したのではないか」などと陰口を叩かれたこともある,拉致被害者の家族.
 筆者にリークする前に日本警察庁へ通報していた韓国諜報機関と,それに反応しなかった警察庁.
「拉致してきたら,あまり泣き叫ぶので,殺されて海に捨てられた人もいる」と証言する亡命工作員.
 米支援を盾にすることもできなかった日本政府.
 脱出しようとして北朝鮮海軍によって一家皆殺しにされた日本人妻と,それをアムネスティに明かした北朝鮮当局.
 矛盾だらけの北朝鮮公式発表.
「引越しの途中,列車事故で死亡」と公式発表された北朝鮮日本人妻の一家と,その事故地点が引越し経路上でないという不可解.
 百名近くが「反革命罪」で銃殺された在日朝鮮人帰国者.
 日本人拉致に勤しむ「よど号グループ」
 拉致した日本人は合計50人を越すと,日本の工作員に漏らした平壌の幹部.
 兵庫県議会でも取り上げられた,拉致被害者?,田中実.
 安倍晋太郎が外務大臣の頃,拉致被害者に会おうとしたのを外務省に止められた、と怒る安倍晋三
「日本は少し譲歩すれば喜ぶ」と,日本外務省の聴取に答える亡命者,ファン・ジャンヨブ・元北朝鮮共産党書記

 本書は,このジャーナリスト石高氏の執念を感じるが,やや情緒過多か.被害者の遺族の感情を煽っているかのような部分も.

 買え.【関心率51.41%:全ページ中,関心を引く記述あるページが,当方にとってどれだけ存在するかの割合】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する