サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. かもがわ出版
  6. たんぽぽ 過労自殺を労災認定させた家族と支えた人々

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

たんぽぽ 過労自殺を労災認定させた家族と支えた人々
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: かもがわ出版
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87699-740-3
  • 国内送料無料

紙の本

たんぽぽ 過労自殺を労災認定させた家族と支えた人々

著者 飯島 千恵子 (著),故飯島盛さんの労災認定を支援する会 (編)

10年余にわたる闘いで、夫の過労自殺を労災と認定させた、長野県における労災申請、裁判闘争の記録。母子3人の家族がたどった軌跡と、それを支えた人々の織りなす感動のドラマ。【...

もっと見る

たんぽぽ 過労自殺を労災認定させた家族と支えた人々

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

10年余にわたる闘いで、夫の過労自殺を労災と認定させた、長野県における労災申請、裁判闘争の記録。母子3人の家族がたどった軌跡と、それを支えた人々の織りなす感動のドラマ。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子ども達の手記が心を打つ。もう誰も働きすぎで死ぬことのない社会が来ることを願いつつ

2003/04/15 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pipi姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 過酷な勤務によって鬱病を発症したわたしの友人が、二か月近く前に自殺した。その彼に、本書の冒頭に掲載されている小学1年生の日記を読んでほしかった。そして思いとどまってほしかった。悔しさに歯ぎしりする思いだ。

 おとうさんは、わたしと、おかあさんとおにいちゃんをおいて、しんでしまった。じゅん子が一歳のときに、てんごくにいってしまった。……(中略)……
じゅん子は、おかいものにいくとき、おとうさんとちいさい女の子がいっしょにてをつないでいるのをみたの。そうするとこころの中でこうおもうの。
「なんでおとうさんしんでしまったの」っておもうの。
 かみさま、どうかおとうさんをかえして下さい。おねがいします。もしおとうさんがかえってきたら、だっこやおんぶや、かた車などをしてもらいたいです。

 まだ「過労自殺」という言葉もなかった1985年に、飯島盛さんは働きすぎの心労から、命を絶った。遺された妻は、夫の死後5年近くが経とうとするとき、偶然「過労死110番」の存在を知った。それは、長野県の労働組合が設置した相談窓口だった。本書は、過労死110番にすがるように訴えた妻が、その後、弁護士や労組の支援を得て10年に及ぶ苦しい闘いをやりぬき、ついに夫の死を労災として裁判で認めさせた、その記録である。

労働基準監督署に労災申請を出したときから、家族の闘いは始まる。マスコミの取材が殺到して、会社は手のひらを返したような冷たい態度を見せ、遺児達は記者の取材攻勢におびえる。遺族であり原告である飯島千恵子さんが、その苦しさに負けずに、またときに支援者たちとの楽しい思い出を織り上げながら過ごした10年の日々が綴られている。感動するのは、子どもたちの成長ぶりだ。父を亡くし、マスコミに怯えた彼らが、いつのまにか成長し、裁判を自分達なりに受け止め、一生懸命生きていく。

 本作は、裁判資料があまり掲載されていない、また亡くなった飯島盛さんの生没年がきちんと書かれていないので享年がわからない、などの不満点はあるが、子ども達の日記や作文をふんだんに盛り込み、感動的な手記となっている。

死んでしまってからいくら労災が認められても、会社に謝ってもらっても、亡くなった人は帰ってこない。遺族の無念を思うとき、著者たちの闘いが、過労死・過労自殺をなくす大きな歯止めになれば、と心から願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む