サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

氷点 上(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 172件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.6
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-143703-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

氷点 上 (角川文庫)

著者 三浦 綾子 (著)

氷点 上 (角川文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー172件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

人間の罪深さを考える

2001/07/13 15:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くもざる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時代は昭和。病院の院長と美しいその妻。夫の留守中に、妻に言い寄る男がいて…。別に今の時代で考えると、それ程たいしたことはしていない。ただ、抱き寄せられてうなじにキスマークをつけられただけ。しかし、その言い寄られている間に、外に遊びに行っていた幼い娘が殺されたことから、事態は思わぬほうへどんどん転がり落ちていく。

 夫は妻のうなじにキスマークを発見して、娘が殺されていた時にこいつは何をしていたのか、と憤る。でも、問いたださない。ただ一言、聞いてみれば良いのに、それをしない。そのかわり、ある復讐を思いつくのだ。

 人間とは何か、許すということは何か。人間の心に潜む闇に光をあて、どんどん掘り下げていく。考え込まされる作品だ(それにしても、三浦綾子の本を読むと、「良い人になろう。人に優しくなろう」と固く心に誓ってしまう。ブルース・リーの映画を観た後にカンフーの真似をしてしまうように)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 01:57

投稿元:ブクログ

誰の心にもひそむ、小さな黒い部分を見事に描きとった作品。
はっきり言って、共感しない人はいないはず。

2004/10/04 09:19

投稿元:ブクログ

医師辻口の妻が不倫中に行方が分からなくなった愛娘の死。
辻口は「汝の敵を愛せよ」という教えの挑戦とで娘を殺した殺人犯の娘を養女にした。明るく素直な少女に育っていく陽子…。その事実を知った妻の行動が辛い。

2004/10/12 18:16

投稿元:ブクログ

中学生のころに、氷点上下巻、続氷点上下巻一気に読んだ。ドラマで世間を風靡したらしいが、ドラマは見たことなくて文字で読んだら面白いのなんの。
それ以来三浦さんのファン。

2013/07/21 14:03

投稿元:ブクログ

ストーリーを簡単にまとめておくと、だいたいこうなります。
病院の院長である啓三が出張中、その妻である夏枝は病院の眼科医である村井とこっそり密会します。

ところが、娘であるるり子がそんな中殺されてしまいます。


啓三が村井と夏枝の不義を疑う中、夏枝は愛娘を失ったショックから立ち直れず、新しく娘が欲しいと言い出します。

啓三はまたしても村井と密会する夏枝への復讐のためから、るり子を殺した犯人の娘を乳児院で医者を務める高木から引き取ることに。

その子は陽子と名づけられ、明るく元気に育ちます。



夏枝の心もだんだん癒えて陽子を本当の娘のように育てるのですが、ある日啓三の日記から、事実を知らされることになり、物語は一変。


そしてストーリーは、恋バナに展開するんですが、そこでもまた夏枝さんは邪魔するんですねーーヾ(- -;)
仮にも娘として育ててる子の恋なのに。
挙句の果てには、言ってはならないことを相手の前で言ってしまうという性格。
どうしようもないですな。。。


陽子は当然ショックのあまり、、、、、というのがこの氷点前編のストーリーです。

2005/05/07 12:41

投稿元:ブクログ

三浦綾子著ベストセラー。原罪を主軸テーマとした物語。といっても、舞台設定がわかりやすくて、すぐに引き込まれます。読んでみてください。

2005/11/15 21:28

投稿元:ブクログ

人物の名前をフルで覚える程夢中になる一冊。冒頭から「奥さん」「いけません」×3で、禁断の臭いがあちこちから漂ってくる割にテーマは人間の原罪。背筋が伸びます。正直ラストまで読んでも、テーマの最終的な結論は出ず、肩すかしを食らったように思ったものの、人々の間に張り巡らされる思惑に引き寄せられてあっというまに読了、続氷点があるということで今一番読みたい。映像化に向いていると思ったら、夏枝を浅野ゆう子がやってました。夏枝は女性が持ち得るあらゆる面を備えていると思った。美貌も母性も優しさも、単純さも勝手さも小悪魔さも嫉妬深さも、「女らしい」のオンパレードのキャラクターだ。怖いから身近にいないでほしい。

2005/10/20 22:45

投稿元:ブクログ

途中あたりから先が気になって一気に読んでしまう。悪の主役がどんどん変わっていく。誰がわるいのかわからない。

2005/09/09 03:54

投稿元:ブクログ

入院中に差し入れてもらって以来何十回読み返したことか。私は本当の気持ちをいつも伝えて生きて行きたいと思った。ドーでもいいことに疑惑を持ちすぎだよ。「浮気したな〜キィ!」その一言がいえないことがこんな悲劇につながるなんてね。純粋で善良な人ほど大罪(大きな石)を犯しやすいのかも知れん・・・私は大丈夫そうだ(小石だが数は多い)。作者が女性の割りに、女性の登場人物が人形的(道具)に書かれているなと後から思いました。(石の意味は読むと分かります)。

2006/04/15 19:22

投稿元:ブクログ

読んでいると、自分の醜いところを見透かされてる感じになりました。
私の性格は、啓造時々夏枝かも・・・(笑)

2005/10/03 16:53

投稿元:ブクログ

はじめは、漫画とかドラマっぽい展開が目につくけど、実はかなり奥深い話。色々考える。次の続もまあまあよい。

2005/10/05 11:13

投稿元:ブクログ

やっぱりおもしろい。名作は何度読んでも引き込まれる。
ドラマや映画と映像化されているが、ぜひ原作でその醍醐味を味わってもらいたい!
人間ドラマに読み始めたら止まりません!

2005/10/26 07:42

投稿元:ブクログ

辻口病院長夫人夏枝が、青年医師村井の思慕の言葉に耳を傾けている間に、三歳になったばかりの娘ルリ子は殺害された。夏枝への屈折した憎しみと、「汝の敵を愛せよ」というおしえの挑戦とで、辻口は殺人犯の娘を養女に迎える。事情を知らない夏枝と長男徹は養女陽子に暖かく接し、陽子も明るく素直な少女に育っていく。だが辻口自身は無心に陽子に接することが出来ない。やがて夏枝は、陽子が殺人犯の娘である経緯を知り、辻口と陽子への激しい憎悪をこめて、陽子の白いのどに手をかけた……。人間にとって原罪とは何か、を追求した問題作。

2005/11/06 16:04

投稿元:ブクログ

自分の娘を殺めた犯人の娘を引き取って、果たして育てることができるのか。汝の敵を愛せ、を実行することができるのか・・・どうよ。

2008/01/19 19:32

投稿元:ブクログ

こんなに人間の心理をズバッと描写できるのってすごいと思う。
登場人物の心の葛藤が、切ないほどに伝わってくる。

個人的には、特に共感できたのは、「嫉妬心」でしょうか。

啓造の、夏枝に対する嫉妬の気持ちは、なんか分かるな〜。
ほぼ全部の行為について、「わかるわ〜」って思ったもん。

これが女性だと、夏枝あたりに共感しちゃうものなのでしょうか。
自分だけを見ていてほしいっていうか、他人がちやほやされるのが悔しいっていうか。

一度、モテる方に嫉妬心について聞いてみたいです。


でもまあ、夏枝のあの陰湿な嫌がらせは、やりすぎのような気がしたけど。
やっぱり、心は清らかでいたいものですね。


「氷点」は、2006年にもTVで放映したらしい。

陽子役は石原さとみ。
ナイス配役!

今度見てみよう〜っと。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る