サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 翔泳社
  4. Webサービス実践プログラミング 実用段階に入ったアプリケーション連携テクノロジー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Webサービス実践プログラミング 実用段階に入ったアプリケーション連携テクノロジー
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 翔泳社
  • サイズ:23cm/435p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7981-0269-5
  • 国内送料無料

紙の本

Webサービス実践プログラミング 実用段階に入ったアプリケーション連携テクノロジー

著者 小野沢 博文 (著)

Webサービスを構成するさまざまな技術を学習するための技術解説書。SOAP、WSDL、UDDI、セキュリティ等最新標準技術を著者のプロとしての豊富な経験を基に徹底解説。【...

もっと見る

Webサービス実践プログラミング 実用段階に入ったアプリケーション連携テクノロジー

3,672(税込)

ポイント :34pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Webサービスを構成するさまざまな技術を学習するための技術解説書。SOAP、WSDL、UDDI、セキュリティ等最新標準技術を著者のプロとしての豊富な経験を基に徹底解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小野沢 博文

略歴
〈小野沢博文〉日本アイオナテクノロジーズにて主席コンサルタントを務める。著書に「分散オブジェクト指向技術CORBA」、共著書に「イントラネットのためのオブジェクト指向データベース技術」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社コメント

2003/04/08 15:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:翔泳社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実用段階に入ったアプリケーション連携テクノロジー!

Webサービスという言葉が世に出てから2年ほど経ちますが、ようやくその真価が発揮できる環境が整いつつあります。
本書では、一時代前の書籍のように、Webサービスの概要を中心に説明するのではなく、『より現実的な事例にフォーカスした構成』を採用しています。まずは、SOAP 、WSDL 、UDDI というWeb サービスの基本となる要素技術をわかりやすく解説した上で、豊富なコード例を基に数々の実践的な処方箋を提供します。また、セキュリティやプロトコルの標準化動向、および全般的な技術動向についても、著者の豊富な経験から提言しています。これから実際にWeb サービスを構築しなければならないエンジニアにとって、避けて通れない内容が詰まっている必読の書となっています。

■目次
第1章 Webサービス入門
1-1 Webサービスとは何か
1-2 Webサービスが期待される理由
1-3 Webサービスのインパクト
1-4 Webサービスの仕組み
1-5 Webサービスの拡張機能
1-6 Webサービスの適用例
1-7 まとめ

第2章 SOAPの基礎
2-1 SOAPの特徴
2-2 SOAPメッセージの構造
2-3 SOAPエンベロープ
2-4 SOAPヘッダ
2-5 SOAPボディ
2-6 SOAP Fault
2-7 エンコーディング・スタイル
2-8 SOAP with Attachments
2-9 まとめ

第3章 WSDLの基礎
3-1 WSDLの特徴
3-2 WSDLの構造
3-3 WSDL定義
3-4 ポートタイプ定義
3-5 メッセージ定義
3-6 型定義
3-7 バインディング定義
3-8 サービス定義
3-9 名前空間のインポート
3-10 まとめ

第4章 UDDIの基礎
4-1 サービスの発見
4-2 UDDIの概要
4-3 UDDIレジストリのデータ構造
4-4 UDDI API
4-5 セキュリティ・ポリシーAPI
4-6 発行API
4-7 照会API
4-8 UDDIによるUDDIレジストリの操作
4-9 まとめ

第5章 JavaによるWebサービスの開発
5-1 JCPによるWebサービスAPIの標準化
5-2 JAXMとSAAJ
5-3 JAX-RP
5-4 XMLBusによるWebサービスの開発
5-5 まとめ

第6章 .NETによるWebサービスの開発
6-1 .NETにおけるWebサービス
6-2 VS.NETを使用したWebサービスの作成
6-3 手作業によるWebサービスの作成
6-4 まとめ

第7章 Webサービスの相互運用性−Javaと.NETの接続
7-1 Webサービスの相互運用性
7-2 標準仕様の問題点
7-3 相互運用性に対する取り組み
7-4 WebサービスによるJava.NETの相互接続
7-5 まとめ

第8章 Webサービスのセキュリティ
8-1 Webサービスにおけるセキュリティ
8-2 PKI
8-3 XML暗号
8-4 XML署名
8-5 XML正規化
8-6 WS-Security
8-7 XKMS
8-8 SAML
8-9 XACML
8-10 まとめ

第9章 Webサービスの標準化と技術動向
9-1 Webサービス関連と標準化団体
9-2 Webサービスとトランザクション処理
9-3 Webサービスとビジネス・プロセス・フロー
9-4 WebサービスとセマンティックWeb
9-5 まとめ

キーワード2-1 XML名前空間
キーワード3-1 デフォルト名前空間
キーワード3-2 XMLスキーマ
キーワード5-1 値渡し
キーワード6-1 .NETの属性
キーワード7-1 DIMEとWS-Attachments
キーワード8-1 Kerberos
キーワード9-1 ebXML(Electronic Business using eXtensible Markup Language)

コラム2-1 SOAPのバージョン
コラム2-2 SOAP 1.2のFault要素
コラム3-1 SOAPAction
コラム4-1 UUID(Universal Unique Identifier)
コラム5-1 JAX-RPCと分散オブジェクト技術
コラム8-1 WS-Securityの実装
コラム8-2 SAMLとセキュリティ・ポリシー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する