サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小学館の通販
  4. Heaven? ご苦楽レストラン 5の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-186875-6
コミック

紙の本

Heaven? ご苦楽レストラン 5 (Big spirits comics special)

著者 佐々木 倫子 (著)

Heaven? ご苦楽レストラン 5 (Big spirits comics special)

税込 996 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

信念を持つキャラでさえ、底なし沼にはまる。

2004/11/18 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maroni_ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「現実は甘くない!」この言葉、耳にタコができる程聞かされてきた人、たぶん多数いるのではないでしょうか。そしてこんな言葉も。「経営者は、冷静で客観的な分析力が必要」…って、本当なの??? 勤勉なる日本人なら、おそらくこのマンガを読んで、底なし沼にはまる事でしょう。Heaven?に出てくるキャラは、本当に頑固。主人公は相変わらず無表情を貫き通しているし、オーナーは自己中心。シェフは相変わらず、マイナス思考に徹している。しかし、そんなマイ・ペースを貫き通すスタッフ達なのに、なぜか売り上げは伸びてゆく。仏料理店「ロワン・ディシー」には、どんな正論も通用しません。そこに一歩足を踏み入れると、確固たる信念の持ち主・飲食店経営コンサルタントでさえ底なし沼にはまってしまうのです。多分、私達が正しいはずなのに。多分…恐らく…いや、本当は?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この世の果て…そこは、天国?

2003/06/20 14:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yaeba - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ロワン・ディシー(この世の果て)」という名のフランス料理店を舞台とし、ワガママだけど憎めない女性オーナーと彼女をとりまく従業員、訪れるさまざまな客をコミカルに描いたマンガ。5巻では、大人以上にマナーを心得た子役の少女、経営コンサルタント、空巣などが来店し、訪れる人全てに普通のレストランではありえない珍事件が起こる。

佐々木さんのマンガといえば、『動物のお医者さん』『おたんこナース』など、どれもキャラクターが面白いのだけど、この『Heaven?』もそう。とにかく、女性オーナーのワガママぶりが強烈。5巻の33話では、訪れた経営コンサルタントからの「人件費がかかりすぎなので、ホールの人間を二人減らしては?」というアドバイスに対して、オーナーはこんな風に言い放った。

「私はね、客のためになんか働いていない……自分のために働いているのよ!! 私がおいしいと思う料理を出す! 私がいいと思う従業員を置く! 私がかわいいと思う小物を使う! レストランは夢と感動の舞台!? それもいいわね。ただし夢を見るのも感動するのも私! だって私の店なんですもの!! 悪い!? 結果として客が喜んでくれればそれもまたよし」(P51〜54)

めちゃくちゃな理論なのに真実をついている…。この自由さに、潔さに、振り回されたり呆れたりしながらも、憎みきれない従業員たち。生真面目すぎる青年伊賀くんがオーナーをフォローし、元銀行員のソムリエ山縣さんがほのぼのとした雰囲気を醸し出し、子供のように無邪気な河合くんや、こだわるけれど気弱なシェフなど、どのキャラクターも肩の力が抜けていて微笑ましい。

佐々木さんがマンガに描くのは決して大きな出来事ではない。出来事自体はささやかなのだけれど、人物の描写が実に丁寧で細やかなのだ(人物描写の細やかさの点では、三谷幸喜作品と似ている)。だからこそ、その小さなコミュニティーに絆や温かさを感じることができる。読んでいて笑えるし、ホッとするし、感動もできる。

「この世の果て」…そこには理想の人間関係があり、ほのぼのとした日常がある。些細なストレスに悩まされる私達にとって、そこは「天国」なのかもしれない…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この世の果て…そこは、天国?

2003/04/27 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yaeba - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ロワン・ディシー(この世の果て)」という名のフランス料理店を舞台とし、ワガママだけど憎めない女性オーナーと彼女をとりまく従業員、訪れるさまざまな客をコミカルに描いたマンガ。5巻では、大人以上にマナーを心得た子役の少女、経営コンサルタント、空巣などが来店し、訪れる人全てに普通のレストランではありえない珍事件が起こる。

佐々木さんのマンガといえば、『動物のお医者さん』『おたんこナース』など、どれもキャラクターが面白いのだけど、この『Heaven?』もそう。とにかく、女性オーナーのワガママぶりが強烈。5巻の33話では、訪れた経営コンサルタントからの「人件費がかかりすぎなので、ホールの人間を二人減らしては?」というアドバイスに対して、オーナーはこんな風に言い放った。

「私はね、客のためになんか働いていない……自分のために働いているのよ!! 私がおいしいと思う料理を出す! 私がいいと思う従業員を置く! 私がかわいいと思う小物を使う! レストランは夢と感動の舞台!? それもいいわね。ただし夢を見るのも感動するのも私! だって私の店なんですもの!! 悪い!? 結果として客が喜んでくれればそれもまたよし」(P51〜54)

めちゃくちゃな理論なのに真実をついている…。この自由さに、潔さに、振り回されたり呆れたりしながらも、憎みきれない従業員たち。生真面目すぎる青年伊賀くんがオーナーをフォローし、元銀行員のソムリエ山縣さんがほのぼのとした雰囲気を醸し出し、子供のように無邪気な河合くんや、こだわるけれど気弱なシェフなど、どのキャラクターも肩の力が抜けていて微笑ましい。

佐々木さんがマンガに描くのは決して大きな出来事ではない。出来事自体はささやかなのだけれど、人物の描写が実に丁寧で細やかなのだ(人物描写の細やかさの点では、三谷幸喜作品と似ている)。だからこそ、その小さなコミュニティーに絆や温かさを感じることができる。読んでいて笑えるし、ホッとするし、感動もできる。

「この世の果て」…そこには理想の人間関係があり、ほのぼのとした日常がある。些細なストレスに悩まされる私達にとって、そこは「天国」なのかもしれない…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと

2018/10/22 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑っちゃう5巻めです。私のお気に入りエピソードは、泥棒が入る話。泥棒が悪人のはずなのに、このレストランに関わると、泥棒の方に同情してくなってしまう感じが面白いのです。その他はソムリエ試験の話などが入っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/31 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/16 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/12 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/01 07:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。