サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 数学の通販
  5. 白揚社の通販
  6. 数学ができる人はこう考える 実践=数学的思考法の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

数学ができる人はこう考える 実践=数学的思考法
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 白揚社
  • サイズ:19cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8269-0113-5
  • 国内送料無料

紙の本

数学ができる人はこう考える 実践=数学的思考法

著者 シャーマン・スタイン (著),富永 星 (訳)

実際に数学的な思考を体験して数学の美しさを味わい、論理的でありながら直観的でもある数学の考え方に親しむことを目的とした入門書。数学オンチもなるほど納得、楽しく解いて数学力...

もっと見る

数学ができる人はこう考える 実践=数学的思考法

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

実際に数学的な思考を体験して数学の美しさを味わい、論理的でありながら直観的でもある数学の考え方に親しむことを目的とした入門書。数学オンチもなるほど納得、楽しく解いて数学力をグレードアップさせよう!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シャーマン・スタイン

略歴
〈スタイン〉カリフォルニア大学デイヴィス校で教鞭をとり、93年に退官後は執筆に専念。著書に「やさしい解析学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

簡単なことから考えていく泥くささこそ数学の真髄

2003/05/19 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木クニエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 国際数学オリンピックの金メダリストに会って、「頭の中はいったいどーなってるの?」と、つくづく思ったことがある。きっとみなさんも同感でしょう。「数学ができる」ということは、ほとんどの人——おそらく全人口の90%を占めるに違いない——にとって、とてもとても不思議なことなのだ。
 しかし! この本は、「小学校5年までは数学が好きだったのに、嫌な目にあってそっぽを向いてしまった人々」をも対象にして、数学の考え方や発見にたどり着くまでの道筋を紹介しようという。たしかに、出てくるトピックは、aとbがどう並ぶかとか、線が交わるか交わらないかとか、極めて単純なケースがほとんど。たとえば大リーグでドジャースが連敗する、つまりスランプに陥るパターンまでもw(win)とl(lose)で“数学的に”、いちから考えてしまうのだ。そして、いろいろなケースが考える対象に加わっていく。数学最大の武器、一般化だ。
 ここで、数学が苦手だったみなさん。「数学は公式を使うもの」と思っていません? それが全然ちがうということがよくわかります。数学ができる人がやっていることは、けっこう泥くさい作業なのだ。無限に続きそうなものだって、最初の2つや3つでどうなるかが大事な手がかり。いきなりオールマイティ公式を天啓のごとく思いつくわけでは決してない。あーでもない、こーでもないと考える。ほら、そうわかると、数学好きな人の頭の中も少し身近に感じられるでしょ。だって微積分だの、三角関数だの、あのやっかいな数式をブンブン振り回すだけが数学じゃないのだから。
 ただ、個人的には異論も申し立てておきたい。床に引かれた平行線に、落とした針は交わるかどうかを考える「ビュフォンの針」という有名な問題がある。ここで筆者は、針の上を端から端まで這っていって何本の線を横切ったか報告してくれる「虫」を登場させるのだ。そりゃ便利な虫だ。が、お願いだからそんな虫を出さないで。こーゆーのは、「やっぱり数学好きは変な奴」というイメージがさらに強固になりかねん。困るのよ、落ちこぼれたとはいえ数学出身の私にとっては。
 あ、それから「どう」考えるかの本であって、「なぜ」そんなふうに考えるかという本ではないので、お間違いなきよう。

(鈴木クニエ/フリーライター http://homepage2.nifty.com/suzuki-kunie/)

【目次】
はじめに
第1章 針を投げたり、麺を投げたり
第2章 2点差がつけば勝ち
第3章 完全な三角形
第4章 スランプと絶好調
第5章 繰り返しのない列
第6章 得票を数える
第7章 無限を数える
第8章 そっくりさん
エピローグ 振り返ってみると
付録A 三角形について
付録B 双子の列をもう一度
謝辞/読書案内/訳者あとがき

【原題】How the Other Half Thinks : Adventures in Mathematical Reasoning

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/05 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

数学 ランキング

数学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む