サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. サイエンティスト社
  4. メルロ=ポンティあるいは哲学の身体

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

メルロ=ポンティあるいは哲学の身体
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: サイエンティスト社
  • サイズ:21cm/308p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-914903-87-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

メルロ=ポンティあるいは哲学の身体

著者 ベルナール・スィシェル (著),大崎 博 (訳)

構造主義が出現しミシェル・フーコーが登場してくる大戦後のフランスの思想的潮流の変遷の中で、初期の著作から政治的選択を含めた最晩年の著作に至るまでの、メルロ=ポンティの思索...

もっと見る

メルロ=ポンティあるいは哲学の身体

4,104(税込)

ポイント :38pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

構造主義が出現しミシェル・フーコーが登場してくる大戦後のフランスの思想的潮流の変遷の中で、初期の著作から政治的選択を含めた最晩年の著作に至るまでの、メルロ=ポンティの思索の営みを辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ベルナール・スィシェル

略歴
〈スィシェル〉1944年フランスのリル生まれ。文学博士、カン大学教授。専攻は現代哲学、文学理論、精神分析。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

メルロ=ポンティの反哲学的身体論とその政治的実践を解説

2003/04/01 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ベルナール・スィシェル(1944-)の単著は初邦訳である。これまで、目立つところでは『批評空間』第II期18号に、アラン・バディウの『ドゥルーズ』(河出書房新社)についての書評の邦訳が掲載されたことがある。シシェールと表記されることもある(原語の綴りはSichere)。日本ではモーリス・メルロ=ポンティ(1908-1961)の著書は幸いにもほとんど邦訳されており、訳者の木田元氏が卓抜な解説書をいくつか書いてもいるが、フランスにおけるメルロ=ポンティ論の邦訳となるとさほど多くない。メルロ=ポンティが開拓した身体論、知覚論、政治論を丁寧に解説した、スィシェルによる本格的な入門書がこうして邦訳されたことはたいへんに喜ばしい。原著は1982年刊。決して「最近の」本ではないが、議論の質は古びていないし、メルロ=ポンティのアクチュアリティを再認識できる貴重でスリリングな論考である。メルロ=ポンティの思想の特徴は、その横断性にある。倫理学も美学も、個別性も集団性も、理論も実践も、「身体」を通じて、分かちがたく縒り合わされた束として肉化されている。知はこの肉体と生命の中にあり、ここから離れた純粋な思考というものが存在するわけではない。また、その主体は社会と切り離されているわけではないから、身体を通過する思惟はすべからく政治と繋がっていく。形而上学ほど抽象的ではないし、心理学ほど還元主義的でもない。晩年の『見えるものと見えないもの』(みすず書房)で構想された「非哲学」や「非知」は、従来の人文科学的知の体系を解体する試みであったと言えるだろう。ジャック・デリダが哲学の「脱構築」を実践する以前のフランスで、すでにそうした作業を彼は行っていたのである。序文が二つ添えられている。ひとつは数学哲学者のドゥサンティによるもので、彼はスィシェルのこの本にメルロ=ポンティの肉声が響いているかのように感じたと語っている。同時代を生きた彼ならではの回想が印象的だ。いまひとつはスィシェル自身のもの。日本語版のために書き下ろされたテクストである。フランスにおける現象学の独自な展開の一形態としてメルロ=ポンティを限定するのではなく、マルクス主義とのかかわりあいと絡めて、一個の行動する哲学者がたどった変遷を追っているところが、本書の大きな魅力である。

連載書評コラム「小林浩の人文レジ前」2003年3月27日分より。

(小林浩/人文書コーディネーター・「本」のメルマガ編集同人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する