サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英文快読術(岩波現代文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-602069-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

英文快読術 (岩波現代文庫 文芸)

著者 行方 昭夫 (著)

英文快読術 (岩波現代文庫 文芸)

994(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

英文を読む醍醐味が味わえる

2016/05/04 17:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暴れ熊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

やや骨のある英文を題材に、正しく解釈する方法が説かれている。原仙作の英標とか伊藤和夫の英文解釈教室とかで英文解釈をやった受験生のころを懐かしく思い出した。英文を正しく読む醍醐味を味わうことができる本。巻末には大学教養課程程度の長文が載せられている。この本を読破した後には、もっともっと英文を読みたい気持ちになっている事と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ちゃんと読む」ことから逃げない

2007/02/12 02:51

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tsumei - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大学の英語の授業というと、まあたいていは退屈なもので、「あんなだから日本人は英語ができないんだ」という言い訳に使われているのが関の山です。しかし考えてみれば、まともに読めなければ聞き取れない、聞き取れなければしゃべれないわけで、逃げてないでちゃんと読む力をつけましょうという主旨の本です。
 第1章は日本人と英語について、あるいは現在の英語教育についての筆者の考え方。簡単に言うと、日本人は会話力が弱いとかいうけど、読むほうだってアバウトでろくに読めてないじゃないか、というような話です。第2章は、じゃあ読む力をつけるにはどうすればいいかということで、筆者は比較的やさしいものを多読することを薦めてます。
 本書のキモというべきは次の第3章、第4章で、英文を読む際のヒントが、具体的な例とともに豊富に解説されています。言っていることは、自動詞と他動詞をちゃんと区別しろとかとか、文脈から判断しろとか、いわば当たり前のことなのですが、特に「文法なんていい加減でいい、とにかく慣れろ」などという言葉の甘い誘惑に毒されたいい加減な学習者にはそれがなかなかできない。本書では、実際に出版されている本の誤訳を指摘しつつ、正確に読むということがいかに大事かを説きます。このあたりは、その人のレベルにもよりますが、英語をまじめに読みたい人にはかなり有益なのではないかと思います。
 全体の5分の2を占める第5章は、長文を4つ解説付きで。コンラート・ローレンツとかル=グインとか、選ばれている文章は確かに面白いんですが、肝心の注は、大学の英語のリーダーのような、イディオムの訳を中心としたもので、第3、4章のように、もう少し踏み込んだ解説を付けてくれればさらに良かったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/10 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/15 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/15 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/07 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します一覧を見る