サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 旅行・地図
  4. 海外旅行ガイド
  5. 昭文社
  6. 香港 マカオ ’03−’04年版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

香港 マカオ ’03−’04年版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 昭文社
  • サイズ:21cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-398-11455-6
  • 国内送料無料

紙の本

香港 マカオ ’03−’04年版 (個人旅行)

香港 マカオ ’03−’04年版 (個人旅行)

1,697(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

国際都市として大きな変貌を遂げつつ、返還以前と変わらぬパワフルな香港人魂と人情に溢れる街・香港への誘

2000/08/15 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:橋本光恵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 90年代に入ってから、仕事の関係で香港に頻繁に行くようになったが、最初に手にしたのがやはりこの『個人旅行』シリーズのガイドブックだった。改めて最新版を読むと、香港のこの10年の変貌ぶりを感じて、何か感慨無量になる。97年の中国返還という歴史的な大きな出来事を経たわけだから変貌は当然だが、“期限付きの都市”とダイナマイトを抱えたような表現をされ続けてきた香港が、その期限を過ぎた時に初めて、すべては“仮り”ではなかったということを確信したのも確かだ。街の様相は変わっても香港人魂は不変なのだ! いずれにしても、世界で最もパワフルで逞しい香港ピープル、そして国際都市と庶民情緒を併せ持つ香港への興味は尽きない。

 2000年を迎えて、急速な変化を見せ始めた朝鮮半島への興味と比べると、世間の香港への注目度はイマイチの感があるが、98年に失速した景気も盛り返しつつあり、映画や音楽などのサブ・カルチュアに関しては、量より質の方向に進み相変わらずアジアの拠点的な役割を担っている。香港に行ったら単なるツーリストで終わるのではなく、香港の文化や人々にも興味を持って生活の中に溶け込んでほしいと思う。日本にいては絶対感じえない、“その日を楽しむ”というパワーが伝わってくるはずだ。もちろん、世界でも有数のホテルが集まっているカオルーン(九龍)側のチムサアチョイ(尖沙咀)や香港島のセントラル(中環)からコーズウェイ・ベイ(銅灣鑼)にかけての地域を中心に行動し、贅沢なホテルライフを満喫するのも一つの魅惑だが、それだけでは香港の本当の姿は見えてこない。やはり地元の人が群れ返るモンコク(旺角)やヤウマアテイ(油麻地)辺りの露天市や屋台をたっぷりと散策してほしい。このガイドブックには、香港のグローバルな面から、下町人情溢れる街路の詳細まで地域別に拡大地図を明記しながら網羅されていて、香港を多彩な角度から味わうことが可能だ。まず、イントロ的に「トラベル・インフォメーション」の項から始まり、気候、香港の慣習・マナー、年中行事、旅行者のためのアドヴァイス等、出発前に知っておきたいことが20ページほどに記され、次は新空港に到着してから市内に入るまでの交通事情、そして「九龍/香港島 街の歩き方と観光」の項で先ほどの地域別の解説が50ページにもわたって成されている。他の地域では「新界/島々」として、リゾート地のサイクン(西貢)や新興住宅地のトゥンムン(屯門)、ラマ島(南Y島)等が紹介されている。そして「ホテル」「レストラン」「ショッピング」の項へと続き、殊に「ショッピング」に関しては、ブランド別に表になるなど行き届いているが、日本での香港人気の大きな要素である「エンターテインメント」の情報が古く、ページも10ページほどで終わってしまっているのがちょっと残念だ。そして、1999年12月にポルトガルから中国に返還されたマカオも、ギャンブルに頼るひなびた街から大きな変貌をとげようとしていて、要注目である。項目は香港とほぼ同じだが、全部で50ページほどの配分。最後に香港と接する中国の「広州」等も付記されている。 (bk1ブックナビゲーター:橋本光恵/アジアン・ポップス Mag.編集長、評論家 2000.08.09)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア ランキング

アジアのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む