サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ピーチガール 15 (講談社コミックスフレンドB)(別冊フレンドKC)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 別冊フレンドKC
  • サイズ:18cm/154p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-341319-9
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ピーチガール 15 (講談社コミックスフレンドB)

著者 上田 美和 (著)

ピーチガール 15 (講談社コミックスフレンドB)

421(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ピーチガール(講談社コミックスフレンドB) 18巻セット

  • 税込価格:7,58270pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

揺るぐ想い。

2003/08/15 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長年の片想いが実って幸せいっぱいのはずのもも。女の短所だけを集めたようなさえにいつもしてやられてしまう。外見で判断される辛さややるせなさ、損得、そういった感情が溢れている。恋愛って、とても難しい。

 岡安の何気ない思いやりや行動の裏に潜む、恋心。遊び人ってそのレッテルだけで軽く見られてしまいがち。なんせ、私自身遊び人に良い印象を持っていない。だから尚更、この漫画では岡安のような人もいるのかもしれないな、と深く思ったのだ。

 さえにハメられて、ももが処女喪失!? の時は心底憤りを感じた。女性としての痛み。いくら漫画でもこれには我慢がなりませんね。さえに復讐を企てる時、そーだ、もっと過激に! などと熱意に満ちた自分を見た。自分も漫画の登場人物の一員として参加するのは楽しいです。せっかく手に取ったのなら、本気で向き合うというのが私の方針です。

 やがてとーじはももを守るために自分の気持ちを押し殺すが、それではかっこ良過ぎないか? と切なさを抱きながら読んでいた。もものためにももを突き放し、もものためにさえと付き合う。ここまで想ってくれているのに、ももは岡安に惹かれていく。かみ合わない、それぞれの想い。精密な機械のように、細々としている。岡安の気持ちも本物と信じていたのに、岡安は実は操に想いを寄せている。このあたりから私の中で徐々に不信感が募り始めた。

 私の目には、とーじだけが一途な恋をしているように映る。ももだけを、見ている。岡安は岡安で、ももの存在の大きさに気付くのが遅過ぎたし、ももはももでとーじと岡安の間で揺らぎ過ぎ。この先どうなっていくのか気になるが、みんな一点を見つめる結果になるのを個人的には願っている。

 高校時代、ものすごいスピードで流行った作品。最初の頃の、さえにいじめられてもめげないももの姿が懐かしい。さえも腐りきっていないのだと分かったし、心に在った鉛のようなものはきれいさっぱり消失した。とーじに熱いエールを送る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/30 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む