サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. ダイヤモンド社
  6. グロービス・マネジメント・レビュー Vol.2(2003spring) ナレッジ・マネジメントの新潮流

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グロービス・マネジメント・レビュー Vol.2(2003spring) ナレッジ・マネジメントの新潮流
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:28cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-41025-9
  • 国内送料無料

紙の本

グロービス・マネジメント・レビュー Vol.2(2003spring) ナレッジ・マネジメントの新潮流

著者 グロービス・マネジメント・インスティテュート (編)

グロービス・マネジメント・レビュー Vol.2(2003spring) ナレッジ・マネジメントの新潮流

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社コメント

2003/03/17 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイヤモンド社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今号では、MBAシリーズPLUSのコーナーで「リアル・オプション」「CRM」「ナレッジ・マネジメント」の三つを取り上げた。いずれも、我が国にこれらの考え方が導入されてから数年が経っている。それゆえ、このトピックス選定について、「なぜ、いま?」と思われる方がいるかもしれない。
しかし、そうした方には以下のように問いたい。「あなたは、それらのツールの内容、活用方法をしっかり他人に説明できますか」「導入初期に話題になった後、どのように現場で応用されているかフォローしていますか」と。その本質を正しく理解している人、最近の動向を把握している人、ましてや自ら活用して成果を上げている人は少なく、「バズワードとして聞いたことはある」、あるいは「ちゃんと説明しろと言われたら難しい」という人がほとんどだろう。
言うまでもなく、ビジネスにおいて重要なのは、「正しい知識に裏打ちされた行動」だ。しかし、行動ばかり速くしても、正しい知識に基づいていなければ、一度成功したとしても再現性は低い。
常々問題と感じているのは、最近の新しい経営ツールやフレームワークの多くが、人々に表層的に解されるだけで、「実務に本当に使える道具」としてなかなか浸透していかないことだ。そうした経営ツール自体が発展途上、実験中であることを割り引いても、多くのビジネスパーソンの腹に落ちきっていないのはなぜだろうか。
いくつもの理由があろうが、一つには、経営ツールやフレームワークを「ブーム」として扱い、ちょっと導入結果が思わしくなければすぐに反動的対応をとってしまう人々(経営者や従業員、マスコミなど)が多いということがあるのではないだろうか。それではいかに有望なツールであっても、誤解されたまま導入されて結果が出ない、結果が出ないからますます誤解を招く、といった悪循環が起こるのも仕方がない。
実は、冒頭の三つのテーマは、まさにこうした悪循環に陥りかねないものである。したがって、「ブームとしてのバズワード」の時期が去った後に、どれだけこれらのツールの本質を理解しているか、どうすれば自社で的確に使いこなせるかを自問しながら読み進めていただきたい。

この春号ではまた、経営や新規事業立ち上げを推進するマネジメント・チーム(経営チーム)関連の論考を、ケーススタディ、HRデザイン、HBRケーススタディの各コーナーにそろえた。これも最近非常に注目を浴びているテーマである。自社の状況に照らし合わせながら、当事者意識を持って読まれることをお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む