サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: ワニブックス
  • サイズ:19cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8470-1464-2

紙の本

焼酎ぐるぐる

著者 大田垣 晴子 (著)

九州の焼酎蔵元二十八蔵と名湯を訪ねるおんな旅。飲んで飲まれて焼酎蔵元ぐるぐる巡り。温泉とアルコールで頭も身体もぐーるぐる。大田垣晴子の酒飲みイラストエッセイ集。【「TRC...

もっと見る

焼酎ぐるぐる

税込 1,047 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

九州の焼酎蔵元二十八蔵と名湯を訪ねるおんな旅。飲んで飲まれて焼酎蔵元ぐるぐる巡り。温泉とアルコールで頭も身体もぐーるぐる。大田垣晴子の酒飲みイラストエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大田垣 晴子

略歴
〈大田垣晴子〉1969年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学ファッションデザイン専攻卒業。新聞、雑誌、広告等で活躍中の画文家。著書に「オトコとオンナの深い穴」「東京リラックス」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

焼酎好きも未経験者も

2005/03/26 19:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 焼酎ブームが始まった頃に発売されすぐに購入、一気に読んで周りのみんなに勧めた本です。自分自身が焼酎を少し飲めるようになった時期だったことも相まって、すんなり読むことができました。
 各県ごとに九州の蔵元を訪れ、焼酎を紹介しているのですが、「九州っていくつ県あるんだっけ?」という九州音痴の方でも、わかりやすいイラスト入りなので安心。蔵の杜氏やそのご家族、地元の方々など人とのふれあいもあって、「焼酎っていいなぁ」と感じることうけあいです。
 さまざまな焼酎がイラストと共に紹介されて、飲みたい焼酎候補がいくつも出てきます。そして読んでいくにつれて、とにかく現地の料理を「アテ」に飲みたくなる! また、大田垣さんのキャラクターがにじみ出て、全頁がまったりとしているのもいい所。ストレスレスな本です。
 この本を読んでから興味がわき、味わって好きになった焼酎があります。お気に入り焼酎のひとつなのですが、今では空前の焼酎ブーム。リカーショップ・居酒屋や焼酎バー…いずれも品薄状態です。「今夜も『売り切れ』って言われちゃった」そんなとき、再びこの本を開くことにしています。
 余談ですが、著者は私と同じペーパードライバー。なのにこの取材では車での移動を余儀なくされます。そんなところにも共感できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

焼酎を身近に感じられる一冊

2004/07/05 13:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:新井宏征 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは本というよりは絵本。大田垣晴子のイラストはきっとどっかで見たことがあるのではないでしょうか? ダ・ヴィンチなどの雑誌でもよく彼女の絵をみることがあります。そんな大田垣さんが、九州の焼酎蔵元二十八蔵を実際に巡った体験を元にしたイラストエッセイ集がこれ。

最近は「焼酎ブーム」とかで、その手の本は多いけど、決して小難しい薀蓄を語るような本ではありません。実際に九州の蔵を巡り、その地方で焼酎を飲み、美味しいものを食べ、温泉につかり、観光をした、その経験をありのままに綴っています。これを読むととにかく飲みたくなる。それも実際に九州に赴いて、その焼酎が造られている場所を満喫しながら楽しみたくなりますね。それに、この本を読んでいると、それぞれの蔵で焼酎造りに励む人のこだわりや信念を垣間見られて面白いです。

焼酎が好きな人はもちろん、焼酎は飲んだことがない人や、なんとなく焼酎に抵抗がある人でも楽しみながら読めて、読み終えると(読んでいる最中も!)必ず焼酎が飲みたくなってしまう、そんな本です。疲れた毎日の合間に、ゆるりとした気分を味わいたい人にもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/17 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/06 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/16 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 07:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/02 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/10 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。