サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はじめての和楽器(岩波ジュニア新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ジュニア新書
  • サイズ:18cm/179p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-00-500429-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

はじめての和楽器 (岩波ジュニア新書)

著者 石川 憲弘 (編著)

はじめての和楽器 (岩波ジュニア新書)

1,015(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

石川憲弘 著 23-58
尺八 石川利光 著 59-82
三味線 工藤哲子 著 83-112

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

和楽器って、やってみたいですよね。付録のCDもお値打ちです。

2003/07/05 22:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toricchi - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の息子が「学校で和楽器をやる」といいまして、ネットでお店を探したりしました。近所の息子の同級生は、「町内会のお祭りで、横笛を吹く」ということで、学校の授業対策はバッチリでした。わたしが小中学生のころは、本書の著者が指摘するとおり、「教育は洋楽のみ」で、和楽器に関しては全く触れられませんでした。著者は大学生から和楽器にのめりこみ、ついにはプロになって全国の小中学校などを巡って演奏会をやっています。そして本書で「和楽器は、ピアノとかと違って、大学生から始めてもプロになれますよ」とチャンスの大きさをアピールしてきます。確かに、ピアノとかバイオリンのプロなんて、幼稚園以前から始めないと無理ですよね。和楽器は「省みられたいなかった」だけに、逆に敷居が低くなっているようです。最近は有名なプレーヤーも出て、かなり注目度がアップしていますが、まだ「趣味は尺八です」というのは、あまり一般的ではないですし、中学校の「和楽器クラブ」はもっぱら女子の琴ばかりだそうです。さて、本書の構成ですが、楽器別に書き手が異なるために、それぞれの楽器についての記述内容がさまざま(細かく奏法を述べる人もいれば、構造について多く語る人、楽器の種類とその特徴について語る人、などなど)で、また、それも面白いです。和楽器の楽譜の例も豊富で、口伝の説明もあります。付録のCDでは、和楽器による洋楽演奏の例(モーツアルトのメヌエットなど)を聞くことができ、本書とCDでこのお値段はお値打ちだと思います。楽器ができると楽しいですよね。和楽器と洋楽器の合奏は、ほんとに面白そうです。「横笛」とか「篳篥」とかについても盛り込んだ「続編」を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

音楽読みもの ランキング

音楽読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む