サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会学
  5. NTT出版
  6. パスワード 彼自身によるボードリヤール

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パスワード 彼自身によるボードリヤール
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:20cm/148p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-0090-6
  • 国内送料無料

紙の本

パスワード 彼自身によるボードリヤール

著者 ジャン・ボードリヤール (著),塚原 史 (訳)

「象徴交換」「価値」「ヴァーチャル」「不可能な交換」「カオス」「終末」などのボードリヤールの思想のキーワードを、ボードリヤール自身が、それぞれについてコンパクトにわかりや...

もっと見る

パスワード 彼自身によるボードリヤール

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「象徴交換」「価値」「ヴァーチャル」「不可能な交換」「カオス」「終末」などのボードリヤールの思想のキーワードを、ボードリヤール自身が、それぞれについてコンパクトにわかりやすい言葉で解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャン・ボードリヤール

略歴
〈ボードリヤール〉1929年フランス生まれ。80年代末までパリ大学ナンテール校で教授(社会学)を務める。著書に「物の体系」「生産の鏡」「宿命の戦略」「象徴交換と死」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あなたのパスワードは……J・Bです。

2003/09/25 10:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脇博道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「パスワードがまちがっています。再度入力してください」
「パスワードは定期的に変更されることをおすすめします」
「このパスワードでは認証できませんでした。窓口へおこしください」
高度資本主義社会において人は複数の人称を有することが要請される。
シミュレーションにつぐシミュレーション、そして無限のシュミラークル
を自己のアイデンティとして生産しながら日々を生き抜いていかねばなら
ない。エンドラインは日々更新されるため完全に見えるときはない。

70年代後半から、ボードリヤールが提起し続けてきたパスワード=
キーワードは今日、電子的交通がグローバル化することによりますます
加速された強度を持って眼前に立ちつつある。氏もまた、その加速度
に合わせるかのように驚異的な速度で数々のテクストを提出してきた
し、現在でもその速度は遅延することはない。

その数々のテクストを読むあるいは再読する(読書におけるシミュレー
ション?)にあたり、本書は最適なマニュアルとして位置づけられる。
即時性を生命線として書かれる氏のテクストは時に勇み足として認識
されることもあるが、通常ゆっくりとした足取りで考察を行なう手法
が多い現代哲学において、ニュースペーパーのごとき速度でテクスト
を生産し続ける氏のスタンスは貴重であり、読者も即時反応すること
が要求されるのであれば、本書を手元に置いておくことはパスワード
を忘れてはならないように必須の事項といえる。

さて折角、本書を手中にしたならば、氏の軌跡の原点にとりあえずは
遡行してみたい誘惑に駆られる。「誘惑論序説」「生産の鏡」
「シミュラークルとシミュレーション」「宿命の戦略」などなど、そして
「完全犯罪」「不可能な交換」などの近作に至るまで。
と、ここまで記述してきて、おおっ、なんと氏のテクストを読み解くため
のパスワードを何度となく小生は使用しているではないか!
どうやら氏の戦略にうまくはまってしまったようである。

次の更新時期はいつごろが適当でしょうか? MR.J・B。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/31 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/29 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む