サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

【HB】丸善×hontoブックツリー  丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

五輪の薔薇 1(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-041032-1
文庫

紙の本

五輪の薔薇 1 (ハヤカワ文庫 NV)

著者 チャールズ・パリサー (著),甲斐 万里江 (訳)

五輪の薔薇 1 (ハヤカワ文庫 NV)

864(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世にも稀なる『大翻弄小説』

2003/04/11 10:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キムチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文庫版で4冊分。超弩級大作ゆえに読者に強いる労力も半端なモノじゃないってこと(~_~;)。これほどまでに難渋したのはキングの『IT』以来でしょうか。とは言っても辛く苦しい訳じゃなくて、読み手を鍛える厳しさを受け止める楽しさとでも言いましょうか。並の小説数冊分がゆうに飲み込まれてしまうほどの奥行きの深さに呆然としつつ、世にも稀なる『大翻弄小説』に身を任せる『もう、どうにでもしてっ!』という感覚を存分に味わい召されよ!

 メランフィー母子の辿る数奇なる運命。波乱万丈! 狂瀾怒涛! あなたは誰? ここは何処?状態が読者に情け容赦無く波状攻撃を仕掛けてくるのだ。幾層にも織り成された謎が立体ジグソーパズルとなって、何世代にも渡る英国貴族一族の血で血を洗う骨肉の争いに知的な要素を注入する。それに付けても複雑怪奇な血族構成。だからこそ面白い。 ハッファム荘園を巡る相続遺産の行方は、ラストまで誰にも分からない。複数の遺言書の存在。命を賭けて奪取した遺言書は、次の遺言書の存在であっさりひっくり返り、そして次なる謀略が密かに発動するのだ。絢爛たる19世紀英国貴族の世界に繰り広げられる暗闘。 暴かれる暗部。裏切りの街角ロンドン。いやはや興奮。下巻に入ってからの展開が、ほとんどジェットコースター状態。凄いぞ、これ。

 ボディスナッチャーにショアハンター。ロンドン・アンダーグラウンドの世界が、貴族社会から離れてディープに描かれる。こういう世界が小説で明らかにされるのは、なかなか得難い読書体験ではある。知らなかったもの、19世紀の英国階級社会の最下層の存在なんて。どんどん下へ下へと落ちて行くメランフィー母子の悲哀が、これでもかこれでもかと書き込まれた上巻の呪縛を解かれてから、物語は一気に佳境に入るのだ。だからこそ、読み始めた方は最後まで諦めないで欲しい。ここが辛抱のしどころなのだ。とにかく分かり辛い家系図。誰が誰の親で、誰の親戚だって? 詳しく表にして巻末に掲載されているのだけれど、ジェオフリー・ハッファムの遺産は、すべてこの家系の謎に包まれているのだから、読みながら確認するのを忘れないで欲しい。ああ、ジョンはこの人の子供なのかって、ね。そこまで確認しても実は…の世界がそこから延々と続くのだから。タイトルからしてオリンピックみたいなものだからして、読者として参加することに意義がある…と言っておこう(^_^;)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。