サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

検証日露首脳交渉 冷戦後の模索
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-024219-9
  • 国内送料無料

紙の本

検証日露首脳交渉 冷戦後の模索

著者 佐藤 和雄 (著),駒木 明義 (著)

領土返還と平和条約締結に向けた両国首脳の熱気は、再び凍り付いてしまった。対露二元外交はあったのか? 鈴木宗男・田中真紀子の役割は? いま明かされる、交渉の全容。【「TRC...

もっと見る

検証日露首脳交渉 冷戦後の模索

2,916(税込)

ポイント :27pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

領土返還と平和条約締結に向けた両国首脳の熱気は、再び凍り付いてしまった。対露二元外交はあったのか? 鈴木宗男・田中真紀子の役割は? いま明かされる、交渉の全容。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 和雄

略歴
〈佐藤〉1957年生まれ。早稲田大学政経学部卒業。現在、朝日新聞大阪本社社会部次長。
〈駒木〉1966年生まれ。東京大学教養学部卒業。朝日新聞政治部記者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日露交渉の緻密な検証報告

2005/04/06 00:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sheep - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を刊行直後に読んだことをすっかり失念していたが、本の山の中からひょっこりあらわれた。

帯の惹句が内容の全てを簡潔に物語っている。
-----
「北東アジアでも始まったパワーゲーム。日露首脳は総力を上げて交渉を重ねた。
あの熱気は、なぜ再び凍りついたのか?
対露二元外交はあったのか?
鈴木宗男・田中真紀子の役割は?
現場の中枢での取材から明かされる、交渉の全容」
-----

前回は漫然と読み終わったが、「国家の罠」 一読後に読むと、交渉の実態が理解しやすくなったような気がする。
ある時期の間、日露間では「外交」と称するに値する努力が行われていたのだ。平和条約締結には至っていないにせよ。

1991年4月の日本における海部・ゴルバチョフ会談から、2003年1月のロシアにおける小泉・プーチン会談にいたる首脳交渉の全容を、二人の新聞記者が描く、書名の「検証」通りの素晴らしい力作。

対露首脳外交当事者による話題の書「国家の罠」と好一対。両書を併読することで、田中更迭、鈴木・佐藤逮捕以後、混迷と停滞を余儀なくされた対露交渉の全体像が見えてこよう。

本書の検証の的確さで連想するのは、知りたくもない北朝鮮TVのアジ・ニュース、韓国、中国の反日活動のテレビ・新聞報道、あるいはホリエモン騒動。おかげで肝心なNHK・朝日新聞の政治介入論争は消えてなくなってしまった。どうでもよいテーマの垂れ流しではなく、イラク戦派兵、米軍再編、牛肉輸入、更には憲法改悪、郵政民営化等たくらみの背後に隠された「日米交渉」を、本書のような周到さでじっくりと追う検証・スクープが必要だろう。

周辺国との交渉も大切だが、命運を握る宗主国との交渉実態解明は何より最優先事だ。
「周辺国との溝を広げ、離反を進め、戦争放棄条項を捨て、安保理に入って、人も金も挙げて参戦を強化し、宗主国に奉仕する」ことが実は新たな外交大綱だと思いつく。
属国には外交のフリーハンドなどありえない。唯一許されるのは地域紛争激化策。
そんな発想は妄想であってほしいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/14 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む