サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. ウォーター・ウォーズ 水の私有化、汚染そして利益をめぐって

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウォーター・ウォーズ 水の私有化、汚染そして利益をめぐって
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 緑風出版
  • サイズ:20cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8461-0301-3
  • 国内送料無料

紙の本

ウォーター・ウォーズ 水の私有化、汚染そして利益をめぐって

著者 ヴァンダナ・シヴァ (著),神尾 賢二 (訳)

水飢饉、ダム建設、大洪水、水道民営化、水ビジネス、民族紛争、国境紛争…。勃発する世界水戦争とは? 世界の水戦争を分析し、水問題解決の方向を提起する。【「TRC MARC」...

もっと見る

ウォーター・ウォーズ 水の私有化、汚染そして利益をめぐって

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

水飢饉、ダム建設、大洪水、水道民営化、水ビジネス、民族紛争、国境紛争…。勃発する世界水戦争とは? 世界の水戦争を分析し、水問題解決の方向を提起する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヴァンダナ・シヴァ

略歴
〈シヴァ〉物理学者、環境科学者、平和運動家。93年、ライト・ライブリフッド賞受賞。「科学技術自然資源政策研究基金」理事。著書に「緑の革命とその暴力」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

進行中の水戦争の実態を暴き、水の独占から水の民主主義への転換を提唱(前篇)

2003/04/01 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 断言しておくと、本書は先に刊行された『バイオパイラシー』(緑風出版)とあわせ、現代人必読である。21世紀は「水資源をめぐる争いの世紀」である。これまでクレアの『世界資源戦争』(広済堂出版、2002年)やド・ヴィリエの『ウォーター 世界水戦争』(共同通信社、2002年)などを読んですでに知識のある方も、はじめて読む方にもお奨めしたい。水をめぐる話題は、身近なものから、規模が大きすぎてなかなか認識できない問題まで、現代人の生活全体を覆い、かつ支えている。例えば近年では日本の多くの家庭が、水道水ではなくミネラル・ウォーターを飲料水として常用しはじめていると思われるが、そもそも15年ほど前までなら、まだ「何で水にお金を払わなければならないんだ」という認識が強かったろう。今や世界的に水ビジネスは急成長しており、もはや後戻りができない地点に現代人は立っているということを、本書は様々な国際情勢の分析を通じて教えている。水資源確保に打撃を与える環境問題や政治的経済的な利害をめぐる諸問題を論じ合うために、先月(2003年3月)に京都で行われた「世界水フォーラム」は、実に重大な意義を持つ国際会議だった。しかしその重大性は、米英とその同盟国(間違いなく日本もその「一味」である)によるイラクへの武力行使の開始によって、すっかりマス・メディアの報道では後景に退いてしまった。182の国や地域から24,000名もの参加登録者がいたことや、新たな声明文が発表されたことは「大きなニュース」としては扱われなかった。ともすると今回のフォーラムがすでに「三回目」であることすら、知らない人がいるかもしれない。詳しくはフォーラムのウェブサイトで見ていただくとして、関心がある人もない人も、シヴァが本書で警告した「水戦争」とは無関係ではいられないということだけは知っておく必要がある。

後篇へ続く

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

進行中の水戦争の実態を暴き、水の独占から水の民主主義への転換を提唱(後篇)

2003/04/01 12:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前篇より続く

 あらゆる社会で水文化の対立が起きている、とシヴァは指摘する。水を大自然の賜物として共有するか、商品化して私有化するか。「水をめぐるパラダイム戦争は東西南北のあらゆる社会で起こって」おり、「その意味において、水戦争はグローバルな戦争」である、と。この水戦争はすでに始まっているものの、多くの場合、民族紛争や宗教戦争に「すりかえられて」しまっているという。シヴァは母国であるインドにおける水資源の濫用と環境破壊による資源の枯渇、「認可」された企業による乱開発の問題に触れ、その惨澹たる悪循環を淡々と報告することから始める。伐採やモノカルチャー(単一栽培)による森林の破壊と、鉱物資源の果てしない採掘による大地の破壊は、自然の元来有する保水システムを解体し、ダムや井戸の間違った建設による水支配は人々を利害で対立させるばかりかかえって水を枯らし、化石燃料の大量消費は、異常気象を巻き起こす。軍は乱開発企業を保護して、地元の原住民を文字通り「排除」したり殺害したり、反対運動を鎮圧したりする。利益のために環境と地域伝統を破壊し続ける企業はたいてい、国際的な経済機関、たとえばWTOやIMF、世界銀行などから「お墨付き」をもらっており、全世界で大手を振って生態系を荒らしていく。ガンジーの次の印象的な言葉が本書に引用されている、「地球は皆の必要には充分だが一握りの欲張りには不充分である」という。シヴァはさらにこう述べる、「欲望に特権が与えられ、保護され、欲望の経済が私たちの生き方と死に方を左右するのであれば、私たちの種が生き残ることはできない」と。この本は怒りの書であるとともに、水資源を枯らさないための持続可能な社会の根本理念を提示した思想書である。水をめぐる争いは、経済問題であり、環境問題であり、国際政治問題であり、地域問題であり、民族問題であり、食糧問題であると同時に、すぐれて人間の思想的問題の根幹をなしているのだ、と言えよう。

連載書評コラム「小林浩の人文レジ前」2003年4月1日分より。

(小林浩/人文書コーディネーター・「本」のメルマガ編集同人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/29 06:08

投稿元:ブクログ

ごく身近にあった「水」そのものがオイルに代わる資源戦争の火種になる。各国の内情を踏まえた上で未来の世界勢力地図はどう変遷していくのか。

2011/06/16 14:43

投稿元:ブクログ

専門用語もとても少ないので入門者にもわかりやすくてよい

ただインドの地名等が多く使われていて少しイメージがわきづらい感はある

インド人独特の語り口なので、
そういう語り方に違和感を覚えないのであればおすすめ