サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 講談社
  6. 村上春樹全作品 1990〜2000 2−5 ねじまき鳥クロニクル 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

村上春樹全作品 1990〜2000 2−5 ねじまき鳥クロニクル 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:21cm/434p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-187945-4
  • 国内送料無料

紙の本

村上春樹全作品 1990〜2000 2−5 ねじまき鳥クロニクル 2

著者 村上 春樹 (著)

村上春樹全作品の第2期。第5巻は読売文学賞受賞作品「ねじまき鳥クロニクル」の第3部「鳥刺し男編」を収録。著者による書下ろし解題入り。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

村上春樹全作品 1990〜2000 2−5 ねじまき鳥クロニクル 2

3,240(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

村上春樹全作品 第2期 7巻セット

  • 税込価格:23,004213pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

村上 春樹

略歴
〈村上春樹〉1949年京都府生まれ。早稲田大学卒業。小説家。著書に「ねじまき鳥クロニクル」「アンダーグラウンド」「うずまき猫のみつけかた」「レキシントンの幽霊」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こんかいは、あとがきを読んでいて、あれ? と思ったことがあったので、あえて書評を分けてみました。なんだか、アリバイを崩したような気がしてるんですが、私の勘違いかな・・・

2010/11/18 20:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫で以前読んで、今回は全集版での再読となります。和田誠の装幀の素晴らしさは、すでに触れているので、書誌的なことを最初に書いておけば、『ねじまき鳥クロニクル 第3部 鳥刺し男編』は1995年に、単行本が新潮社から出ています。私が今、読んでいる全集は2003年にでたものですが、2010年一月第二刷でと書いてあります。

文庫と違うのは、村上自身の解題が付いていることで、あ、と思ったのは『ねじまき鳥クロニクル』の最初の草稿ができて、その中からいくつかの余分だと思われる章を抜き取り、それを使って全くべつの、独立した中編小説を書くことになって、それが『国境の南、太陽の西』だということで、この作品の主人公であるハジメくんは、もともとは『ねじまき鳥クロニクル』の主人公である岡田亨と同一人物だった、ということ。

それとこの話が村上の中では最初は第一部と二部で終わっていて、第一部を連載、第二部を書き下ろしの形式で発表したあとで、第三部を書くことにしたということす。それって『1Q84』と同じじゃない? って思いますし、他の作家で言えばル=グウィン『ゲド戦記』でもあり、上橋菜穂子『精霊の守り人』であり『獣の奏者』でもあるな、って。で、村上の解説には時系列的な矛盾があるので、その部分を引用しておくと

1)『ねじまき鳥クロニクル』は第1部・第2部という構成で、単行本として1994年の春に刊行された。
2)しかし第1部・第2部を刊行したあとほどなく、僕の中にひとつの疑問が生まれ、それが大きく膨らんでいった。僕は自分の書きたいものを
『ねじまき鳥クロニクル』という小説の中で本当にすべて書ききったのだろうか?
3)いろいろ考えてみると、僕が『ねじまき鳥クロニクル』第3部を書き始めたのは、多分93年の末ごろだったのではないかと思われる。

ま、くだくだしく書きたくはないんですけど、1)と2)が正しいとすれば、第3部の書き始めは絶対に1994年の春以降でなければおかしいですよね。無論、2)の「第1部・第2部を刊行したあとほどなく」が間違いで「第1部・第2部の最終稿を渡したあとほどなく」であればギリギリセーフかなとは思いますけど「刊行」とはっきり書いてあると気になります。

内容は、綿谷昇と岡田との対決篇といったらいいでしょう。詳しくは書きません。出版社のHPには
            *
『ねじまき鳥クロニクル』第三部完結篇。
壮大なる物語は、この「鳥刺し男編」で、完結する。
この作品は、それまでの村上作品とは決定的に異質なもので、自律性をもっている。
読売文学賞受賞作。

 考えてみれば、僕は『ねじまき鳥クロニクル』という長大な小説(それは優に普通の本3冊分のボリュームを持っている)を書きあげるために、アメリカに4年半住んだようなものだった。もちろんそのあいだに、姉妹作ともいうべき「国境の南、太陽の西」を完成させたし、何冊かの翻訳書と、二冊の滞在記的なエッセイを刊行した。しかし基本的なことを言えば、僕はアメリカにいるあいだ断続的にではあるけれど、ずっと一貫して『ねじまき鳥クロニクル』を執筆していたし、頭の中には常にその小説のことがあった。(「解題」より抜粋)
            *
とあります。本来であれば、私が好きなテーマが浮き上がってくるのですが、どうも綿谷昇の暴力的な性向が好きではなく、むしろ赤坂ナツメグ、シナモンとの話が面白かったなあ、と書いておきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書評に尽きる

2016/02/19 07:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

本全種には村上春樹の書評が書かれています。
作家本人が書評を書くこと自体珍しいですし、村上春樹が自身の小説について語ることは特に珍しいと思います。
単行本や文庫本で読まれたかたも今一度全集も読まれることをお薦めします。
書評を読むためだけに購入する価値があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/22 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/07 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/29 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/10 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/28 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/26 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/23 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/04 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/21 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/21 05:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る