サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バニー・レークは行方不明(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

バニー・レークは行方不明 (Hayakawa pocket mystery books)

著者 イヴリン・パイパー (著),嵯峨 静江 (訳)

保育園から幼い娘が消え、母親は狂気の淵に。特異なムードのサスペンス。オットー・プレミンジャー監督の名作映画の原作を本邦初訳で贈る「ポケミス名画座」第2弾。【「TRC MA...

もっと見る

バニー・レークは行方不明 (Hayakawa pocket mystery books)

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

保育園から幼い娘が消え、母親は狂気の淵に。特異なムードのサスペンス。オットー・プレミンジャー監督の名作映画の原作を本邦初訳で贈る「ポケミス名画座」第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イヴリン・パイパー

略歴
〈パイパー〉1908〜94年。ニューヨーク生まれ。モデル、雑誌編集者を経て、46年本名のメリアム・モデル名義で作家デビュー。49年からパイパー名義で9本の長篇ミステリを発表した。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今見直さるべき邦訳不遇の時代に埋もれていた出色ミステリー

2003/03/26 20:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「黄金時代と現代との間には翻訳の不遇の時代がある」これは本書の解説で紹介されたことがらなのだが、バーネット、バリンジャーとここにきて半世紀ぶりに翻訳が陽の目を見る作家たちを見ていると、まだまだ発掘すべきミステリーの空白地図を埋める娯しみは残されているように思う。
タイトルが表現しているよりもずっと暗黒小説に近い匂いを持った作品である。ラストの仕上げ方という点では、ノワール本来のあり方とは少し離れて謎解きものに落ちついてゆくのだが、それにしても奇妙な最終行であることにはかわりがない。本来味わうべきはそこに至るまでの狂った時間帯だろう。母親の脳内世界の崩壊を不気味に描いて、どろりとした夜の底をゆく怖さがある。
夕方、保育所に娘を迎えに行く母親。朝預けたはずの娘がどこにもいない。保育所の誰も娘のことを覚えていない。入園の記録もない。アパートには娘の服も歯ブラシも存在しない。娘の存在がどこからも消し去られていて、警察は捜査にもならない。母親だけが一心不乱に自分の娘を捜し歩く。狂気のような一夜の決着はどうつくのか予想もつかない。
混乱と緊張が連続し、徐々に狂気の内側に取り込まれてゆくような心理的同調感を覚える。母親が出くわす登場人物たちにも奇妙な感覚が感染してゆくために、だれもが何かをやらかしそうな破滅的気配がつづく。ぴんと張りつめた謎の糸。次第に暴力の気配が漂い始める。血と銃。最後の最後までロジックを度外視したような深夜迷宮。読み出したら止まらないスリル溢れる真夜中のミステリー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する