サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 民俗・文化の通販
  5. 九州大学出版会の通販
  6. 憑依と語り アフロアマゾニアン宗教の憑依文化の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憑依と語り アフロアマゾニアン宗教の憑依文化
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 九州大学出版会
  • サイズ:22cm/367p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-87378-763-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

憑依と語り アフロアマゾニアン宗教の憑依文化

著者 古谷 嘉章 (著)

ある人間の体験を憑依霊による憑依として語る「語りとしての憑依」など、幾重にも重ねられた重層的語りの集積として、ブラジルのアマゾン地方の憑依文化を考察する。【「TRC MA...

もっと見る

憑依と語り アフロアマゾニアン宗教の憑依文化

6,264(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある人間の体験を憑依霊による憑依として語る「語りとしての憑依」など、幾重にも重ねられた重層的語りの集積として、ブラジルのアマゾン地方の憑依文化を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

古谷 嘉章

略歴
〈古谷嘉章〉1956年東京都生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。九州大学大学院比較社会文化研究院教授。共著書に「民族交錯のアメリカ大陸」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者コメント

2003/03/19 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:古谷嘉章 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ブラジルのアマゾン地方のアフリカ系の憑依宗教」などと言うと、それだけで好事家だけが関心をもつ奇妙で風変わりな宗教という印象を与えるかもしれません。しかし実際には、アフリカ系の憑依宗教というのは、ブラジル中で日常的に見聞きすることのできる、ありふれた存在なのです。リオやサンパウロのような都会なら、そこここの街角に儀礼用品店があり、憑依霊像や薬草などが売られています。音楽・文学・美術などの面でも、アフロブラジリアン宗教がブラジルの文化に及ぼしている影響は広く厚く深いものです。それとの交渉の歴史こそがブラジル文化を形作ってきたとさえ言えるかもしれません。
そんなアフリカ系の憑依宗教のなかでも、アマゾン地方のそれは、黒人奴隷とともに大西洋を渡ってきたアフリカの憑依宗教の伝統に、アマゾンの先住民族のシャーマニズムも流れ込んで、新旧両大陸の多種多様な憑依霊たちの出会いの場の様相を呈しています。太鼓と歌と踊りの喧騒のなかで憑依し、人々と交歓する陽気な憑依霊たち。深夜の静寂のなかで、静かなマラカスの音に呼びされて治療のために川底や密林の奥からやってくる憑依霊たち。そんな憑依霊たちとの濃密な付き合いの中で人生を送っている人々。本書は、彼らの生きる豊穣な世界を、「語りの共同体」という視角からとらえ、「語られるものとしての憑依」、「憑依宗教の語るもの」の重層的な語りに照準して、「アフロアマゾニアン宗教の憑依文化」を描き出した民族誌です。
他の人々に対する誤解は、しばしば想像力の欠如の結果です。私たちにとって一見奇妙に見える営みを、こちらの慣れ親しんだ理解の枠組みへと押し込めて一方的に消化してしまうのではなく、その「奇妙さ」による居心地の悪さを安易に解消しようとせずに、他の人々にとって意味あるものとして成立している「世界」を想像すること。そうした試みのために、本書がなにがしかの貢献ができるとしたら、旧知の陽気な憑依霊たちも、きっと喜んでくれるに違いないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する