サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/496p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-73458-8
文庫

紙の本

「密室」傑作選 (光文社文庫 甦る推理雑誌)

著者 ミステリー文学資料館 (編)

「密室」傑作選 (光文社文庫 甦る推理雑誌)

税込 817 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

鬼たちの熱気に満ちた「密室」 山前譲 著 6−10
苦の愉悦 竹下敏幸 著 11−16
山沢晴雄 著 17−44

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最近、お墓参りに行っていない人たちに贈りたい

2008/11/26 01:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かつてミステリが探偵小説だった頃の話。愛好家は自分の読んでいる本が推理小説だと知られると、後ろ指をさされると、隠すように本を読んでいたそうです。
 それでもファンはミステリを、探偵小説の妖しい魅力を愛したのです。そういう人たちの愛あって、今、私たちは堂々とミステリを読めるのかもしれません。
 かつていくつもの探偵小説雑誌がありました。「密室」もそのひとつ。「密室」だなんて、なんとストレートで、マニア好みで、読み手を選ぶタイトルでしょうか。私なぞは鼻血が出るくらい嬉しくなってしまいます。
 光文社さんが出している「甦る推理雑誌」シリーズはマニア垂涎のもの。この『「密室」傑作選』ではあの天城一先生の《長編》が読め、《宇田川蘭子》の「呪縛再現」が読めます。
 あぁ、なんと幸せなのでしょう。
 時代に屈しなかった「愛」を持った先人のおかげで「今」がある、というのはなにも探偵小説に限ったことではないでしょう。当たり前のようにある「今」を生きる私たちは、偉大なる先人達に感謝しなければならないのでしょう。
 なんだか、お墓参りに行きたくなってきました。
 たくさんのこの世を生きて、去った、先輩達に感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「圷家殺人事件」が読める!!

2004/02/14 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリ愛好家たちが集まって、同人誌の発行が盛んだった昭和20年代、「密室」もそんな同人誌の一つとして誕生したそうです。本書巻末についている総目次を見てみると、同人誌とはいえその執筆陣はキラ星の如し、すでに忘れられた作家も多いのですが、なんとも豪華な顔ぶれです。
そんな中から本書に収録されたのは作品は、短編が山沢晴雄『罠』、狩久『訣別』、豊田寿秋『草原の果て』の3作に、長編(量的には中編かな)が宇多川蘭子と中川透(どちらも鮎川哲也です)『呪縛再現』と天城一『圷家殺人事件』の2作、マニアが喜びそうなラインナップです。個人的には、読みたくてもなかなか読めなかった『圷家殺人事件』と、名作「リラ荘事件」の母体となった『呪縛再現』が収録されているのが大収穫でした。
原点回帰というか懐古主義というか、本書のように過去の名作ミステリに再び陽を当てるばかりでなく、すでに忘れられた作家・作品の掘り起こしまで盛んになっている昨今、ミステリファンにとっては、なんとも嬉しい限りです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/25 07:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/24 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。