サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. ちくま文庫の通販
  7. 内田百間集成 6 間抜けの実在に関する文献の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

内田百間集成 6 間抜けの実在に関する文献(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/437p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03766-7
文庫

紙の本

内田百間集成 6 間抜けの実在に関する文献 (ちくま文庫)

著者 内田 百間 (著)

内田百間集成 6 間抜けの実在に関する文献 (ちくま文庫)

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

間抜けの実在に関する文献 9-28
百鬼園師弟録 29-37
学校騒動記 38-45

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

百間とおともだちたち

2003/07/11 23:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:行方知れズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

百間の、「人」に関するエッセイ集。教え子や同僚、友人、息子などについて書かれたもの。
これがなんだかいつもの百間のエッセイとすこし様子が違う。どこかウエットで、いつものあの、こちらがボウセンとしてしまうような豪快な言い放ちや偏屈さがなりを潜めているように思われる。
それはおそらく、ほとんどが回想というかたちをとっており、登場する人とのうしなわれた関係を振り返るという質の文章だからなのだろう。
それでもやはり関わった人たちとの思い出のなかには、百間ならではのはちゃめちゃなエピソードが盛りだくさんで(深夜、教え子との飲み会の帰りに他の教え子の家にこっそり墓場からひきぬいてきた卒塔婆を投げ込んだり…)その筆致はいつものあの豪快な偏見にみちたものだし、充分たのしめる。親交のあった著名な人々、芥川龍之介や、宮城道雄との関わりなどでも、まったく無謀な思い出がたくさんで(盲目の音楽家宮城道雄との闇なべのエピソードは読んでいるこちらがすこしこまってしまうほど)いつものように大笑いするのだが、大笑いののちに一抹の薄寒さ、寂しさが残るのだ。
その読後に覚える哀切、一抹の寂しさは、百間がはちゃめちゃな接し方をしたひとびとに対して、そのひとたちにしかけたいたずらや罵詈雑言が度を越しているのと同程度に、強い愛情を持っていたことを示しているように思う。月並みな言い方になってしまうけれども、百間の人間にたいする愛の強さを、感じるのだ。
けっして大上段にふりかぶって、うしなわれた関係を惜しんだりすることなどは無いのだけれど、すくない言葉のなかに万感こめられているのが感じられる。芥川の自死について「余り暑かったから死んでしまったのだと考え、またそれでいいのだと思った」という言葉などは、芥川への愛と誠実さを如実にしめしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

唐突の美学

2004/09/22 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脇博道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なにはともあれ、なにごとも唐突に始まってしまうのであるから
居心地がよい場所に安住している余裕もありはしないのではある
が、砂利場の宿に身をひそめて隠れているときでさえ、百鬼園
先生の振る舞いは、どうにも隠遁などという事の静かな状況とは
程遠く、周囲が勝手に怪し気な動きをしてしまうのかはたまた先
生の振る舞いが、そのような事態を呼び寄せてしまうのかそのあ
たりの消息は何度読んでも境界線がどうにもぼやけていて不可思
議きわまりないのであるが、本書のように先生の知人、友人、恩
師その他おおぜいが、そのような事態にかかわってくるとなると
読者も興味しんしんという事になる。唐突に奇妙な人々が周囲で
こうもさまざまな行動を起こされると通常の認識としてはやりき
れない思いになる事もないわけではあるが、ここはそれらの人々
の一枚も二枚も三枚も上手をいく先生のこと、ときには淡々と
ときにはあつく、そしてときには哲学的分析を踏まえて語りつく
してしまうのはさすがというほかないのであるが、なにも当人は
ただの傍観者であるわけでは絶対になく、大概のケースにおいて
はそれらの人々も吃驚するような振る舞いをなさっているのであ
るからお互い様ということにもなりかねない。だが、よく読んで
みるとなんと先生は人間としての矜持を持ち合わせた大人なので
あろうと感嘆するべきエピソードも有り、不条理な笑いを誘発す
る話のみに拘泥していると足元をすくわれかねない大きな振幅そ
のものが百鬼園エッセイの勘所といえると思いつつも、またもや
笑いがこみあげてきてしまうのはいかんともしがたく、どうした
らこんなに面白い文章が書けるのだろうという羨望がちらりとあ
たまをかすめても、そのような小生の無能力さに諦念を感じさせ
るすきもただ一瞬の事であり、再び使用されていることばひとつ
ひとつに酔うがごときある種の境地に入らせて頂けるのはやはり
百鬼園先生のエッセイをおいてはほかには寡聞にしてあまり思い
当たらないのが目下のところのいつわざる本音である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

間抜けによる間抜けのための間抜けの独白

2003/04/14 19:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、無条件にタイトルに惹かれます。
「間抜けの実在に関する文献」…
更に、その著者が、あの百鬼園先生こと内田百間ですから、てっきり、
間抜けの実在をご本人で証明されているのかと思いきや、違うのですね。
それにしても、百間先生から間抜けと実在と断ぜられる人物の行動とは…
まずは一読あれといった所です。

収録されている随筆の多くが横須賀の海軍機関学校の教官時代や、
法政大学の教官時代の学内の内紛に巻き込まれた話なのですが、
実際には心痛いかばかりかと思われるような内容も、絶妙な語り口から
何かほのぼのとしたものを感じさせてしまうのは、百間先生の人柄のなせる技ではあるのでしょう。
まあ、実際に知り合いにこのような人物がいたら、
さぞや付き合いにくい相手ではあったかと推察されますが(苦笑)

特に同じ漱石門下生で海軍機関学校の教官同士でもあった芥川龍之介との交友については、晩年の芥川の悲劇的な心理状況が飄々として文体で描写されていて、逆になんとも鬼気迫るものを感じずにはいられませんでした。
また、法政大学騒動の張本人でこれも同じ漱石門下生の森田草平との交遊録も、ある意味抱腹絶倒で、こんなものを書かれてはプライバシーもへったくれもあるまいと思わせるようなエピソードもあり、百鬼園先生、ここに健在!と思わず膝を打ちたくなるような爽快な気分にさせられました。
長期不況で暗澹たる未来像しか思い描けない今の世の中で、ちょっと一息つくつもりで立ち止まって読んでもらいたい随筆集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/18 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/08 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/09 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/31 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/10 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る